【iPhone】LINEの着信音の音量を変更する方法!

Bluetooth スピーカーを使う

BOSE

無線で iPhone と接続することが出来る Bluetooth スピーカー、これを使えば、 iPhone の通知音をスピーカーから流す事ができるので、離れた場所に居ても通知に気付きやすくなります。

(但し、無線の電波が通じない程距離がはなれてしまうと、当然音は流れません。)

もちろん、通知音だけでなく音楽再生にも使えるので、台所でスピーカーを置いて、音楽を聴きながら料理をするなんて事にも利用できます。

iPhone で着信があった場合は、再生中の音楽が一時停止して通知音が鳴るので、聞き逃す心配もありません。

車の中で使うなら100均のドーム型拡声器が便利

車

車で移動することが多い方だと、着信音を大きくしても騒音でかき消されてしまう、といったケースもあるかもしれません。

そんな時は、100円ショップで購入できるスマホ用のドーム型拡声器が便利です。

これは、一部分がカットされたドーム状の形をした製品で、中にスマホを入れると、スピーカーから出てきた音がドームの中で拡声されて大きくなるというもの。

場所もとりませんし、追加で電源などが必要になったりもしないので、低コストに音量を上げたい方にお勧めです。

AppleWatchを使ってみる

apple watch line

ここまで、通知音量を上げるというアプローチで、いくつかの方法をご紹介してきました。

しかし、これでも上手く行かない場合や、環境によりこうした方法を使うことができない場合もあると思います。

そんな時の最終手段が、AppleWatchです。

このAppleWatchには LINE のアプリが用意されているので、インストールすればAppleWatch側で通知を受け取ることができます。

バイブレーション機能も搭載されているので、マナーモードの時も大丈夫。

ブルっとAppleWatchが手首で震えるので、通知を見逃す事も殆どなくなります。

チラ見だけで内容を軽く把握できるので、初期投資は高くなりますが、個人的に一番お勧めの方法です。

▶︎【Apple Watch】LINEの返信方法を1分でマスター!初心者へ徹底解説。
▶︎【Apple Watch】LINEの通知と設定方法!便利な2つの機能がスゴイ!?

iOS 10なら、 LINE の通知音問題が改善されるかも!?

iOS10

実は、今秋登場の iOS 10からは「電話」アプリの機能がApple製以外のアプリにも開放される為、開発者側が対応すれば、 LINE でも通常の電話と同じように、ロック画面から直接着信を受けられるようになるのです。

着信音の部分については現状わかっていませんが、Appleの発表を見る限り「電話の着信と LINE などのVoIPの着信を利用者が気にせず iPhone を使える」よう画面がデザインされているので、何らかの改善が行われる可能性も十分あるでしょう。

まとめ

iPhone で LINE の着信に気づくには、設定から着信音量を変えるのが手っ取り早そうです。

もし、家の中で iPhone を使うなど、 iPhone を携帯しない場合には、ドーム型拡声器やBlurtoothスピーカーを使うと着信音をあまり大きくしなくても LINE の着信に気付きやすくなって、便利ですね。

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

▶︎【iPhone編】 LINEのロック画面で速攻着信を取る4つの方法+αとは?
▶︎【最新】iPhoneでLINE画面を開かなくても着信表示をさせる方法とは?

コメントを残す