【最新】月額料金が1番安いおすすめポケットWifi比較ランキング!

月のデータ上限を気にせずインターネットしたい!速度制限がストレス!という人におすすめしたいのがポケットWiFi(モバイルWiFiルータ)ですが、プロバイダが多すぎてどれが安いか分からない..そんな人のために料金など比較情報をまとめました!

安いポケットWiFiを選ぶならWiMAXで失敗なし

「格安SIMとポケットWiFiの併用で、お得にスマホを利用したい」「外出先でストレスなくインターネットを利用したい」などの目的で、ポケットWiFiの契約を検討している方も多いのではないでしょうか。

ただ、ポケットWiFiを探してみると、大手携帯キャリアのauやdocomo、Softbankを始め、その他複数のプロバイダがポケットWiFiを提供しているため、「一番安いポケットWiFiは結局どれか分からない」と感じてしまいます。

結論から言うと、ポケットWiFiを安く使う方法は、毎月の値段が安い「WiMAX」を選ぶことです。

WiMAXの特徴は、以下のものがあります。

 WiMAXの特徴

 通信速度が速い

 月額料金が安い

 解約が無料でできる期間あり

 無制限で使える

 速度制限時でもストレスなし

 通信速度が速い

「WiMAX」とはもともと回線の名前です。
ポケットWiFiに「WiMAX」とある場合、WiMAX回線を利用したポケットWiFiであることが分かります。

WiMAX回線は、「データ通信用の回線」として作られました。
そのため、「通話回線用」として作られた「LTE回線」よりも、データ通信スピードが速いという特徴があります。

  WiMAX2+ LTE
最大下り速度の理論値 220Mbps 150Mbps

 無制限ポケットWifiのWiMAXとLTEの違いとは?徹底比較2018年版!

 月額料金が安い

結論として述べたように、WiMAX回線を利用したポケットWiFiは、月額料金が安いです。

WiMAX回線の代理店は数が多く、競争が激しいです。
そのため、競争の少ない大手通信会社よりも、価格が安く設定されていたり、キャッシュバックなどのキャンペーンが充実しているため、お得にポケットWiFiを利用できます。

 解約が無料でできる期間あり

ポケットWiFiを契約後、住居の構造や地域の問題から、ポケットWiFiの電波が繋がらず、インターネットを利用できなかったということがあります。

WiMAXのプロバイダであれば、電波の問題で解約したい場合、契約から1~2週間以内であれば「解約違約金」なしで解約できるプロバイダがあります。

万が一電波が繋がらなくても安心です。

 無制限で使える

大手通信キャリアのポケットWiFiでは、「データ無制限」という名前の付いたプランでも、実は「7GBの制限あり」というケースがあります。

一方で、WiMAXの代理店が提供する「ギガ放題プラン」は、本当に無制限でポケットWiFiを利用することができます

 月額料金が1番安いおすすめ無制限ポケットWiFI比較ランキング!

 速度制限時でもストレスなし

大手通信キャリアが提供するポケットWiFiは、データ制限を超えてしまい速度制限になると、「128Kbps」の通信スピードしか出なくなってしまいます。

一方、WiMAXであれば、速度制限時でも「1Mbps」のスピードが出るので、動画もストレスなく視聴できます。

ポケットWiFiの料金を比較してみた

ここで、大手通信キャリアのau・docomo・SoftbankのポケットWiFiと、WiMAXのポケットWiFiを比較していきます。
各社最もデータ量の多いプラン(データ無制限・ギガ放題など)を比較します。

ポケットWiFi比較表

  プラン名 データ上限 通信制限時の速度 月額料金
au WiMAX2+
フラット for
DATA EXプラン
上限7GB 128Kbps 5,880円/月
docomo ウルトラLLパック 上限30GB 128Kbps 9,400円/月
Softbank 4G/LTEデータし放題フラット 上限7GB 128Kbps 4,196円/月
Broad
WiMAX
ギガ放題プラン 上限なし 1Mbps 【1~2カ月目】
2,726円
【3~24カ月目】
3,411円
【25カ月目以降】
4,011円
カシモ
WiMAX
ギガ放題プラン 上限なし 1Mbps 【1~2カ月目】
1,380円
【3~24カ月目】
3,380円
【25カ月目以降】
4,079円

上記の比較表を見て分かるように、大手通信キャリアのポケットWiFiよりも、WiMAXプロバイダであるBroad WiMAXカシモWiMAXのほうが、圧倒的にメリットが多いことが分かります。

 au/ソフトバンク/ドコモポケットWifで月額料金と機能の違いを比較!

 ソフトバンク無制限ポケットWifiのワイモバイル口コミ評判とは?

大手通信キャリアとWiMAXプロバイダの「月間データ通信量」

まずは、WiMAXプロバイダの「ギガ放題プラン」では、月間のデータ通信量は無制限となっています。
「3日間で10GB」という速度制限が設けられている場合もありますが、基本的に、どれだけポケットWiFiを利用しても通信制限にかかることはありません

一方で、大手通信キャリアのポケットWiFiは、一番データ量が多いプランでも、月間データ通信量には上限が設定されています
SoftbankのポケットWiFiでは、プラン名に「データし放題」という用語が含まれていますが、実際には月間7GBまでしか使用することができません。

大手通信キャリアとWiMAXプロバイダの「月額料金」

大手通信キャリアのポケットWiFiは、月額料金が非常に高いです。
月間データ通信量に上限が設定されているにもかかわらず、月額料金は4,000円以上かかってしまいます。
docomoの「ウルトラLLパック」に関しては、月額料金9,400円と非常に高いです。

一方、WiMAXプロバイダの2社の月額料金は、24カ月以内は3000円台で利用することができ、25カ月目以降も約4000円で利用することができます。

月間通信量も無制限で、月額料金も低いので、WiMAXプロバイダのポケットWiFiを利用したほうが、圧倒的にコスパが良いことが分かります。

なぜWiMAXがこんなに安いのか?

WiMAXとは、そもそも「UQコミュニケーションズ」WiMAX回線を提供しているサービスのことです。

「○○WiMAX」という名前のプロバイダはすべて、この「UQコミュニケーションズ」から回線を借りて、ポケットWiFiサービスを提供しているのです。

WiMAXのプロバイダは、上記で挙げた「Broad WiMAX」や「カシモWiMAX」の他にも、複数のプロバイダが存在します。
そのため、価格競争が激しくなるので、WiMAXプロバイダの月額料金は安くなる傾向にあります。

大手キャリアのように、実店舗の展開などがなく、運営費があまりかからないことも、低価格の理由の一つと言えます。

安いポケットWiFiの選び方

安いポケットWiFiを選ぶ際のポイントについて、気になる方も多いのではないでしょうか。
ここでは、契約するポケットWiFiを検討する際に、優先すべき点についてご紹介します。

 ポケットWiFiを検討する際のポイント

 月のデータ容量

 端末のスペック

 条件にあったプロバイダ選び

 月のデータ容量

ポケットWiFiを選ぶ際に重要なポイントの一つは、「月に使えるデータ量はどのくらいか」という点です。

基本、WiMAXプロバイダのポケットWiFiは、月間データ量が7GBの「通常プラン(ライトプラン)」と、データ量無制限プランである「ギガ放題プラン」の2種類があります。

通常プランの7GBで足りる?

WiMAXプロバイダの「通常プラン」は、月間データ量の上限は「7GB」と設定されています。
この「上限7GB」ですが、頻繁にポケットWiFiを利用する方にとっては、すぐに上限に達して速度制限にかかる可能性があります。

「7GBを消費する目安」は以下のようになっています。

7GBを消費する目安
メールの送受信 およそ14,630通
ホームページの閲覧 およそ24,430ページ
動画の視聴 およそ31時間30分
音楽のダウンロード およそ1,750曲

特に、動画をよく見る場合は、すぐに速度制限にかかってしまうので注意が必要です。

通信制限のストレスを無くしたいなら「ギガ放題プラン」

もし、速度制限にかかるストレスなしでポケットWiFiを利用したい場合は、月間データ量が無制限の「ギガ放題プラン」を選ぶことをおすすめします。

ちなみに、「ギガ放題プラン」には「3日で10GB制限」がある点に注意が必要です。
3日間で使用データ量が10GBを超えたとき、速度制限にかかってしまいます。
ただし、「3日で10GB制限」によって速度制限にかかったとしても、1Mbps程度の通信スピードがでるので、低速のストレスはかからず済みます。

ちなみに、通常プランの場合、月間データ量の7GBを超えてしまうと、月末まで「128Kbps」の速度制限がかかってしまいます。 

 端末のスペック

契約するポケットWiFiを検討するとき、利用できる「専用端末」のスペックを調べておくことも大切です。
ポケットWiFiの専用端末は、各種サイズや重さ、通信スピードなどが異なってきます。

以下、専用端末のスペック表を確認してみましょう。

端末のスペック一覧

W05 W04 WX04 U01 N-01 601WH
ポケットWiFi,W05 ポケットWiFi,W04 ポケットWiFi,WX04 ポケットWiFi,U01 ポケットWiFi,N-01 ポケットWiFi,601WH

 

  【利用回線】
最高速度
連続通信時間 サイズ 重量
W05 【WiMAX2+】
下り:558Mbps
上り:30Mbps
約540分 約130×55×12.6mm 約131g
W04 【WiMAX2+】
下り:558Mbps
上り:30Mbps
約540分 約130×53×14.2mm 約140g
WX04 【WiMAX2+】
下り:440Mbps
上り:30Mbps
約700分 約111×62×13.3mm 約128g
U01 【WiMAX2+】
下り:220Mbps
上り:10Mbps
約32×94×13.5mm 約38g
N-01 【LTE】
下り:200Mbps
上り:50Mbps
約840分 約62×98×13.6mm 約110g
601HW 【4G LTE】
下り:350Mbps
上り:37.5Mbps
約510分 約109.9×65.1×15.5mm 約135g

また、各端末の特徴を、以下の表にまとめました。

特徴 利用できるプロバイダ 特徴
W05 「Broad WiMAX」
「カシモWiMAX」
「GMOとくとくBB」
・通信速度は「下り最大558Mbps」と、
他の端末よりも速い
・別売り「有線LAN付クレードル」を使用すると、
ホームルータとして使用可能
W04 「カシモWiMAX」
「GMOとくとくBB」
「ハイパフォーマンス」「ノーマル」
「バッテリーセーブ」
の3つのモードを
選択できる
WX04 「Broad WiMAX」
「GMOとくとくBB」
大容量バッテリーを搭載しており、
切り忘れ防止機能もあり、
動作時間がアップしている
U01 「au『法人・ビジネス』」 USBスティックタイプのポケットWiFiで、
パソコンに直接接続して利用します
N-01 「docomo」 ・重量約110gと非常に軽量
・本体をクレードルにセットすることで、
ホームルーターとしても利用できる
601HW 「Softbank」 電源を入れて約5秒で高速起動するため、
イライラすることなく、
すぐにWiFiの使用を開始できる

自分の利用場所の電波状況は大丈夫?

端末スペックの確認と同時に、ご自身がお住まいの地域が「通信エリア」になっているかを確認することも大切です。

各プロバイダのホームページでは、通信エリアを非常に細かい範囲まで、確認することができます

ポケットWiFi,Broad WiMAXの利用可能エリアマップ

上の画像は、「Broad WiMAX」の利用可能エリアを表示したマップです。
東京都心のほとんどで、Broad WiMAXの電波がしっかり通っていることが分かりますね。

利用を検討しているポケットWiFiを、自分が住んでいる地域で利用できるか気になる方は、ホームページで確認してみましょう。

 Broad WiMAXの利用可能エリア

 カシモWiMAXの利用可能エリア

 保証やキャンペーンなどのサービス

「月額データ通信量」や「端末スペック」の他に、各プロバイダが提供する「保証」や「キャンペーン」などのサービスにも注目してみましょう。

ご自身の条件によっては、お得になる可能性があります。

解約違約金0円保証

「Broad WiMAX」「GMOとくとくBB」などのプロバイダでは、指定期間内の解約であれば、解約違約金0円で解約することができます。

もし、契約後に、自宅の構造などの影響で、ポケットWiFiの電波が通らないことが判明した際なども、多額の違約金を支払う必要がないので、安心できるサービスです。

ちなみに、「Broad WiMAX」では、「端末到着後8日以内」であれば、違約金無しで解約できます。
「GMOとくとくBB」は、「申し込みから20日以内」であれば、無料で解約可能です。

プロバイダからの乗り換え負担

すでにポケットWiFiを利用している方で、「今より安いポケットWiFiに乗り換えたい」と考える方も多いのではないでしょうか。
ただし、乗り換えを行う際には、旧プロバイダに対して、解約違約金を支払わなければいけません

WiMAXのプロバイダの中には、この「乗り換え時にかかる費用」を負担してくれるサービスを提供するプロバイダがあります。

「Broad WiMAX」は、他者からの乗り換え時に、違約金(上限19,000円)を負担してくれるキャンペーンを行っています。
解約違約金は非常に高額ですので、他社からの乗り換えを希望している方は、Broad WiMAXを検討してみることをおすすめします。

キャッシュバックで現金ゲット

WiMAXプロバイダの中には、キャッシュバックキャンペーンを行っているところがあります。

「GMOとくとくBB」では現在、最大39,450円のキャッシュバックを受けることができます。
GMOとくとくBBのキャッシュバックは、利用端末やオプションなどから、以下のように設定されています。

【端末】W05
2年 31,200円
2年(クレードルセット) 28,200円
LTEオプション無料プラン(3年) 39,450円
LTEオプション無料プラン(3年)
(クレードルセット)
36,150円
【端末】WX04 
2年
2年(クレードルセット)
LTEオプション無料プラン(3年) 39,450円
LTEオプション無料プラン(3年)
(クレードルセット)
36,150円
【端末】W04 
2年 32,050円
2年(クレードルセット) 29,050円
LTEオプション無料プラン(3年) 32,050円
LTEオプション無料プラン(3年)
(クレードルセット)
29,050円

おすすめのポケットWiFiプロバイダ

ここで、月額料金が安く、ユーザーにとって魅力的なサービスが充実しているポケットWiFiプロバイダを、ランキング形式で紹介していきます。
各プロバイダの「おすすめポイント」「実際の利用者の口コミ・評判」も掲載していきます。

POINT!
  1. 乗り換えの際に、他社の解約違約金を負担するサービスあり!
  2. 月額料金「2,726円~」利用できる!
  3. 「Web申込+オプション初回加入」で「初期費用18,857円割引」&「端末代金無料」!
ユーザー口コミ
月額料金がリーズナブル!【40代男性】
Broad WiMAXの通信スピードですが、エリア内であれば10Mbpsから20Mbpsと、非常に早いスピードをたたき出します
4G/LTEよりも2倍ほど早いです。
データ量ですが、ライトプランで7Gまで高速通信が可能です。
毎月3GBから4GBまで利用しているので、特に速度制限にかかることはありません。
月額料金は2,200円と非常にリーズナブルです。
通信スピード・データ量ともに満足しています!【30代男性】
動画視聴でたまに画質が荒くなりますが、ほとんど気になりません。
私のように、一日2時間程度の動画視聴ニュース閲覧検索メインの使用であれば、通信スピード・データ量とも満足できると思います。
キャンペーンにより、端末代は全く負担がなく、さらに最初の2カ月は月額3000円以下の利用料金で、他社と比べてもとても安いと感じます。
乗り換え時に違約金が発生しないことも、とても良いサービスだと思います。
ギガ放題は容量が気にならないのでおすすめです!【20代男性】
価格帯と照らし合わせて、満足出来る内容になっていると思います。
懸念される通信速度制限ですが、3日で10GBと、通常利用する限りでは、制限にかかる事は無いと思います。
またギガ放題プランを利用しているため、容量を気にする事なくネット環境を利用する事が出来ます
契約後、電波が通らないことが分かった時に、違約金無しで解約できる点も、ユーザー目線のサービスで非常に魅力的だと思います。
POINT!
  1. 「端末代金無料」&「月額料金割引」で「総額最大55,176円」もお得!
  2. 月額料金は業界最安値の「1,380円~」!
  3. 下り最大速度758Mbpsの端末「W05」を利用可能!
ユーザー口コミ
ギガ放題プランなら家族とも共有出来ます!【30代男性】
以前は光通信の「ぷらら」を利用していましたが、通信スピードはほとんど同じくらいです。
家族で使っていますが、「ギガ放題プラン」ですので、データ量にはこれといって不満はありません
キャンペーンで、最初の月は料金が無料だったのが嬉しかったです。
このコースより料金が安い7GBのライトプランもありますが、家族で使う場合は容量が足りなくなる可能性が高いので、家族で使うならギガ放題プランの方がおススメですね。
月額3000円台はお得!【30代女性】
やはり月額3000円台で利用できるのが一番のメリットです。
料金が安い他社と比べても、200円ほど安く設定されています。
初回月は、事務手数料しかかからないので、気軽に契約できる点も良いと思います。
通信スピードは、前まで使用していた他社のものと変わりません。
設定を自分で行うのは不安でしたが、電話でオペレーターの方の説明を受けながら設定したら、特に問題なくできました。
ギガ放題プランにしたのでデータ量は満足です。
スマホゲームをする人や動画を見る人はギガ放題プランにすることをおすすめします。
料金体系がシンプルで分かりやすい!【20代男性】
プロバイダによっては、最新機種は3年契約となってしまう場合が多いと思いますが、カシモWiMAXは2年契約で月額料金も安いので、短期間安いサービスを利用したい方には良いと思います。
他のWiMAXプロバイダでは、プロバイダ独自のサービスも含めてオプションサービスが複数ありますが、カシモWiMAXのオプションサービスは「安心サポート」しかないので、料金体系がとても分かりやすいです。
カシモWiMAXは初月が無料となっていますので、契約した月は月額料金が発生しない点も嬉しいです。

POINT!
  1. 最大39,450円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
  2. 申込後20日以内であれば、解約違約金0円!
  3. 「端末代金」「専用クレードル」「送料」がすべて無料!
ユーザー口コミ
キャッシュバックがお得!【30代男性】
通信スピードに関しては、キャリア通信で感じられた通信回線の混雑を感じることなく、非常に高速でスムーズに通信できるので、非常に便利です。
データ量に関しても、僕は「ギガ放題プラン」に加入しているので、どんなにデータ通信を行っても関係ありませんし、通信やダウンロードも非常に高速で行われています。
月額料金に関しては、2,000円程度と、負担になることのない料金設定で、非常に安価だと感じています。
キャッシュバックは、25,000円程度の金額をもらえ、総合的に見るとお得に利用できているのではないかと思います。
キャンペーンでお得に利用できる!【30代男性】
通信スピードは、3日で10GB制限にならなければ、10Mbpsから30Mbpsくらいの速度が出ていたので、大きな不満はなかったです。
またデータ量については、「ギガ放題」だったので無制限で利用できるので、非常に便利です。
そして肝心の月額料金ですが、キャッシュバックを含めると、一番お得に利用できたので、その点は満足です。
またキャンペーンに関しては、端末代が0円になっていたのと、キャッシュバック額が多いという点がすごく良かったです。
通信速度やキャンペーンに満足しています!【40代男性】
GMOとくとくBB Wimax2+の最大の特徴は、キャッシュバックキャンペーンだと思います。
他社と比べてもGMOとくとくBBがもっとも満足できるキャンペーン内容でした。
通信スピードは、私の自宅で「10Mbps程度」の通信速度が出ています。
フルHD高画質の動画視聴でもスムーズに見れますし、PCとスマホの二台で、それぞれ動画視聴してもカクつくことはなく、かなり余裕があるようです。
データ量に関してですが、私は「ギガ放題」に加入してるのでまったく気になりません。
月額料金は、ADSLより高いが光回線より安いという立ち位置です。
ただ、通信速度もADSLより速いが光回線より遅いという感じなので、料金相応の速さだと納得して利用しています。

レンタルポケットWiFiおすすめプロバイダ

ポケットWiFiの中には、「レンタルポケットWiFi」と呼ばれるものもあります。
これは、その名の通り、海外への旅行や出張の際に、ポケットWiFiをレンタルできるサービスです。

 無制限ポケットWiFi(WiMAX)を無料で15日間レンタルする裏技とは?

おすすめのレンタルポケットWiFiプロバイダは、以下の3社です。

 レンタルポケットWiFiランキング

第1位グローバルWiFi 第2位イモトのWiFi 第3位Wi-Ho

料金が安いレンタルポケットWiFiについて知りたい方は「無制限ポケットWiFi(WiMAX)のレンタル月額料金比較と安いランキング! 」を参考にしてみてください。

まとめ

今回は、月額料金の安いオススメポケットWiFiについて解説してきました。
ストレスなくギガ上限のないネット環境を探している人には、乗り換え特典が充実しているBroad WiMAX、月額料金が格安のカシモWiMAX、キャッシュバックがついてくるとくとくBBを検討してみることをオススメします。
これからポケットWiFiを契約しようと考えている方は、ぜひこの記事を参考にして、お得にポケットWiFiを利用してください!