Twitterで「このモーメントは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。」と表示される場合の対処法

Twitterで「このモーメントは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。」との表示が出てしまうとツイートを見ることができません。

今回は対処法を中心に解説していきますので順を追って対処していきましょう。

「このモーメントは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。」とは

そもそも「このモーメントは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。」とは何故表示されてしまうのでしょうか。

「このモーメントは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。」が表示されてしまう原因としては

  • 画像
  • 動画

にセンシティブなものが含まれている場合にツイートが見れない状態になってしまいます。

Twitter独自の画像・動画判定機能によりそのツイートは表示させるべきではないとフィルターがかかってしまっている状態です。

例えば水着の女性が画像に映っている場合です。

水着の面積にもよりますが、Twitterが「裸の女性」と認識した場合「このモーメントは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。」が表示されます。

特段不適切な画像でもないのにツイートが見れなくなってしまうこともあるので覚えておきましょう。

ツイートを表示できないときの対処方法

ではツイートを表示できないときの対処方法をご紹介します。

1.アプリ

まずTwitterアプリで「このモーメントは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。」が表示されてしまった場合です。

この場合は

  1. Twitterを開く
  2. アカウントアイコンをタップ
  3. 「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」をタップ
  4. 「セキュリティ」→「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」をONにする

でOKです。

2.PC

次はPC版Twitterで「このモーメントは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。」が表示されてしまった場合です。

この場合は

  1. Twitterを開く
  2. アカウントアイコンをクリック
  3. 「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」をクリック
  4. 「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」をONにする
  5. 「変更を保存」をクリック

でOKです。

別アカウントのセンシティブを解除していないか確認

また別アカウントのセンシティブを解除していないか確認する方法もあります。

スマホ版Twitterではアプリからセンシティブ機能をONにするのではなく、ブラウザからONにする必要があります。

しかしその際に以前ログインしていた別のTwitterアカウントのセンシティブ設定を変更しているミスがよくあります。

そのため、別アカウントのセンシティブを解除していないかをチェックしてみましょう。

3.時間を置いて再度確認する

次は時間を置いて再度確認する方法です。

Twitterの仕様上、センシティブを解除できれば速攻ツイートが表示されるようになっています。

しかし、何らかの不具合でなかなかTwitterのほうでセンシティブの解除設定が反映されないことも。

そのため、1時間弱ほど時間を置いて再度確認してみましょう。

4.タスクキルを強制終了

関連する記事