iPhone6sガラス全面保護フィルムのおすすめ人気ランキング

この記事は約 11 分で読むことができます。

iPhone6sで使える画面保護フィルムから人気上昇中・おすすめ(プラスチックタイプ・ガラスタイプ)をランキング紹介。全面透明タイプブルーライトカット付さらさらタイプキャラクター(ディズニー)などの売れ筋商品~100均・ヨドバシも調査!!

Amazonで人気のiPhone6sガラスフィルムランキング【総合Top3】

1位:Over’s ガラスザムライ

iPhone6s,保護フィルム

素材ガラス
飛散防止加工なし
サイズ全面(2.5D)

高硬度の9Hで安心!さらに保証付!

極薄設計でiPhoneの魅せる画質を落とさずに、iPhoneを完璧に保護してくれます。

累計300.000枚を突破を突破した超人気保護フィルムです。

その人気の秘訣は品質の他に、安心の1年保証でしょう。

  • 割れた
  • ずれた
  • 気泡が入った

いかなる理由でも送料メーカー負担で1年に1回だけ交換することができます。

迷ったらまずはこのフィルムで間違いありません。

2位:MC MORE CRYSTAL

iPhone6s,保護フィルム

素材ガラス
飛散防止加工あり
サイズ全面(2.5D)

ブルーライトカット付き!目にも優しい最強保護フィルム!!

ブルーライトカットも搭載した保護フィルム。強度は9Hで、飛散防止加工も施されているため、品質は最高です。

さらに、 撥水加工や油分・汚れ防止加工、指紋防止 加工など様々な加工も施されており、欲張りな保護フィルムが欲しい方にはぴったりです!

また、購入後30日の故障もついているため万が一失敗しても安心です。

3位:PS Japan

iPhone6,保護フィルム

素材ガラス
飛散防止加工あり
サイズ全面(2.5D)

高品質で低価格!日本ガラスを用いたローコスト保護フィルム!!

日本ガラスで作られた保護フィルムで、硬度も9Hと信頼できる保護性能です。また、指紋防止や気泡防止、高透過率というまさに理想の保護フィルム

執筆現在の価格がこのクオリティーで、たったの498円。需要が増えれば価格が高騰するかもしれませんので、試してみたい方はお早めにどうぞ。

【1番人気】さらさらのiPhone6s保護フィルムはコレ!

iPhone6s,サラサラ保護フィルム

素材ガラス
飛散防止加工あり
サイズ全面(2.5D)

パズドラやモンスト、ポケモンGOに最適!爽快すぎるサラサラ感。

スマホアプリをしやすいように設計された保護フィルム。強度も9Hと文句ありません。さらにアンチグレアなので屋外でもスマホ画面がくっきり見えるため、日差しが強いところでも操作ミスをしにくくなります。

また、この保護フィルムを貼り付ける際失敗しないようにするための専用クリップが同梱されており、「失敗した。また買い直しだ。」という残念な状況が発生しません。

品質・貼りやすさ・そしてゲームの快適性。どれを取ってもまさに理想の保護フィルムと言えるでしょう。

【1番人気】透明(グレア)+全面タイプのiPhone6s保護フィルムはコレ!

素材ガラス
飛散防止加工あり
サイズ全面(3D)

BEGALO 日本製素材旭硝子製 高透過全面保護フィルム

「市販で売られている保護フィルムは全面を覆ってないから好きじゃない」

「ケースをつけないiPhone裸族だから、保護フィルムは全面のものが良い」

という方のために作られた、フロントパネルを全部覆うタイプの保護フォルムです。

強度、価格ともに納得がいくもので、性能も透過率が優れているだけでなく

  • 飛散防止
  • 指紋防止
  • 0.25mmの超薄型設計

とかなり優秀です。

【1番人気】ブルーライトカットのiPhone6s保護フィルムはコレ!

iPhone6s,保護フィルム

素材ガラス
飛散防止加工あり
サイズ全面(2.5D)

MC MORE CRYSTAL ブルーライトカット保護フィルム!!

ブルーライトカットも搭載した保護フィルムの中でもクオリティーにこだわった一品。

  • 強度
  • 飛散防止
  • 透過率
  • 気泡防止
  • 指紋防止
  • ラウンドエッジ

どれを取っても優秀です。

スマホを見る時間が長い方や、目が疲れやすい方に最適です。

【かわいい】キャラクター・ディズニーのiPhone6s保護フィルム

iphone6,キャラクター保護フィルム

素材ガラス
飛散防止加工あり
サイズ全面(3D)

Hamee ミニーマウスキャラクター保護フィルム

iPhoneのフロント画面にディズニーキャラクターがあしらわれた可愛らしい保護フィルム。

ミニーマウス以外にも「アリス」「アリエル」「ラプンツェル」の柄が用意されており、ディズニーのケースと組み合わせることでさらに可愛らしさがアップします。

品質もこだわっており、指ざわり・硬度・気泡防止・指紋防止も優秀です。自分のiPhoneを最大限可愛くしたい人にオススメです。

ヨドバシで一番売れてるiPhone6s用保護フィルム

iPhone6s,ヨドバシ

素材ガラス
飛散防止加工あり
サイズ全面(2.5D)

ELECOM ブルーライト40%カット保護フィルム

ELECOM製保護フィルムなので、安心の品質が保証されています。。強度も9Hと文句ありません。一番売れているのはこのブルーライトカットモデルでした。

 

高透過率を実現するため、ガラスフィルムの薄さが0.33mmとかなり薄くなっています。そのため保護性能が不安ですが、安心の9Hなので大丈夫。

さらに指ざわりや指紋防止、気泡防止も配慮して設計されているので、まさに高機能iPhone保護フィルムと言えるでしょう。

Amazonでも買えるので、手軽に購入できるのも嬉しいですね。

100均(ダイソー)で売っているiPhone6s用フィルム【口コミ】

iPhoneの保護フィルムが100円ショップでも売られているのを見たことがありませんか?

  • 「確かにやすいけど、実際どうなの?」
  • 「値段も大事だけど、性能が気になる。」

という方のために幾つか口コミをご紹介します。

 

このように、性能面で満足している方もいるようです。

値段が高いフィルムとの違い

では、100円ショップで売られている保護フィルムと、市販の保護フィルムの価格差は一体なんなのでしょうか。

それは主に品質。

市販の保護フィルムに対して、100均の保護フィルムはコスト削減のために様々なクオリティーを下げています。その結果、

  • 耐久性
  • 保護性能
  • 透過性
  • 指触り

などが市販のものよりも劣る場合があります。

クオリティーを求める方やスマホゲームをする方、耐久性や保護性能を重視する方は100均の保護フィルムはあまり向きません。

先ほどご紹介した口コミも、買ってすぐのもので耐久性を保証するツイートは行なっていません。

iPhoneガラスフィルム選びで失敗しない!選ぶポイント

iPhoneの画面はこんな時に割れる!

iPhoneのガラスフィルムを使用している人、もしくは使用している人を見た人はお分かりかと思いますが、ガラスフィルムは経年劣化が非常に激しく、とても割れやすいです。

ですが一体どういう時に割れるのでしょうか。

実は落として割れるという頻度よりも、ポケットの中でいつの間にか割れているパターンの方が多いです。

これはポケットの中の鍵にガツガツ当たってしまったことや、ポケットにガラス保護フィルムの端が引っかかってしまっことなどが原因だと思われます。

iPhone6s,保護フィルム,割れた

これを防ぐ、というよりはiPhoneを保護する消耗品なのでiPhoneに傷がつかないでよかったと思うべきでしょう。

迷わず剥がして、すぐさま新しい保護フィルムを貼りましょう。

保護フィルムの種類

では一体保護フィルムにはどんなものがあるのか。それぞれの特徴やメリットなども合わせてご紹介していきたいと思います。

プラスチック・ガラス

まず多くのユーザーが悩むのが、プラスチック保護フィルムにすべきなのか、ガラス保護フィルムにすべきなのか。

プラスチック保護フィルムは一般的に薄く、機体に馴染みやすく低価格なことがメリットですが、保護性能には期待できません

擦り傷や画面傷防止程度の保護機能しかありません。

iPhone6s,保護フィルム,プラスチック 

一方でガラス保護フィルムは分厚く、衝撃に強いのでiPhoneをしっかり保護してくれます。ですが、その分厚さゆえ、ケースに干渉してしまいお好みのケースがつけられない場合もしばしば。

そして前述した通り、保護機能は優れていますが耐久性はそれほどで、すぐ割れてしまいます。

iPhone6s,保護フィルム,ガラス

 ガラスフィルムプラスチック保護フィルム
貼りやすさ貼りやすい貼りにくい

衝撃吸収

優れている劣っている
厚さ分厚い薄い
価格高い安い

グレア・アンチグレア

iPhone6s,保護フィルム,グレア

グレア・アンチグレアという言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

プラスチック製の保護フィルムを選ぶときは特に重視しなければなりません。

グレア保護フィルムは高反射高光沢の保護フィルム、逆にアンチグレア保護フィルムは反射、光沢を共に低減したものになります。

グレア保護フィルムはiPhoneの画面が綺麗に写りますが、その分反射がすごいため屋外での使用やライトの強い屋内での使用では不向きです。

アンチグレアの場合、iPhoneの画面がくすんで見えますが、慣れてしまうと特に画質が落ちていると感じません。これは屋外でも快適に使用することができます。

 ガラスグレアアンチグレア
画面の綺麗さ綺麗くすむ

反射・光沢

優れている劣っている
見やすさ見にくい見やすい
価格安い安い

飛散防止加工(ガラスフィルム)

ガラスフィルムは、名前の通り素材にガラスを使用しているため割れてしまうと破片が飛び散ってしまいます。

その飛び散りを抑え、割れた後の被害を最小限にしてくれる加工が飛散防止加工です。

今現在多くのガラスフィルムに飛散防止加工が施されています。それでもガラス保護フィルムを割れているのを多くの人が見かけていますよね。

飛散防止加工はあくまで割れた時の飛散を防止するためのものであり、保護機能を高めるものではありません

サイズ(全面・画面のみ)

保護フィルムには、液晶画面のみのタイプとフロントパネル全体を覆うものの2種類あります。

前者の場合、コストは安くで抑えられますが、液晶部分しか保護していないため落とした時の衝撃は、直でフロントガラスに響きます。

一方後者の場合は、フロントパネル全体を保護しているので衝撃にも強い傾向がありますが、コストはかかります。

2D、2.5D、3Dタイプ

ガラスフィルムには2Dタイプ、2.5Dタイプ、3Dタイプの3種類があります。

2Dタイプは平面の保護フィルムで画面全体を保護していないものが多いです。

iPhone6s,保護フィルム,2D

2.5Dタイプは角が若干丸く作られており、「ラウンドエッジ対応」と謳われていることも少なくありません。

これにより画面全体をほぼ覆うように接着するのですが、角の部分から徐々にひび割れてしまったり、埃が入ってきたりして、使用とともに汚くなってしまうのが難点です。

iPhone6s,保護フィルム,2.5D

そして3Dタイプはフロント画面を完璧に覆う形状のものです。

一番保護性のが高く、耐久性も期待できますがコストがかかりやすいです。

iPhone6s,保護フィルム,3D

ブルーライトカット

ブルーライトカットの保護フィルム最近、需要が高まっています。

そのため家電量販店で市販されている保護フィルムの中に必ず入っていることが多くなりました。

スマホの画面を長時間見ていて目が疲れていると感じる方は、ブルーライトカットの保護フィルムをオススメします。

【疑問】ガラスフィルムは何故サイズが小さいものが多い?耐衝撃ケースとの併用おすすめ

保護フィルムを探していると、iPhoneの前面画面全部を覆うのではなく、液晶部分だけを覆うものや、少しだけ小さめの保護フィルムが目立つのではないでしょうか。

実はこれには理由があります。それは保護ケースとの相性

ガラスフィルムが発売され始めた当初は、iPhoneの画面全体を覆うものがあったのですが、保護ケースが干渉してしまい

  • 「ケースがつけられない」
  • 「保護フィルムが割れた」

というユーザーが続出。今ではどのケースにも対応できるように一回り小さく作られています。

もし画面全体を覆うものを購入する場合は、ケースと干渉しないか確かめてから購入することを勧めします。

iPhone6s/PLUS/7の防水、防塵、耐衝撃おすすめの人気ランキング!

まとめ

今回はiPhone6/6Sに最適な保護フィルムを特集しました。

理想の保護フィルムは見つかりましたか?

もしご自身で探す場合は、今回ご紹介したように『選ぶポイント』をしっかり見極めてくださいね。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す