Twitterの@tosとは?ゲーム募集、質問箱での使用例も紹介

まずは自分のタイムラインに見えているだけです。

自分のTwitterにはtosであろうが何だろうが表示されます。

そのため自分のタイムラインに見えているだけと勘違いしてしまっているのが多い原因です。

トスツイにリプライしている

次はトスツイにリプライしていることです。

トスツイにリプライや返信をするとタイムライン上にトスツイと返信ツイートの両方が表示されてしまいます。

今までは大丈夫だったのですが仕様変更がありトスツイにリプライをすると表示されるようになってしまいました。

そのため@tosを付けて引用リツイートをしましょう。

@tosのあとに文字がある

次は@tosのあとに文字があることです。

@tosが正しい打ち方なのですが@tosの後に文字があるとタイムライン上に流れます。

そのため@tosの後にはスペースを打つようにしましょう。

改行を入れることでも回避することができます。

トスツイがいいね、リツイートされた

次はトスツイがいいね、リツイートされたことです。

トスツイがリツイートされるとどのような場合でもタイムライン上に流れます。

リツイートされないようにするには鍵アカウントにする必要があるのでアカウントを公開している人は回避することができません。

他人のトスツイが見えるタイミング

では他人のトスツイが見えるタイミングを見ていきます。

他人のトスツイが見えるタイミングにもいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

誰かがいいね、リツイートした

まずは誰かがいいね、リツイートした時です。

誰かがいいね、リツイートしたときは問答無用でタイムライン上に流れます。

そのため誰かがいいね、リツイートしたことが原因で流れたことが多いです。

誤ってトスツイにリプライされた

次は誤ってトスツイにリプライされたときです。

リプライでも問答無用でタイムライン上に流れます。

そのため誤ってトスツイにリプライされたことも大きな原因の1つ。

プロフィールからツイートと返信の欄を見た