【iTunes】iPhoneが認識されない!?原因や対処法を紹介!

バックアップ

iPhoneのデータを別の端末に移動する場合、内部データをHDD等の保存媒体にバックアップする必要があります。
HDD等の物理的な媒体に保存する以外にもオンライン上のiCloudに保存する事でバックアップを取ることができます。

iCloudにバックアップで移行する

iCloudは基本的に「Apple ID」を発行すると利用できるようになります。基本的にバックアップは自動で行われており、データ移行も新しい端末で同一の「Apple ID」でログインする事でバックアップデータから引継ぎを行う事ができます。
なお容量自体は少ないため、きちんとバックアップを取りたいと考えている方は有料プランへの切り替えをお勧めします。

音楽の同期

iPhoneで音楽を聞いている方は、音楽データの移動も必要になってきます。データ移行にはiCloudのミュージックライブラリを使用する事で移行できます。

AppleMusicのiCloudミュージックライブラリを使う

1.iPhoneで設定をタップし「ミュージック」を選択します。
2.ライブラリの「ライブラリを同期」をONにするとバックアップが開始されます。

写真の移行

次にiPhone等の最近の端末ではカメラの性能が良くなったこともあり、大量の写真データを端末に保存していることがあります。
Icloudのバックアップが正常に動作している場合はIcloud経由でデータの移行が可能になります。

ブラウザのiCloud.comからダウンロードする

iCloud.comを利用する事でブラウザ上で選択した画像・写真データをダウンロードする事ができます。

まとめ

以上、iPhoneのバックアップ、データ移行、音楽転送等で利用する事が多いitunesで認識されない場合の対処法について紹介しました。
この記事を読んで、iPhoneがitunesで認識されない場合の対処法の参考にしていただけると幸いです。

関連する記事