【厳選!】おすすめのiPad用Bluetoothキーボードと使い方!

この記事は約 13 分で読むことができます。
Sponsored Links

iPadを使っているけど、打つ文字が増えるとタイピングしづらい!パソコンみたいに快適にタイピングしたい!そんなあなたにおすすめなのが外付けのキーボード!自分に合った選び方とおすすめのキーボードを紹介します!

おすすめの iPad Bluetooth キーボード

目次

iPadにキーボードを導入するメリットとデメリット!

gatag-00006212

まずは、iPadに外付けキーボードを導入するメリットとデメリットをざっくりとまとめてみましょう。

メリット

フル画面でタイピングできる

gatag-00001647

iPadのソフトウェアキーボードは確かに便利ですが、iPad Pro12.5inchモデルのような超大画面モデルでもない限り、文字打ちの際にどうしても画面が小さくなってしまいます。

短時間、短文の入力程度なら我慢できる範囲かもしれませんが、長時間の作業や書類のような長文を作成する場合、画面をフルに使えないのはなかなかストレスです。

その点、外付けキーボードを使えば、iPadの画面側にはキーボードが表示されなくなるので、画面を隅々までフルに使うことが可能。特にiPad miniシリーズを使っている方には恩恵が大きいはずです。

たくさん打ち込んでも疲れにくい

gatag-00011702

iPadのソフトウェアキーボードは優秀ですが、キーを押した感覚を得られないのでしっくりこないという方も多いでしょう。

筆者もソフトウェアキーボードを使うと変に力んでしまうようで、外付けキーボードよりも疲れが早く来てしまいます。

デメリット

持ち物が増える

gatag-00005159

単純なことですが、物が増えればその分バッグのスペースを専有することになりますし、充電する機材が増えることにもなります。

ハードウェアの数は最小限に抑えたいという方は、外付けキーボードのメリットがデメリットを上回るのか、真剣に考える必要があるでしょう。

ラップトップPCとの住み分けがしづらい

gatag-00002607

iPad+外付けキーボードという組み合わせは、気軽に持ち運べるという意味ではとても便利です。

でも、ラップトップPCを持っている方の場合、「今日はiPadとPCのどちらを持っていこう……」と迷ってしまうことも、実はよくあるパターン。

iPad Air2の登場以降、iPad側の性能がラップトップPCに近づいたため、どちらを使うべきかの境界線がかなり曖昧になってきているのです。

かといって、PCにできてiPadにできないということもまだまだ多いので、「今日はiPadだけで大丈夫!」と思っていたら、結局のラップトップPCも必要になってしまい帰宅後に残務処理をせざるを得なくなった……」なんてケースも珍しくありません。

この辺は、あと数年くらいはユーザーを悩ませることになるでしょう。

Windowsとはキー配列が違う

iPadのキーボードはmacOSと同じ配列なので、実は微妙にWindows機とは異なります。

Windows用に開発されたBluetoothキーボードも使えることは使えるのですが、一部のボタンが機能しなかったり、違うキーに割り振られていることも。

元々Macを使われていた方なら大丈夫でしょうが、Windowsしか使ったことがないという方は、慣れるまで戸惑ってしまうかもしれません。

iPadにキーボードを導入後のおすすめの使い方!

次に、iPadに外付けキーボードを導入した際のオススメ使用法をご紹介します。

Word、Excel、PowerPointでOffice文書も簡単作成!

gatag-00013990

MicrosoftがiPad向けに公開している「Word」「Excel」「PowerPoint」アプリを使えば、無料で書類や表計算データ、プレゼン資料などを作ることができます。

iPad単体で使おうとすると、文字入力の度にソフトウェアキーボードが画面を専有して使いづらいことこの上ないのですが、外付けキーボードがあればそんな心配も無用。

残念ながらPC版の各アプリと違い一部機能に制限はありますが、それさえクリアできれば、重たいラップトップPCの持ち運びから解放されますよ。

Evernoteでも長文をバッチリ入力できる

ビジネスでもプライベートでも便利なクラウドメモサービス「Evernote」。

このEvernoteで文書を作成するときも、外付けキーボードがあればとても便利です。

WordやExcelなどのOffice系と同様、Evernoteでも写真などを織り交ぜたメモを作成することが多いという方の場合、ソフトウェアキーボードに画面を邪魔されない外付けキーボードはオススメです。

iPadで外からブログやSNSも簡単更新!

gatag-00013171

ブログで長文を書いたり、Twitterで参加中のイベントに関するツイートをどんどん流していきたいといった場合も、外付けキーボードがあると入力効率が上がり楽に行うことができます。

かつて、スター○ックスの席でMacBook Airを広げて仕事をするのが流行りましたが、これからはiPad+外付けキーボードという組み合わせもアリでしょう。

モニター位置を自由にいじって、疲れ知らずで仕事ができる!?

gatag-00011702

ラップトップPCの場合、基本的にキーボードとモニターが切り離せないので、人によっては無理な姿勢になってしまうこともあります。

無理な姿勢は肩こりや目の疲れといった体調不良につながることもあるので、特に仕事中は絶対に避けたいポイント。

その点、iPad+Bluetoothキーボード最大の利点は、モニター(iPad本体)とキーボードの位置を自由に調整することができるので、自分の体格やテーブルの状態に合わせて最適な位置にすることが出来、疲れを軽減することが可能です。

iPad向けのキーボードでは、iPad Pro専用のSmartKeyboardやAir/mini用にサードパーティが製品化しているカバー型の商品もありますが、前述のような理由から、Bluetooth接続で本体と分離できるタイプがオススメです。

純正とサードパーティ性どっちを選ぶ?

純正品かどうかよりも、機能や性能面で選ぶべし!

gatag-00012661

iPad用の外付けキーボードは、Appleの純正品だけでなく、さまざまなメーカーから多くの種類の製品が出回っています。

そうなると気になってくるのが、純正品とサードパーティ製品のどちらを選ぶべきなのか。

結論を言ってしまうと、現在は純正品もサードパーティ製品もキーボードとして最低限の必要な部分の性能は大差がなくなっているので、(わけのわからないメーカーの製品を選んだりしない限り)どちらを選んでも問題ありません。

携帯性や打ちやすさなど、あなたご自身が重視するポイントを比べながら選べば大丈夫です。

iPadキーボードの賢い選び方

純正品もサードパーティ製品、どちらを選んでも問題ないということはわかりました。

では、実際にたくさんの製品の中から、どうやって自分好みのキーボードを探していけば良いのでしょうか。

ここでは、その選び方のポイントをご紹介します。

性能と携帯性、どっちを取る?

gatag-00013028

iPadは携帯機器ですし、ラップトップPCの代わりとしての使用を考えている方もいらっしゃるでしょう。

そこで重要なのは携帯性。

しかし、携帯性を上げると、かわりに性能面がある程度犠牲になってしまいます。

「う〜ん、どっちが良いんだ〜!!」

という方のために、ここでは携帯性重視と性能重視、それぞれのメリットをご紹介しましょう。

iPadのキーボードで携帯性を重視するメリット

荷物をコンパクト化、あるいは軽量化できる

外付けキーボードで携帯性を重視するメリットは、何より荷物をコンパクトに、あるいは軽量にできるということに尽きます。

どんなに高性能なキーボードでも、全長1mあるとか、重量が1kgありますと言われたら、流石に持ち運びたいとは思いませんよね。

荷物の量を減らしたり、軽量化することを重視したいときは、携帯性を重視するほうが良いでしょう。

気軽に持ち運べる

携帯性が高いということは、気軽に持ち運べるということでもあります。

せっかく外付けキーボードを買っても、使わなければただの板。

高性能だけど年に1度しか使わない物より、多少性能面は劣るけど毎日使う物の方が、道具としては優秀ではないでしょうか。

iPadのキーボードで性能を重視するメリット

使うなら快適に使えなくては意味がない

どんなに携帯性に優れていても、使うことがストレスになるのであれば意味はありません。

また、そうした製品は例え毎日携帯していたとしても、結局使うことは少ないでしょう。

長時間の作業なら性能重視の方がストレスが少ない

携帯性では劣る製品だったとしても、長時間文字入力をするのであれば、文字の打ちやすさといった性能面重視の方が結局快適に作業することができます。

気軽に持ち運べることを重視するあまり、打つ度に違和感を感じるようなものでは、生産性を十分に上げることはできません。

【注意】JIS配列(日本語配列)とUS配列(英語配列)では全く違う!

JIS配列とUS配列の違いとは?

gatag-00004287

現在日本で使われているキーボードには、大きく分けてJIS配列とUS配列の2種類があります。

見た目にわかる違いは、キートップに平仮名が書かれているかどうか。

他にも、記号の配列など様々な部分が異なっているので、間違って買ってしまうとえらい目に遭います。

筆者も経験があるのですが、特に記号の配置がJIS配列と大きく異なるので、@やカギ括弧の位置を把握するまではかなり苦しめられました。

無意味なストレスを防ぎたいのであれば、購入時にキー配列を間違えないよう十分注意してください。

どちらを選べばいいの?

では、この2種類の配列のうち、一体どちらを選べば良いのでしょうか?

実は、結論は2つあります。

サードパーティ製ならUS配列が無難

iPadにサードパーティ製のBluetoothキーボードを接続すると、現状では一部の製品を除いて強制的にUS配列として認識されてしまいます。

そのため、JIS配列のキーボードを購入すると、キートップの表記通りに入力できないケースがあるわけです。

最近はサードパーティ製品でもUS配列が増えつつあるので、これを機に挑戦してみるのも良いのではないでしょうか?

Apple純正ならJIS配列

サードパーティ製品だと殆どのJIS配列製品がUS配列になってしまうとお話ししましたが、Apple純正のMagic Keyboardの場合は、JIS配列もそのまま認識することができます。

さらに、JIS配列のMagic Keyboardなら、「かな」ボタンを押せば日本語入力、「英数」ボタンを押せば英数入力に一発で切り替えられるので、文章入力の多い方には特にお薦めです。

※他のキーボードの場合、複数のボタンを組み合わせたショートカットキーを使うか、iPad側の設定をいじってCapsLockキーを使って切り替えできるようにする必要があります。いずれにせよ、直感的とは言い難く面倒です。

かな入力対応のキーボードはあるの?

iPad側が「かな入力」に対応しているので、どのキーボードでも「かな入力」をすること自体は可能です。

ただし、前述の通りサードパーティ製品はUS配列のキーボードとして認識されるものが多いため、一部の仮名が上手く入力できない場合があります。

かな入力派の方は、現状ではiPadを無理に使うのではなく、軽めのラップトップPCを使ったほうがストレスが少ないかもしれません。

自分に合うのはどれ?iPadおすすめキーボード!

では、いよいよ本題(?)のおすすめキーボードをご紹介していきます。

携帯性重視派におすすめのiPadキーボードはこれ!

Microsoft Universal Foldable Keyboard

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B014F4K1VO

メーカー:Microsoft

Microsoft製の折りたたみ型キーボードです。

10分間の充電で約1週間、フル充電なら約3ヶ月間使用することが出来るので、「あ、充電忘れちゃった!」というときにもリカバリーし易いモデルとなっています。

また、防滴機能を備えているので、喫茶店で飲み物を飲みながら仕事をするというシチュエーションが多い方にもオススメ。

マルチOS対応で、iPadだけでなく、MacやWindows、Androidでも使用することができるので、外ではiPad、自宅ではWindowsPCに繋いで使うといった方法も可能ですよ。

リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B009AHDG78

メーカー:リュウド

iPad用キーボードの老舗メーカー「リュウド」のワイヤレスキーボードです。

前述のMicrosoft製品同様、折りたたみ式なので携帯に便利。

なお、こちらは単4形乾電池を電源として使っているので、充電不可の環境でバッテリー切れを起こしても比較的対処し易いのが利点です。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B00U260UR0

メーカー:Anker

「コンパクトなキーボードが欲しいけど、折りたたみはちょっと……」という方には、こちらがおすすめ。

メーカーはGoogleから独立した周辺機器メーカーのAnker。モバイルバッテリーを中心に、最近ではロボット掃除機や全自動加湿器など、さまざまな家電製品を販売しているメーカーです。

電源は単4乾電池。1日2時間程度の使用で、約3ヶ月間使うことができます。

安価な入門用としてもオススメです。

性能重視派におすすめのiPadキーボードはこれ!

Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B01DVSH6MC

メーカー:PFU

ライターやプログラマーなど、長時間キーボードに触れることを生業としている層に人気の製品「Happy Hacking Keyboard」のBluetooth搭載版です。

非常に高価ではあるものの、長時間打ち込みをしても疲れにくい設計となっており、マルチOS対応にもなっているので、「末永く使えるキーボードが欲しい」という方には特におすすめ。

電源は単3乾電池ですが、USBポートを使って給電することもできます。

Logicool ロジクール Bluetooth マルチデバイス キーボード K480

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B00N9M308A

メーカー:Logicool

PCやスマートフォンの周辺機器メーカー「Logicool」のBluetoothキーボードです。

この製品最大の特徴は、キーボード側に最大3台までペアリングする機器を記憶できること。

切り替えもキーボード側の操作だけで対応できるので、「iPadだけでなく、iPhoneや自宅のMacにもペアリングしておきたい!」といったニーズに対応することが可能。

複数の機器を使い分けたいという方にオススメですよ。

バランス重視派におすすめのiPadキーボードはこれ!

Apple Magic Keyboard(JIS配列)

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B016ZF8RDA

メーカー:Apple

泣く子も黙る純正品、AppleのMagic Keyboardです。

価格的に若干高めではありますが、先に触れたとおりJIS配列をそのまま認識してくれる上、「英数」キーと「かな」キーを押すだけで英数入力と日本語入力を切り替えられるので非常に便利。

コンパクトに仕上がっているので、携帯性も決して悪くはありません。

充電はLightningケーブルを使いUSB経由で行えるので、キーボードのためだけに新しく充電ケーブルを用意する必要もなく、旅行などにも相性抜群!

非常にバランスに優れた製品なので、「どれを買ったら良いか迷ってしまった」なんて時にも、こちらの製品がおすすめです。

※MacとiOSに特化した製品なので、WindowsやAndroidでは使えません。(厳密には使えなくはないのですが、表記通りのキー入力が出来ないこともあるので、それを改善しようとすると非常に面倒です。)

伝授!覚えておくと便利なショートカットキー

iPadのソフトウェアキーボードと違い、外付けキーボードでは一部のショートカットキーを利用することができます。

ここでは、特に利用頻度の高いものをご紹介しましょう。

  • command+c:コピー
  • command+v;貼り付け
  • command+x:切り取り
  • command+space:英語・日本語入力の切り替え

commandキーはApple製品用キーボードに搭載されているキーの1つで、WindowsでいうところのControlキーに近い役割があります。(上記のショートカットキーも、commandをControlに読み替えればWindows用のショートカットキーになります。)

ちなみに、iPadでWindows用に作られたキーボードを使う場合、commandキーはWindowsキーに割り当てられていることが多いようです。

WindowsのControl+○○というショートカットキーに慣れた方は、操作を間違えないように気をつけてくださいね。

サードパーティ製Bluetoothキーボードにショートカットキーの割当は可能?

これらのショートカットキーは、サードパーティ製のBluetoothキーボードでも利用可能です。

注意点は、前述のようにcommandキーの位置に注意することくらいでしょうか。

なお、これはサードパーティ製品も純正品も同様ですが、PCのようにオリジナルのショートカットキーを作ってiPadに覚えさせるといった使い方は、現状ではできません。

キーボードが使えるからと言って、過度な期待は禁物です。

Sponsored Links
--PR--
Appleが遂にiPhone7/Plusを正式に発表!
iphone7-top
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月9日(金)16:01~
発売日 9月16日(金)
容量 32GB/128GB/256GB
カラー ジェットブラック,ブラック,ゴールド,シルバー,ローズゴールド
新機能 防水・FeliCa
スペック詳細 基本スペック比較

▶︎iPhone7の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone7 PROの正体はこちら

▶︎【iPhone7最新情報】新スペックのリークまとめ


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

▼アクセス急上昇TOP5▼

【有名DJも認める!】
超高音質保証のiPhoneスピーカーTOP3
2015-10-14_121852 【メール通知が消えない!】
完全に消す6つの方法とは?
2015-10-14_122013 【メール通知が来ない!】
簡単に解決する3つの方法を各キャリアで解説
2015-10-14_122013 【第2世代最新情報!】
Apple Watch2の発売日と新機能7連発が凄い!
2015-10-14_122013 【Apple社員が教える!】
iOSアップデート不具合バグの4つの解決法とは?

▼注目記事ベスト10▼

iPhone6s手帳型ブランドケース
おしゃれな人気ランキングTOP3!
2015-10-14_121852 iPhoneアプリがインストールできない!
iOS99つの不具合解決法とは?
2015-10-14_122013 新型iPhone6c最新情報!
2016年1月発売説は嘘だった?!
iPhone画面割れの修理値段
Softbank/au/docomoまとめ
2015-10-14_122013 iPhone/iPad編!
パスワードを忘れた時の初期化方法と対策法
2016年最新版!
LINEツムツムのコインチート方法
新型Macbook Proの発売日はいつ?
新機能ベスト5とは
女子に流行中!
おしゃれなiPhoneケースショップTOP4
2015-10-14_122013 iPad mini4編!
人気のキーボードTOP5
2015-10-14_122013 元Apple社員に学ぶ!iPad mini4の使い方マニュアル本

▼人気記事ペスト10▼

Softbank/au/docomo編
iPhoneメール通知を消す6つの方法
2015-10-14_121852 Softbank/au/docomo
iPhoneメール通知が来ない時に試す3つの解決法
2015-10-14_122013 水深5m完全防水!?
iPhone6の最強ケースが凄すぎる
LINE既読を付けずにトーク履歴削除!
相手にどう表示されるの?
2015-10-14_122013 iPhone6s編
おしゃれな手帳型ブランドケースTOP3!
iPhone上でウイルス感染を検出!
スキャンしろって本当なの?
iPhone6s/Plus編
ディズニー手帳型&クリアケースTOP5!
新型Macbook Air2016
発売と発表日はいつ?
腹筋崩壊!
iPhone Siriの面白い質問&会話21連発
iPhoneイヤホンジャックが故障!音が聞こえない原因と7つの対処法

▼【最新】iPhone不具合情報▼

え、なんで!?
iPhone6/5のタッチパネルが反応しない不具合について
2015-10-14_121852 アップデートはちょっと待った!
iOS9の不具合まとめと解決方法とは
2015-10-14_122013 iPhoneが充電できない!
iOS9不具合による解決方法とは
iPhoneホームボタンが故障!
不具合の原因と解決方法とは
2015-10-14_122013 意外と知らない!
iOSバグを解決する4つの方法とは
Appleスタッフに学ぶ!
カメラアプリが動かない時の4つの復元方法
iPhone画面が急に拡大?!
不具合の原因と5つの解決方法とは
iPhoneスイッチが故障!
サイレントマナーモードにできない時の対処方法
2015-10-14_122013 iPhoneタッチパネルが反応しない!
不具合の原因と解決方法とは
2015-10-14_122013 iPhone/iPodTouchタッチパネルの反応がズレる原因と解決方法とは

▼【最新】LINE不具合情報▼

2015-10-14_121852 LINEをインストールできない、開かない
理由と解決方法は超簡単だった!?
2015-10-14_122013 LINEを最新版にアップデートできない!
不具合の原因と解決方法
元LINE社員に学ぶ!
ツムツム不具合時に試す5つの対処方法
2015-10-14_122013 恐怖のiOSアップデート
LINEが開かない、消える不具合発生!
LINEスタンプに異変!
開かずに見れない3つの原因と対処方法
絵文字がダウンロードできない!
解決方法は意外と簡単だった件
なぜか友達追加できない?!
理由と5つの解決方法とは
2015-10-14_122013 MVNOのLINE年齢制限がウザい!認証を突破する方法とは?

話題のiPhoneケース特集


話題のiPadケース特集


話題のMacbookカバー特集


コメントを残す