Wi-Fi使用中にIP設定エラーが発生?原因と対処法を解説!

WiFiは飲食店やキャリア、ホテルなど様々な場所で利用可能です。もちろん自宅の親機や中継機でも接続可能です。ただ、利用中に”IP設定エラー”が表示され接続できない場合があります。この記事では、エラーの原因やAndroidでの対処法の紹介をします。

Wi-Fi使用中に「IP設定エラー」が発生する原因

まずは、WiFi使用中に”IP設定エラー”が発生する原因の解説をします。”IP接続エラー”以外にも、”IPアドレス取得中”とエラーが表示されることがあります。原因は同様のことが考えられます。

“IP設定エラー”の原因は大きく分けて3つあります。もちろんそれ以外の原因の考えられますが、ほとんどの場合は今から紹介する3つが原因です。

“IP設定中エラー”や”IP接続エラー”と表示されるエラーはAndroidにのみ表示されるエラーですが、iPhoneやPC、ゲーム機でも同じようなWiFiの接続エラーが出ることがあり、原因や対処法は同じことが多いので、同じ対処法で対応可能です。

【IP設定エラー原因】①ルーターが原因

“IP設定エラー”になる原因の1つ目は、WiFiルーターです。WiFiルーターとは、WiFiを送信する側の機械です。持ち運び可能なモバイルWi-Fiもルーターの1種です。そのルーターが一時的に不具合を起こしスマホやPC側がWiFiを拾えなくなることで”IP設定エラー”になることがあります。

ルーターも電子機器なので、さっきまで使えていても突然WiFiに接続できなくなることはあります。ただ、接続できなくなったからといって故障してしまっているという訳ではありません。

ルーターは送信機なので、送信機側が上手く送信できていないと、受信機側に問題がなくてもWiFiに接続できないことがあります。

【IP設定エラー原因】②ケーブルが原因

“IP設定エラー”になる原因の2つ目は、ケーブルです。ルーターに接続している配線が接続不良であったり、経年劣化で、ケーブルに不具合が起きることがあります。WiFiなので、ケーブルは関係ないと思われがちですが、ルーターなどに接続しているケーブルに問題が起きていることもあります。

【IP設定エラー原因】③デバイスが原因

“IP設定エラー”になる原因の3つ目は、デバイスです。デバイスとは、PCやスマホ、ゲーム機など、WiFiを受信する側です。ルーターと同様にデバイス側の問題でWiFが接続できないこともあります。

ルーターの時と反対で、送信機側に問題がなくても、受信機側に問題が起きているとWiFiに接続するkとができません。1つのデバイスだけ接続できない場合は、デバイスに原因がある可能性が高くなります。

【IP設定エラー原因】④原因を特定する方法

”IP設定エラー”の原因は紹介した3つがほとんどです。どれが原因なのか具体的にし、対処したい場合は、繋がらないデバイス以外のデバイスがあれば特定できる可能性があります。

他のデバイスを使い、WiFiに繋がらないならルーターやケーブルの問題、繋がるなら、デバイス側の問題と特定することができます。原因を特定しておけば、対処もより簡単になります。

「IP設定エラー」の対処法

”IP設定エラー”になってしまう原因は理解できたと思います。では、ここからは、エラーが出た時の対処法について解説をしてきます。WiFiに繋がらなくなっても自分で簡単に対処できるものが多いので、一度簡単な物から試してみましょう。

【IP設定エラー対処法】問題の切り分けを行う

WiFiが接続できない原因の最後に、原因を特定する方法について触れました。具体的に何をすれば問題の切り分けを行えるのかを解説をします。最も簡単なのは、もう一台WiFiに接続できるデバイスを用意します。

用意できたデバイスにWiFiを接続してみて、繋がらなければルーター側、繋がればデバイス側に原因がある可能性が高くなります。問題の切り分けを行うだけで、必要のない対処法を省くことができます。

【IP設定エラー対処法】①Wi-Fiルーターの再起動

”IP設定エラー”の1つ目は、WiFiルーターの再起動です。まずは、WiFiルーターが通常通り動いているかどうかを確認します。多くのルーターは、通常時や異常時などランプでわかるようになっています。

ルーターが問題なく動いているのが確認できたら、再起動させてみましょう。ルーターには電源ボタンが備わっていない場合もあるので、電源ケーブルを抜き差ししてみましょう。

再起動には1分から2分程度かかるので、ランプが通常時に戻ったらデバイス側でWiFiの接続が戻っているか確認をしてみましょう。

【IP設定エラー】モデムの再起動してみる

自宅でWiFiを使うには、WiFiルーター以外にモデムという機械も存在します。モデムは、プロバイダと契約をすると提供される物で、ネットを繋ぐための大元の機会です。モデムに原因があるということも考えられるので、WiFiルーターと共にモデムも再起動しておくと手間が省けます。

【IP設定エラー対処法】②Wi-Fiのパスワードの確認

”IP設定エラー”の2つ目は、WiFiのパスワードの再確認です。自宅のWiFiであれば、パスワードが勝手に変わることはありませんが、念のためにWiFiのパスワードを確認して、再入力してみましょう。

【IP設定エラー対処法】③Wi-Fiルーターのファームウェアアップデート

”IP設定エラー”の3つ目は、WiFiルーターのファームウェアのアップデートです。ファームウェアとは、PCやスマホのOSのようなものです。WiFiルーターの不具合が出た場合、WiFiルーターの販売元がファームウェアのアップデートを提供しています。

そのファームウェアをアップデートして、”IP設定エラー”が改善するかどうかを確認してみましょう。ファームウェアのアップデート方法はそれぞれ違うので、自身の使っているWiFiルーターの販売物ホームページで確認するか、相談窓口に電話してみましょう。

ここまでがルーター側の原因の対処法です。再起動やパスワードの確認はすぐに行えますが、ファームウェアにアップデートには少し時間がかかることもあるので、時間があるときに行うようにしましょう。

【IP設定エラー対処法】④Androidの再起動

”IP設定エラー”の4つ目は、Androidの再起動です。ここからは、デバイス側の原因の対処法です。どんな電子機器でもそうですが、なにか違和感を感じたら再起動することをおすすめします。再起動は最も簡単な対処法かつ、有効な対処法です。

Androidに関わらず、iPhoneでもPCやゲーム機でも、スリープではなく完全にシャットダウンし、再起動することで、一時的な不具合なら簡単に改善します。

【IP設定エラー対処法】⑤AndroidのOSをアップデートする

”IP設定エラー”の5つ目は、Androidのアップデートです。OSのアップデートもAndroidに限ったことではありませんが、OSに不具合や修正、新機能の追加など常に行っています。アップデートしたことでエラーが頻発することも可能性としてあります。

OSのアップデートはセキュリティの強化も兼ねているので、最新バージョンが配布されたらできるだけ毎回アップデートするようにしましょう。Androidのアップデートをする前にはデータのバックアップの作成もセットで行っておくと便利です。

【IP設定エラー対処法】⑥Androidの初期化

”IP設定エラー”の6つ目は、Androidの初期化です。何かの影響でシステム内に大きなバグが発生したことが原因で”IP接続エラー”になった場合は、OSの初期化が必要です。OSの初期化もAndroidに限らず、全てのデバイスで同様のことが言えます。

ただ、OSを初期化するのは手間がかかります。さらに、データも初期化されるので、バックアップの作成も必要です。初期化をする前にサポートセンターやキャリアのスタッフに相談してみるのもおすすめです。

【IP設定エラー対処法】⑦ADSLを使用している場合

”IP設定エラー”の7つ目は、ADSLを使用している場合の対処法です。古いADSLのモデムを使っていると最新のスマホにはIPアドレスが割り当てられません。簡単に言うと最新のデバイスには非対応ということです。

WiFiルーターの設定を変更することで対策は可能ですが、設定変更には少し専門的な操作が必要になるので、WiFiの販売元に相談することをおすすめします。

中継機が原因で繋がらない場合

ここからは、WiFiの中継機が原因で繋がらない場合について解説をしていきます。WiFiの中継機とは、親機から離れてWiFiを拾う場合に、電波が弱くなってしまうので、中継機を設置することでWiFiを拾いやすくすることができます。ただ、その中継機が原因でWiFiに繋がらないことがあります。

WiFiルーターにはブリッジモードとルーターモードの2つのモードを搭載しています。それぞれ対処する方法を紹介していきます。

ブリッジモードのままにする場合

中継機をブリッジモードのままにする場合は、WiFiルーターの設定画面から、”LAN側IPアドレス”の設定を行い、”サブネットマスク”の設定も行います。そして、拡張設定で”表示する”をONにします。

ルーターモードにする場合

中継機をルーターモードにする場合は、親機の設定を見直しをして、中継機を繋ぎ直す為に、中継機をリセットします。親機の詳細設定に関しては、ルーター毎に違うので、製造元のホームページで確認をしましょう。

ホテルでWi-Fiが繋がらない場合

ここからは、ホテルに備え付けのWiFiが繋がらない場合の対処法について解説をしていきます。基本的にはホテルなどでも、適切なWiFiに接続をしパスワードを入力すれば繋がるようになっています。

ホテルによっては、WiFiがステルス設定になっている場合があります。WiFiがステルス設定になっているとSSIDを入力してWiFiを自身で探す必要があります。

管理者に確認

ホテルでWiFiに接続ができない場合は、ホテルに備えつけのWiFiの案内を確認してみましょう。わからない場合は、フロントなど管理者に確認をして繋ぎ方を教えてもらうのが賢明です。

海外のホテルだと、WiFiがステルス設定になっていて、繋ぎたいWiFiを自動で検知せず、自分でSSIDを入力する場合があります。わからない場合はすぐに管理者に相談しましょう。

AOSS機能を使う

ホテルのWiFiのSSIDやパスワードがわからない場合は、AOSS機能を使うこともできます。ただ、バッファローのルーターでしか使えないので、海外のホテルの場合は、言葉が通じないと難しいかもしれません。

キャリアのWi-Fiが繋がらない場合

ここからは、キャリアのWiFiが繋がらない場合の対処法の解説をしてきます。飲食店などに設置してあるWiFiの多くは、キャリアが提供しているものです。各キャリア毎に設定などが必要になる場合があります。

必ず各キャリアのWiFi接続に必要な設定を確認しましょう。必要な設定をしてあってもWiFiに繋がらない場合は、WiFiに繋がらない時の対処法を1つずつ試してみましょう。

docomoの場合

docomo WiFiの場合は、2通りの接続方法があります。SIM認証対応と、SIM認証を解除した場合です。少し接続方法が違うので注意が必要です。

SIM認証

SIM認証をしてあるスマホでdocomo WiFiに接続する場合は、WiFi接続から”0001docomo”をタップするだけで接続することが可能です。docomoと契約をしていればSIM認証は完了しているので、通常繋がらないことはありません。

docomo Wi-Fi IDとパスワード

docomo Wi-Fi IDとパスワードでもdocomo WiFiに接続することが可能です。docomo Wi-Fi設定サイトでWiFi接続に必要な情報は確認できるので、確認してWiFiに接続してみましょう。

SoftBankの場合

SoftBankのWiFiスポットを利用する場合は、SoftBankの”Wi-Fiスポット設定”というアプリが必要です。GooglePlayでダウンロードしましょう。画面に沿って初期設定を済ませておけば、次回からは簡単にWiFiスポットを使うことができます。

auの場合

auのWiFiスポットを利用するには、SoftBankと同様に専用のアプリが必要です。”au Wi-Fi接続ツール”というアプリが必要なので、必ずダウンロードして初期設定を終わらせましょう。設定を完了しておけば、次回からは簡単に接続が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?現在は高画質の動画視聴などで、かなり多くの通信量がかかります。データ通信料を使って高画質の動画を見ると簡単に月の上限に至ってしまう可能性があります。

その点、WiFiに接続をしておけば、データ量を抑えることができ、家計も抑えることができます。5Gが一般的になればWi-Fiですら速度が遅いと感じる時代がきますが、まだ5Gは導入時なので、浸透するまでにはまだ少し時間がかかります。

それまではまだWi-Fiを活用することで、様々なメリットがあります。Wi-Fi接続時にエラーが出た際の参考にしていただければ幸いです。ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。