tiktokがなくなるのはデマ?その理由と真相に迫ります!

Tiktokは最近中国とアメリカの関係悪化により、よくニュースで報道されるようになっています。今後Tiktokはなくなる可能性があるのでしょうか。ここではtiktokアプリが今後なくなるのかや今どんな問題があるかについて紹介していきます。

tiktokがなくなる?!その理由と可能性に迫ってみた

Tiktokは、中国製のアプリで日本だけではなく世界中で多くのユーザが活用しているアプリケーションになっています。しかし最近そのtiktokアプリをはじめとした中国製アプリについて問題視されることが増えてきています。今後Tiktokアプリはなくなってしまうのか、現在問題になっている理由やなくなる可能性についてチェックしてみましょう。

アメリカやインドの国がtiktokの利用を禁止したため

そもそもTiktokアプリをはじめとした中国製アプリの利用を禁止し始めたのは、アメリカやインドの国です。これは最近流行っているコロナウイルスによってアメリカと中国間の関係悪化が関係しています。中国から広まったコロナウイルスの影響でアメリカやインドは中国に対して非常に厳しい外交を行っています。その規制の一つとしてtiktokアプリの使用禁止の法律が作成されようとしています。

個人情報など中国政府に盗まれる危険性があるから

なぜTiktokアプリをはじめとした中国製アプリは危ないや危険と言われているのでしょうか。実はTiktokアプリや中国製アプリは個人情報を中国政府によって盗まれている危険な可能性があるのです。それによってアメリカやインドの政府情報や機密情報に関しても盗んでいるのではないかを言われているのです。なのでアメリカやインドはTiktokアプリをはじめとした中国製アプリの制限を発表をしました。

自民党のルール形成形成戦略議員連盟が中国製アプリの利用を制限すると提言した

最初のうちはTiktokアプリ等から中国政府はデータを盗んでいるのではないかという噂程度でしたが、実際に自民党のルール形成形成戦略議員連盟がTiktokアプリをはじめとした中国製アプリの利用制限をすることを発表し、本格的にTiktokアプリの利用制限が始まりました。

tiktokがなくなる情報はデマ?その真意に迫ります

ここまではTiktokアプリが世界でどのような問題を起こしているのかについて紹介してきましたが、実際にTiktokアプリは今後なくなるのでしょうか。ここではtiktokアプリは実施兄なくなるというう情報が出まわっていますが、実際はどうなのかについて紹介していきます。

tiktokの公式がサービス終了の情報はデマであることを報告している

Tiktokアプリは実際にはまだ利用できるようになっています。Tiktokアプリの公式サイトとでサービスを終了すると発表があったという情報がSNSを中心に出回ったこともありますが、実際にはそのようなことはなくTiktokアプリのサービスを終了することは決まっていません。なので今のところはTiktokアプリは日本でも利用できるようになっています。

なくなりはしないがサービスの内容に制限や規制ができる可能性がある

しかしTiktokアプリが抱えている問題は解決はしていません。なので今後もしかしたらTiktokアプリをはじめとした中国製アプリが急に日本でも利用を禁止することも考えられます。これは政治的な理由で大きく変わってくるためいつそのようになるかはわかりません。なのでニュースやインターネットから情報収集を忘れないようにしてください。

tiktokがなくなることで起こるデメリットは?

実際にTiktokアプリは今度なくなる可能性もあります。Tiktokアプリは現在に日本でも多くのユーザが活用しているサービスの1つです。Tiktokアプリを活用して仕事をしている人もいれば、Tiktokアプリで人の輪を広げている人もいます。ここではもしTiktokアプリがなくなってしまった場合どのようなデメリットが発生するのかを紹介していきます。

tiktokerなど人気ユーザーには痛手となる

まずTiktokアプリがなくなってしまうとTiktokアプリを活用しているTiktokerたちが活躍する場を奪ってしまうことになってしまいます。TiktokerはTiktokアプリを活用して、自分を表現したりまたはTiktokアプリから広告宣伝して仕事に繋げている人もいます。なのでTiktokアプリを仕事としている人は急に自分の仕事を奪われたように感じるでしょう。

アプリを通じて友達が出来なくなるなる

またTiktokアプリはただ動画を配信するだけではなくSNSとして活用している人もいます。Tiktokアプリから友達の輪を広げたり、ビジネスの輪を広げている人もいます。そのような人と人とのコミュニケーション場も奪ってしまうことになってしまうかもしれません。このようにTiktokアプリ1つがなくなるだけで大きく生活が変わってしまう場合もあります。

tiktokがなくなる時に代わりとなるアプリを紹介

Tiktokアプリは今後無くなる可能性もあることはわかって頂けましたでしょうか。もしかしたら明日急にTiktokアプリが危険であると判断されて利用禁止やダウンロード禁止される場合もあります。そんな場合Tiktokアプリの代わりにどのようなアプリを活用すればいいのでしょうか。ここではTiktokアプリがなくなるときに代わりに活用することをおすすめするアプリについて紹介していきます。

①short

まずTiktokアプリがなくなる際に代わりに活用することをおすすめするアプリとしては、Shortsという動画アプリがあります。ShortsはあのYouTubeが提供するTiktokアプリに対応してリリースされた動画配信サービスになっています。Shortsの特徴しては、個別の写真を公開するかしないかを選ぶだけ自動でAIが動画のように編集したり短編動画を作ってくれるようになっています。YouTubeの次に流行るのではないかと言われています。

②BIGO LIVE

またBIGO LIVEもTiktokアプリがなくなると次には流行るのではないかを言われています。BIGO LIVEとは、2014年シンガポールの会社がリリースした動画配信サービスです。推しのユーザに対してハートを送ったり、自分が好きな動画配信者を探し応援できるサービスになっており、シンガポールをはじめとした東南アジア諸国で大変人気なSNSサービスになっています。

③soeasy

Tiktokアプリがなくなった際は、soeasyというアプリも知っておくといいかもしれません。soeasyとは、15秒間限定で動画配信することができる動画配信サービスになっています。なのdTiktokアプリがなくなる際は似たような機能を持っているsoeasyのアプリが次に活用されるのではないかと雑誌やブログで言われています。

④byte

そしてbyteというアプリもTiktokアプリがなくなる場合に若者で活用される可能性がある動画配信サービスです。byteは、6秒間の動画を配信することができるSNSサービスです。Vineの後継アプリとしてbyteは始めあまり注目を集めていなかったのですが、徐々にスポンサーが付いたことで徐々に注目度があがり、今ではTiktokアプリを超えるのではないかを言われています。

⑤SnapChat

またSnapChat(スナチャ)という動画配信サービスも徐々に人気がでています。人の顔を子供の顔にしたり、逆に老けたようにしたりと友達やカップルを中心に人気がでできているアプリの1つです。またアプリ内で作成・加工した動画は友達に送信することもできるアプリにもなっています。

⑥快手(kwai)

快手(kwai)というアプリもTiktokアプリがなくなることになると注目を集めそうなアプリの1つです。快手(kwai)は、元々はGIFの画像加工アプリでしたが、アップデートされることで動画の加工も簡単にできるようになりました。その結果快手(kwai)を利用して動画を加工してSNSでアップデートすることが海外では流行っています。

⑦Dubsmash

そして最後に紹介するおすすめな動画アプリとしては、Dubsmashがあります。Dubsmashは結構前からリリースされており、現在は少し人気は落ちているアプリです。Dubsmashの特徴としては、楽曲や映画の1シーンなどを素材を活用して、そのシーンに合わせて自分が演じて面白おかしく動画を加工するアプリになっています。特にアメリカ映画の1シーンを活用する人が多く、アメリカでは若者を中心にブームになりました。