iPhone6/6Plusでスクリーンショットできない時のやり方!設定方法。

この記事は約 3 分で読むことができます。

ども、Apple Geekです!今回はiPhone6/PlusをはじめとするiPhoneシリーズでスクリーンショットを撮る基本的方法とできない時の裏技的やり方ををご紹介していきます。

iPhoneスクリーンショット

iPhoneには画面スクリーンを撮影できるスクリーンショットという機能が搭載されています。

気になるWEBページやアプリのゲーム画面などを写真として保存したい場合にスクリーンショットが活躍します。

今回は、基本的jなスクリーンショットの使い方とスリープボタンが故障してスクリーンショットできない場合の設定方法をご紹介していきます。

Sponsored Links



スクリーンショットの基本的な使い方

スクリーンショットの方法は簡単です。

撮影したいページを開き、「スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に長押しで撮影できます。以下はiPhone6/Plusの場合のボタン位置です。

iphoneスクリーンショット
iPhone5の場合は、スリープボタンが上面の右にあります。

スリープボタンが故障している場合の対処方法

スリープボタンが故障している場合でも、AssistiveTouchという機能を使えばスクリーンショットを同じように撮影することができます。

1.ホーム画面の「設定」をタップし「一般」をタップします。

スクリーンショット使い方01

2.「アクセシビリティ」をタップします。

スクリーンショット使い方02

3.「AssistiveTouch」をタップします。

スクリーンショット使い方03

4.AssistiveTouchをオンにします。(白→緑)

スクリーンショット使い方04 スクリーンショット使い方05

5.撮影したいページを開き、白い丸アイコンが表示されているのでタップすると操作画面が表示されます。次に「デバイス」をタップします。

スクリーンショット06

6.「その他」をタップします。

スクリーンショット使い方07

7.「スクリーンショット」をタップすると撮影できます。 

スクリーンショット08

故障してスリープボタンが使用できない場合でも、AssistiveTouchを利用すれば通常通りの機能を使えるようになります。

便利なのでぜひご活用ください!

執筆者:Apple Geek

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイト au▶︎予約 docomo01 ▶︎予約 softbank01 ▶︎予約
予約開始日 9月15日 16:01~
発売日 9月22日
容量 64GB/256GB
カラー スペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能 A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細 基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す