【日本語吹き替え版】YouTube10億回再生のウザいオレンジが話題!

主人公のウザいオレンジを中心にちょっとキモいフルーツたちが繰り広げるウザすぎる日常の短編動画シリーズが今大人気!

ウザいオレンジ

YouTubeで再生回数10億回を突破している今超話題の動画、『ウザいオレンジ』。

アメリカで製作されてYouTubeで世界中に人気が広がったその動画の内容は、

主役のKYなオレンジが、仲間のフルーツや野菜などを連射砲のように早口で侮辱してギャグを連発し、最後は誰かがナイフで調理されたり器具で粉々にされて終わるといった何とも身も蓋もない短編ストーリーです。

動画は1話約3分と短く、10話程アップされています。

私も、1話見だすと中々面白くて結局全部見てしまいました。苦笑

ウザいオレンジは、The Annoying Orange(アノイング・オレンジ)が本名で、直訳すると「うざったいオレンジ」もしくは「迷惑なオレンジ」となります。

ネットでは「アノーイングオレンジ」や「KY・オレンジ」で親しまれていますね。

動画を作った本人もビックリ!売上は86万5,000ドル超!?

orang製作者

この動画は、ミネソタの大学で出会った2人友人、アメリカ合衆国ノースダコタ州出身のボーディグハイマーとスペンサーグローブが製作しました。

最初は冗談半分でYouTubeに投稿したそうで、まさかこんなに大ヒットするとは思ってもなかったとのこと。

製作者のスペンサーは、

「ずっと考えてるんだ。ある日、目が覚めたら今までのことはみんな別世界の話で、現実の僕はファストフード店でハンバーガーを焼いてるんじゃないかって。」

この動画だけで年間に生み出す収益は、約86万5000ドル(約9,000万円)とのことで、『未だに自分たちの幸運が信じられないよ』とコメントしています。

あまりの人気具合に、アメリカでテレビシリーズ化されて現『カートゥーンネットワーク』にて1話11分で放送されています。

遂にTV未放送のDVDが日本上陸!

日本ではまだテレビで放送がないこのウザいオレンジ番組ですが、DVDが上陸しているのでネットで購入して一足先に見ることが可能です。

つまらない日常を少しでも楽しく過ごすために、この機会にDVDをゲットしてみてはいかがでしょうか?

ウザいオレンジ