PC・スマホで利用可能!シンプルなクラウド在庫管理システム「ZAICO」をご紹介

現在クラウド会計ソフトfreeeで仕入と納品情報のデータ連携ができます。今後も続々と連携していく予定です。

「ZAICO」開発のきっかけ

「ZAICO」は「在庫管理」というプロセスを無くすというミッションを掲げて開発されました。

「ZAICO」を開発した株式会社ZAICOの代表取締役の田村さんの実家は倉庫業を営んでおり、家業を手伝う中で在庫管理の課題に気づきます。手間がかかり、何がどこにあるのか正確に把握するにはコストが高くつくという課題を抱える在庫管理分野にはまだまだイノベーションの余地があると一念発起。シンプル且つ正確にモノの状態・流れを把握できる仕組みを世の中に提供していくべくZAICOの開発をスタートしました。

スマートフォンとそのカメラの性能が年々高くなっているので、基本的なソフト開発ではそれほど苦労はありませんでした。ただ、在庫管理を自動化しようとすると、どうしてもスマートフォンだけでは限界があります。スマートフォンは人間が操作することを前提としているからです。それが独自の在庫管理用IoTデバイスの開発を始めたきっかけとなりました。

これからも進化を続ける「ZAICO」

「ZAICO」は進化を続けています。音声や重量計から在庫管理できるシステムを開発しています。

音声で在庫管理できるシステム

クラウドベースの音声サービスであるAmazon Alexaに対応したスマートスピーカーで、音声による在庫管理を行える音声認識機能のβ版サービス「声でZAICO」がリリースされました。既存のスタンダードプランで使用でき、「在庫状況教えて」など声だけで在庫管理ができるため、作業や荷物で手が塞がった状態でも在庫管理が可能です。

重量計から在庫管理するシステム

また、ZAICOを活用したIoT重量計「ZAICON」が今年の夏にリリースされる予定です。ZAICONに管理したいモノを載せると、パソコンやスマートフォンからリアルタイムに在庫数の増減が分かるため、パソコンやスマートフォンを操作する必要がありません。欠品や過剰在庫をゼロにし、オペレーション上の人的ミスも防ぐことができます。人員不足の解消やコスト削減と在庫の自動管理を実現します。

まとめ


日々ソフトは改良されています。改良はユーザーの困りごと・課題は何かといった情報収集・整理から始まります。そのため、代表を始め、エンジニアからマーケターまでカスタマーサクセスの業務を必ず毎週行う体制が敷かれています。これからも便利になるZAICOに注目です。

 

「ZAICO」公式サイト
https://www.zaico.co.jp/

 

アプリダウンロード
iPhone:https://apps.apple.com/jp/app/id588938108
android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tamurasouko.twics.inventorymanager&hl=ja

関連する記事