お役立ち(情報)

Wi-FiでIP設定エラーの原因と対処!AndroidのIPアドレス取得中も

AndroidスマホでWi-Fi接続時に「IP設定エラー」や「IPアドレス取得中」とエラー表示されてインターネット接続に失敗することがあります。本記事ではその原因と対処法を説明します。また、ホテルなどでWi-Fi接続エラーとなる場合の対処法も説明します。

Wi-Fi使用中に「IP設定エラー」が発生する原因

Wi-Fi使用中に"IP設定エラー”や"IPアドレス取得中”というエラーメッセージが表示されて、インターネット接続に失敗することがあります。

"IP設定エラー”となる主な原因には以下に示す3つのケースがあります。もちろん、これ以外の原因も考えられますが、ほとんどの場合は今から紹介する3つが原因です。

"IP設定中エラー”や”IP接続エラー”というエラーメッセージは、Androidデバイスに固有のものです。iPhoneやPC、ゲーム機でも、Wi-Fiの接続エラーとなる場合がありますが、原因や対処法は、今回のケースと同様の場合も多いので、参考にしてみてください。

【IP設定エラー原因】①ルーターが原因

Wi-Fiルーターの一時的な不具合などにより、AndroidスマホなどがWi-Fi接続ができない場合に"IP設定エラー”というメッセージが表示されることがあります。

AndroidデバイスをWi-Fiでインターネットに接続するには、Wi-Fiルーターが必要です。Wi-Fiルーターは、それ自体はLANに接続されており、AndroidデバイスなどWi-Fi通信が可能な機器を無線でLANに接続する機器です。無線LAN親機とも呼ばれます。

Wi-Fiルーター本体の機器故障のみならず、ファームウェアなどの一時的な不具合などによっても、突然、Wi-Fiに接続できなくなることがあります。

Androidデバイスには問題がなくとも、Wi-Fiルータに不具合があると、Wi-Fiに接続できなくなってしまいます。

【IP設定エラー原因】②Androidデバイスが原因

当然のことながら、Androidデバイスに問題が発生していることで、"IP設定エラー”のメッセージが表示され、Wi-Fi接続できなくなることがあります。

W-Fiルーターには、Andoridデバイス・パソコンなど複数のデバイスを接続することが可能です。複数のデバイスを接続している時に、1つのデバイスだけが接続できない場合は、デバイス側に動作不良などの原因がある可能性が高くなります。

【IP設定エラー原因】③ケーブルが原因

インターネット接続のためのLANケーブルが原因で"IP設定エラー”のメッセージが表示される場合があり得ます。

自宅でWi-Fiルーターを使用している場合、Wi-FiルーターはLANケーブルでONUなどに接続します。LANケーブルが接続不良であったり、ケーブル自体が経年劣化で接続不良となる場合があります。

Wi-Fi接続にはケーブルは関係ないと思われがちですが、ルーターなどに接続しているケーブルに問題が起きていることもあるのです。

【IP設定エラー原因】④原因を特定する方法

”IP設定エラー”のメッセージが表示される主な原因を3つ紹介しました。エラーに対処するには、具体的に、どのデバイスの何が原因なのか、原因の特定が必要です。

Wi-Fi接続の場合は、複数のデバイスをWi-Fi接続して使う場合があります。同じWi-Fiルータに接続しているデバイスがもう1台あると、エラー原因を特定できる可能性があります。

もう1台のデバイスが正常にWi-Fi接続できないのであれば、ルーターやケーブルに問題が発生している可能性が高くなります。逆に、正常にWi-Fi接続可能なら、デバイス側の問題の可能性が高いのです。

「IP設定エラー」の対処法

これまで、”IP設定エラー”メッセージが表示される原因を説明してきました。以下では、”IP設定エラー”のエラーが発生した場合の対処法を説明します。

Wi-Fiに繋がらなくなっても、自分で簡単に対処できるものも多いので、順次、可能な対処法から試してみてください。

まずは問題の切り分けを行う

Wi-Fiが接続できない原因の最後に、原因を特定する方法について触れました。具体的に何をすれば問題の切り分けを行えるのかを解説をします。

最も簡単なのは、もう一台Wi-Fiに接続できるデバイスを用意します。

用意できたデバイスをWi-Fi接続してみて、繋がらなければルーター側、繋がればデバイス側に原因がある可能性が高くなります。

こうした問題の切り分けを行うことで、試してみる必要のある対象法の候補を絞り込むことができます。ぜひ、切り分けに挑戦してみてください。

【IP設定エラー対処法】①Wi-Fiルーターの再起動

”IP設定エラー”対処法の1つ目は、Wi-Fiルーターの再起動です。まずは、Wi-Fiルーターが正常に動いているかどうかを確認してみてください。多くのルーターでは、正常動作中かや異常発生中かなどが、ルーター本体のランプでわかるようになっています。

ランプが以上表示の場合は、説明書などで以上の原因を調べて、機器故障の場合は、修理や取り換えが必要です。

特に異常ランプが点灯していないようであれば、再起動してみてください。ルーターには電源ボタンが備わっていない場合もあるので、電源ケーブルを抜き差ししてみましょう。

再起動には1~2分程度かかります。ランプで起動処理の終了が確認出来たら、デバイス側でWi-Fi接続ができているかを確認をしてみましょう。

【IP設定エラー】②モデムの再起動

自宅に光回線を引き込んでいる場合は、モデムまたはONUという通信機器が契約しているプロバイダから提供されます。モデムは、光回線を屋内に引き込むための装置です。モデムにLANケーブルでパソコンやWi-Fiルータなどを接続します。また、電話やTVなどの接続口も設けられています。

Wi-FiルーターはLANケーブルでモデムに接続して使用します。モデム自体に何らかの問題が発生している場合はインターネットに接続できません。Wi-Fiルーターと共にモデムも再起動しておくようにしましょう。モデムの再起動も電源の抜き差しで行います。

【IP設定エラー対処法】③Androidデバイスの再起動

Wi-Fiルーターなどの通信機器に問題がないようであれば、Androidデバイスを再起動してみてください。どんな電子機器でもそうですが、なにか違和感を感じたら再起動することをおすすめします。再起動は最も簡単な対処法かつ、有効な対処法です。

なお、再起動では、電源を切って完全にシャットダウンして、デバイスの状態をリセットするのがポイントです。スリープなど電源が入った状態のままの場合は、デバイスの状態がリセットされません。

再起動することで、一時的な不具合なら簡単に改善することが多いのです。

【IP設定エラー対処法】④Wi-Fiのパスワードの確認

自宅外などWi-Fiスポットが切り替わった時に、”IP設定エラー”メッセージが表示される場合は、Wi-Fiのパスワードを確認して見ましょう。

自宅のWi-Fi環境であれば、パスワードが勝手に変わることはありませんが、自宅外などWi-Fiスポットなどでは、Wi-Fiのパスワードを変更している可能性もあります。

【IP設定エラー対処法】⑤Wi-Fiルーターのファームウェアアップデート

Wi-Fiルーターのファームウェアのバージョンが古いことが原因で、”IP設定エラー”メッセージが表示される場合があります。

パソコンでWi-Fiルーターの管理画面を表示するなどして、バージョンを確認して見てください。また、Wi-Fiルーターの販売元がファームウェアのアップデートを提供していないかも確認しましょう。

Wi-Fiルーターのファームウェアのバージョンが古い場合は、最新バージョンにアップデートしましょう。ファームウェアのアップデート方法はそれぞれ違うので、自身の使っているWi-Fiルーターの販売物ホームページで確認するか、相談窓口などに問い合わせてみてください。

ファームウェアにアップデートには少し時間がかかることも、失敗するとwi-Fiルータが動かなく可能性があることから慎重に行いましょう。

【IP設定エラー対処法】⑥AndroidのOSをアップデートする

AndroidOSのバージョンが古いことが原因で、”IP設定エラー”メッセージが表示される場合があります。Androidに限ったことではありませんが、OSのアップデートでは、OSの不具合修正や新機能の追加などが反映されています。

OSのアップデートはセキュリティの強化も兼ねているので、最新バージョンが配布されたらできるだけ毎回アップデートするようにしましょう。Androidのアップデートをする前にはデータのバックアップの作成もセットで行っておくと安全です。

【IP設定エラー対処法】⑦Androidの初期化

Androidの設定ファイルや内部状態などに問題が発生したことが原因で、”IP設定エラー”メッセージが表示される場合があります。

すぐに不具合が発見できて自分で解決できれば良いのですが、設定ファイルの破損などは自分では修正することは困難な状態に陥っている場合があります。こうした場合には、デバイスの状態を出荷時の状態に初期化するしか、問題解決の方法はありません。

OSを初期化するのは手間がかかります。さらに、データも初期化されるので、バックアップの作成も必要です。初期化をする前にサポートセンターやキャリアのスタッフに相談してみるのもおすすめです。

【IP設定エラー対処法】⑧Androidのデバイス名変更

Androidスマートフォンのデバイス名が原因で、”IP設定エラー”メッセージが表示される場合があります。

Androidスマートフォンのデバイス名に特殊文字や環境文字を利用していると正しくAndroidスマートフォンのデバイス名とIPアドレスの紐づけができずエラーが発生したり、不具合が発生するのです。

Androidデバイスの名称を確認して、使用できない文字を使っている場合は、名称を変更しておきましょう。

【IP設定エラー対処法】⑨IPアドレスを自動取得

Androidデバイスのネットワーク設定において、IPアドレスを手動で間違った値に設定したことが原因で、”IP設定エラー”メッセージが表示される場合があります。

この場合は、DHCP機能を利用して、AndoridデバイスがWi-FiルーターからIPアドレスを自動取得するように設定を修正してみてください。

なお、Wi-FiルーターがDHCP機能により、自動で割り当てることのできるIPアドレスの個数には上限があります。家庭内でスマホなど複数の機器をWi-Fiで利用する場合は上限を超えないように注意しましょう。

【IP設定エラー対処法】⑩固定IPアドレスの利用

AndroidスマホでWi-Fiを利用する際は、DHCP機能を利用することは一般的です。しかし、Wi-Fiルーターが複数ある場合は、DHCP機能で割り当てるIPアドレスが重複していまい、それが原因で、”IP設定エラー”メッセージが表示される場合があります。

この場合は、DHCP機能を利用せず、固定IPアドレスを割り当ててみてください。固定設定する場合は、利用されていないIPアドレスであることを確認するようにしましょう。

【IP設定エラー対処法】⑪ADSLを使用している場合の対処

最近は光回線が普及しており、ADSLを利用する機会は減っています。しかし、まだ、ADSLを使用している場合は、ADSLモデムがWi-Fiに対応可能であるかを確認が必要です。

Wi-Fiの通信規格は、技術進歩に伴い、新しい規格が次々に制定され、Andoridデバイスもそれらを取り込んでいます。このため、古いADSLのモデムでは、Wi-FIの規格などに対応できずに、Wi-Fi接続に失敗する可能性があります。簡単に言うと最新のデバイスには非対応ということです。

Wi-Fiルーターの設定を変更することで対策は可能ですが、設定変更には少し専門的な操作が必要になるので、Wi-Fiの販売元に相談することをおすすめします。

中継機が原因で繋がらない場合の対処法

ここからは、Wi-Fiの中継機が原因で繋がらない場合について解説します。

Wi-Fiでは無線で通信を行いますが、無線は距離が離れると電波が弱くなり繋がらなくなってしまうのです。

そこで、Wi-Fi中継機を設置することで、親機から離れた場所でもWi-Fi接続できるようにします。しかし、Wi-Fi中継機が原因でWi-Fiに繋がらないことがあります。

ブリッジモードにする場合

Wi-Fi中継機をブリッジモードで使用すると、Wi-Fiルーターと同一のSSID・パスワードで、Wi-Fi中継機の無線を拾うことができます。

ブリッジモードはAPモード(アクセスポイントモード)とも呼ばれます。Wi-Fiルーターが上位にあることが前提の機能です。Wi-Fi中継機のルータスイッチをAUTOにしてくことで、Wi-Fi中継機のルータ機能のON/OFFを自動で行います。

中継モードにする場合

Wi-Fi中継機を中継モードで使用すると、無線親機の電波を中継することで、無線親機から離れた場所でも無線を拾うことができます。

中継モードはWBモード(ワイヤレスブリッジモード)とも呼ばれます。中継モードはお無線親機と親機で接続しながらその電波を中継するので、一般的な無線ルータではサポートしていない機能です。

ホテルでWi-Fiが繋がらない場合の対処法

次のページへ >