twimgとは何か?画像や動画の保存方法やランキングで見る方法

twitter上の動画・画像を保存するとき公式サイトやアプリからでは保存することはできません。では保存するにはどうすれば良いのでしょう?この記事ではtwimgとは何か・twitter上の動画・画像の保存方法・ランキングで見る方法を解説していきます。

twimgとはTwitterの画像・動画のURL

twimgとはpbs.twimg.comというURLでTwitter上に存在しているTwitterにアップロードされた画像・動画のことで、アプリやサイトから誰でも見ることができます。

例えば自分の持っている画像等をTwitterにアップロードするとその画像はpbs.twimg.comというURLでTwitter上に保存されることになります。しかしこの際、アップロードした画像(twimg)はTwitterに公開されることになりますので、公開する画像の種類には気をつけましょう。

Twitterの動画を保存する方法

ではこのTwitter上に公開された画像や動画(twimg)はどうやって保存すれば良いのでしょうか。その方法を解説していきます。

【保存方法】iPhoneの場合

iPhoneをお使いの方は『TheWorld for Twitter』というアプリを使います。このアプリはカメラロールに動画を保存することができますのでアプリ外でも動画を取り扱うことができます。

1.まずはTheWorldをインストールしましょう
2.TwitterのアカウントでTheWorldにログイン

アプリを開くとこの画面になるのでLogin to Twitterを押しましょう。

次にクライアント名を選ぶのですがこだわりがなければどれでも良いと思います。

3.保存したいツイートを開く

Theworldから保存したいツイートを開いたらあとは保存するだけです。画面下のバーから保存ボタンをタップしましょう。

保存が完了するとカメラロールに画像もしくは動画が保存されているはずです。

【保存方法】Androidの場合

Androidをお使いの方は「Clipbox+(クリップボックスプラス)」というアプリを使いましょう。「Clipbox+」は、スマホ内に保存されている様々なコンテンツを閲覧・管理できるビューワアプリです。

1.まずは「Clipbox+」をダウンロードしましょう。

 

Clipbox+Clipbox+KGC無料posted withアプリーチ

2.Twitterアプリを開く

Twitterのアプリを開き保存したい動画がアップロードされているツイートを表示しましょう。動画を再生し再生画面を表示させると画面右下に共有するというボタンがありますのでそこをタップし「クリップボードにコピー」をタップしましょう。

するとこんな画面が表示されると思いますのでリンクをコピーをタップして完了です。

3. Clipbox+にダウンロードする

コピーが完了したら Clipbox+を開いて「クリップ」→「ブラウザ」という順番でタップして行ってください。するとアプリ内でブラウザが立ち上がりますのでアドレスバーに先ほどコピーしたURLを貼り付けましょう。

読み込みが完了するとツイートが表示されますので動画部分をタップして再生してください。再生画面が表示されたら画面右下の+ボタンをタップし「Are you ok?」→「Really?」の順でタップして進み「OK」をタップしましょう。そうするとダウンロードが始まります。

4.カメラロールに保存する

andoroidでは「Clipbox+」に動画を保存した時点で端末にも保存されているためこれで作業は完了です。ちなみにそれぞれが独立して保存されているので片方を削除しても片方は残ります。

【保存方法】PCの場合

PCをお使いの方は様々な保存方法があるのですが今回は一番簡単なGoogleChromeの拡張機能を使った保存の仕方についてご紹介します。

1.Twitter Media Assistをインストールする

まずはお使いのGoogleChromeにTwitterの動画(twimg)を保存するための拡張機能である「Twitter Media Assist」をインストールしましょう。こちらからインストールすることができます。

2.画像・動画をダウンロードする

インストールが完了したら拡張機能を有効にしてください。

有効にできたらGoogleChrome上でTwitterを開き保存したい画像または動画を表示しましょう。表示したあと画面上の動画・画像に向かって右クリックをし、「Save this Twitter view」をクリックするとダウンロードが始まるはずです。

ダウンロードが完了すると画像・動画がPC上に保存されています。また、保存の形式も「pbs.twimg.com」からmp4、gifなどオプションで変更をすることができますので活用しましょう。

Twitter画像をオリジナルサイズで表示させる

次にTwitter上にアップロードされた画像をオリジナルサイズで表示する方法について見ていきましょう。

オリジナルサイズとは何かというと実はTwitterにアップロードされた画像(twimg)はサイズ縮小されたものに変換されるのです。

そのままではオリジナル(元々のサイズ)で表示することはできないので「縮小されたサイズ」→「オリジナルサイズ」へ変換していきましょう。

①URLを変更する

変換する方法は二つあるのですがまずはURLを変更する方法を見て行きましょう。

1.画像をブラウザで開く

まずはどのブラウザでも良いので画像をブラウザで開きます。その後画像を右クリックし直リンクで開いてください。

URLが「https://pbs.twimg.com/media/XXX?format=XXX&name=XXX」のようになっていればOKです。

2.URLを変更する

URLの「&name」の後ろ部分を「orig」に変更します。

具体的には「https://pbs.twimg.com/media/XXX?format=XXX&name=XXX」が

「https://pbs.twimg.com/media/XXX?format=XXX&name=orig」となっていればOKです。

これで画像をオリジナルサイズで表示させることができました。

②Chromeの拡張機能を使う

次にGoogleChromeの拡張機能を使ってオリジナルサイズに変更する方法を見て行きます。この方法はGoogleChromeを使っていることが前提となりますのでご注意ください。

1.Twitter画像原寸ボタンをインストールする

まずはこちらから拡張機能をインストールしましょう。

2.PCでオリジナル画像をダウンロード

インストールが完了したらGoogleChromeでTwitterを開きましょう。開いたら保存したい画像が貼ってあるツイートを表示します。

そうすると画面下側に『original』というボタンが追加されているのがわかるかと思います。ここをクリックすることで別のタブが開き画像が原寸大で見れるようになります。あとは右クリックでダウンロードすればOKです。