Apple Pay(FeliCa)

【Apple Pay】View Suicaとスイカの違いを比較!どっちがオススメ?

2016年11月10日

いよいよApple Payが日本でも始まり、iPhone7 / 7PlusやApple Watch series2でSuicaが使えるようになりました。そこで今回は、そんなApple Pay版SuicaとView Suicaカードの違いについて解説していきます。

apple pay view suica

iOS10.1、WatchOS3.1へアップデートすることで、日本で購入したiPhone7 / 7PlusやApple Watch series2でApple Payを使うことが可能になりました。

本来、Apple Payはクレジットカードを登録しておサイフケータイ的な使い方をするのが基本ですが、日本向けではクレジットカードに加えて交通系電子マネーのSuicaが対応したことで、Suicaとその互換エリアで電車やバスに乗ることも出来るようになっています。

既存のカード型Suicaからも簡単に移行できるので、とっても便利!

……のはずなのですが、残念ながらクレジットカード一体型のView Suicaカードは、Apple Pay版Suicaに移行することが出来ません。

そこで今回は、ViewSuicaカードを使っている方やこれからカードを作成しようと思っている方向けに、ViewSuicaとApple Pay版Suicaの違いや、お勧めポイントについてまとめてみました。

View Suicaの申し込みはコチラ

[the_ad id="12721"]

ViewSuicaって何?~その特徴に迫る~

view-suica

ViewSuicaカードとは、JR東日本が発行しているクレジットカード「Viewカード」に、Suicaの機能を内蔵したものです。

一体型にすることのメリットは以下の通り。。

財布の中に普通のSuicaとViewカードの両方を入れなくて済む

お財布の中にクレジットカードとSuicaの2枚を入れなくて済むので、その分持ち物が減り、財布の中身も整理しやすくなります。

ごちゃごちゃと沢山のカードが財布に入っているのは、あまり見栄えの良い物ではありません。

財布の中身もスマートかつお洒落に決めたいという方にとって、これは結構重要なポイントです。

オートチャージの設定が簡単にできる

Suicaには、自動改札通過時にSuicaの残高が一定以下になると、クレジットカードから自動で指定額をチャージしてくれる「オートチャージ」というシステムがあります。

この機能が利用できるのはJR東日本エリア内だけなのですが、Suicaエリアにお住まいで日常的にJRを利用するという方であれば、この機能は非常に便利。

そして、ViewSuicaカードなら、このオートチャージの設定も簡単です。

ViewカードからSuicaにチャージできる

自動券売機を使った通常のチャージでも、ViewSuicaカードはお得です。

というのも、Suicaの場合、券売機を使ったチャージで使えるクレジットカードは、実はViewカードだけになっています。

よって、「オートチャージを設定するほどではないけど、チャージはクレジットカードでしたい」という方には、クレカとSuicaが一体になったViewSuicaカードは便利な1枚となるでしょう。

チャージでポイントが溜まる

後述するApple Pay版Suicaでは、Apple Pay対応クレジットカードであれば、Viewカード以外からもチャージすることが出来ます。

ただし、現状ではSuicaのチャージでポイント還元などが受けられるクレジットカードは極僅か。その貴重な1枚が、何を隠そうこのViewSuicaカードなのです。

普段のお買い物だけでなく、Suicaのチャージ用カードとしても、ViewSuicaカードを作っておくメリットは十分にあるといえるでしょう。

ViewSuicaカード+Apple Pay版Suicaが実は最強?

女性2

ここまでViewSuicaカードとApple Pay版Suicaについて触れてきましたが、実際のところ、どちらも一長一短です。

そこでお勧めしたいのが、Apple Pay版SuicaのチャージをViewSuicaカードで行うというもの。

Apple Pay版Suicaの項で説明した通り、ViewSuicaに内蔵されているSuica機能をApple Payに移行することは出来ません。

しかし、Apple Pay版Suicaを新規に作成して、そのチャージ用カードとしてViewSuicaカードを指定することはできるので、この方法ならApple Payの利便性とViewSuicaのポイント還元のいいとこ取りが可能です。

また、Apple PayにViewカードを登録してしまえば、Suicaを利用するだけならViewカードを持ち歩く必要がないのもポイント。「クレジットカードをあまり持ち歩きたくない」という方にも、この方法はお勧めです。

注意が必要なのは、ViewSuicaカードのうち、「VISA」ブランドのものだけはApple Pay版Suicaのチャージ等に利用できないこと。

これからカードを作るのであれば、VISA以外の国際ブランドを選択するのが良いでしょう。

まとめ:Suicaを使うなら持っておきたいViewカード~でもVISA非対応に注意

というわけで、今回はViewSuicaカードとApple Pay版Suicaの違いに触れ、それぞれのポイントや賢い使い方をご紹介しました。

結論として、現時点ではApple Pay版SuicaとViewSuicaの二刀流にするのが、最も便利な使い方といえると思います。

VISAブランドに非対応というのが残念ではありますが、このあたりは今後の改善に期待したいところです。

それでは、ViewSuicaとApple Payで快適なiPhoneライフを♪

view suica

Apple Pay関連記事はコチラ

iPhone7搭載のFeliCa(フェリカ)設定方法と使い方とは?
iPhone7搭載のFeliCa(フェリカ)で、Edy・ICOCA・PASMOは使える?
新型iPhone7搭載のfelicaでSuicaを利用するメリットデメリットとは?