Wi-Fi使用中にIP設定エラーが発生?原因と対処法を解説!

WiFiは飲食店やキャリア、ホテルなど様々な場所で利用可能です。もちろん自宅の親機や中継機でも接続可能です。ただ、利用中に”IP設定エラー”が表示され接続できない場合があります。この記事では、エラーの原因やAndroidでの対処法の紹介をします。

Wi-Fi使用中に「IP設定エラー」が発生する原因

まずは、WiFi使用中に”IP設定エラー”が発生する原因の解説をします。”IP接続エラー”以外にも、”IPアドレス取得中”とエラーが表示されることがあります。原因は同様のことが考えられます。

“IP設定エラー”の原因は大きく分けて3つあります。もちろんそれ以外の原因の考えられますが、ほとんどの場合は今から紹介する3つが原因です。

“IP設定中エラー”や”IP接続エラー”と表示されるエラーはAndroidにのみ表示されるエラーですが、iPhoneやPC、ゲーム機でも同じようなWiFiの接続エラーが出ることがあり、原因や対処法は同じことが多いので、同じ対処法で対応可能です。

【IP設定エラー原因】①ルーターが原因

“IP設定エラー”になる原因の1つ目は、WiFiルーターです。WiFiルーターとは、WiFiを送信する側の機械です。持ち運び可能なモバイルWi-Fiもルーターの1種です。そのルーターが一時的に不具合を起こしスマホやPC側がWiFiを拾えなくなることで”IP設定エラー”になることがあります。

ルーターも電子機器なので、さっきまで使えていても突然WiFiに接続できなくなることはあります。ただ、接続できなくなったからといって故障してしまっているという訳ではありません。

ルーターは送信機なので、送信機側が上手く送信できていないと、受信機側に問題がなくてもWiFiに接続できないことがあります。

【IP設定エラー原因】②ケーブルが原因

“IP設定エラー”になる原因の2つ目は、ケーブルです。ルーターに接続している配線が接続不良であったり、経年劣化で、ケーブルに不具合が起きることがあります。WiFiなので、ケーブルは関係ないと思われがちですが、ルーターなどに接続しているケーブルに問題が起きていることもあります。

【IP設定エラー原因】③デバイスが原因

“IP設定エラー”になる原因の3つ目は、デバイスです。デバイスとは、PCやスマホ、ゲーム機など、WiFiを受信する側です。ルーターと同様にデバイス側の問題でWiFが接続できないこともあります。

ルーターの時と反対で、送信機側に問題がなくても、受信機側に問題が起きているとWiFiに接続するkとができません。1つのデバイスだけ接続できない場合は、デバイスに原因がある可能性が高くなります。

【IP設定エラー原因】④原因を特定する方法

”IP設定エラー”の原因は紹介した3つがほとんどです。どれが原因なのか具体的にし、対処したい場合は、繋がらないデバイス以外のデバイスがあれば特定できる可能性があります。

他のデバイスを使い、WiFiに繋がらないならルーターやケーブルの問題、繋がるなら、デバイス側の問題と特定することができます。原因を特定しておけば、対処もより簡単になります。

「IP設定エラー」の対処法

”IP設定エラー”になってしまう原因は理解できたと思います。では、ここからは、エラーが出た時の対処法について解説をしてきます。WiFiに繋がらなくなっても自分で簡単に対処できるものが多いので、一度簡単な物から試してみましょう。

【IP設定エラー対処法】問題の切り分けを行う