LINEをブロックされたらどうなる?確認するポイントを解説!

LINEでトークを送信してもなかなか既読がつかないと、ブロックされているかを確認したくなります。しかし、ブロックを疑ったことが相手にばれてしまうのは困りものです。

ブロックされていないかを確認する方法には以下のような方法があります。

  • LINEスタンプ・着せ替え・絵文字をプレゼントしてみる
  • ノートを新規作成してトークのサムネイルを確認する
  • グループを作成して参加の可否をチェックする

ここでは、相手に怪しまれずにブロックされていないかを確認する方法として、LINEスタンプ・着せ替え・絵文字をプレゼントしてみる方法を紹介します。

ノートの新規作成やグループトークの作成は、ブロックされてなかった場合に怪しまれる可能性が高いのです。

【ブロック確認方法】LINEスタンプをプレゼントしてみる

LINEでLINEスタンプをプレゼントすることでブロックされていないかを確認する手順は以下のとおりです。

LINEのホーム画面を開く→スタンプを選択→ブロック相手が未所有と思われるスタンプを選択→プレゼントを選択→友だち選択画面でブロック相手を選択→OKを選択→エラー表示を確認する

上記の手順で、エラーの有無により以下のようにブロックを確認できます。

  • プレゼント不可のエラーが出ずに次へ行く場合は、ブロックされていない。
  • プレゼント不可のエラーが表示されたら、ブロック相手が持っていないか、ブロックされているかのいずれか。
  • プレゼント不可のエラーの場合は、複数のスタンプでエラー表示を確認する。

なお、実際にプレゼントは実行しなくてもブロックされているかの判定はできます。

まとめ

LINEでの関わりを断ちたい場合はブロックを使うのが効果的です。というのも、LINEでの関わりを断ったことが相手にバレると面倒なことにもなりかねないからです。ブロックしたことがわかりにくいのですが、バレないというわけでもありません。ブロックした場合のLINEの動きを理解して効果的に使いましょう。