ツイッターで検索できないのはなぜ?原因と対処法を紹介!

特定のアカウントを検索したいのに、できないということがあります。なぜ特定のアカウントが検索できないことがあるのでしょうか。そんなときの対処法をいくつか紹介していきますので、見たいツイッターアカウントを検索しても見られないというときは、ぜひこれから紹介する原因や理由を参考にしてみてください。考えられる原因は5個あるので、そのどれかに当てはまっているなら検索ができません。

検索するときはワードを正しく入れる

ツイッターの検索は検索エンジンと比較して精度があまり高くないので、検索してもなかなか目当てのユーザーが出てこないということがあります。特定のアカウントが検索できないときは、検索ワードが正確かどうかも確かめてみてから、検索ワードを検索窓に打ち込んでみるのをおすすめします。

①アカウントがペナルティを受けている

特定のアカウントが検索しても出てこないというときは、そのアカウントがペナルティを受けているからかもしれません。アカウントがツイッター側からペナルティを受けていると、検索をしても表示されないということがあります。検索ワードは正確なのに、表示されないというときはペナルティを受けていると考えて、改めて検索をしてみてください。

②開設して間もないアカウントである

ツイッターアカウントを開設してまもないアカウントも、検索に出てこない場合があります。そのときは検索ワードではなく、IDが分かっているなら、IDを検索窓に入れたり、ブラウザで検索したりしてみてください。

③登録アドレスが間違っている

相手が登録しているであろうアドレスを検索窓に打ち込んでも、そのアカウントが出てこないということがあります。そのときは登録アドレスが違うアドレスだったりスペルが間違っている場合があるので注意しましょう。

④アカウントがあまり使われていない

アカウントの持ち主があまりそのツイッターアカウントを使っていない場合も、検索しても表示されない可能性があります。IDが分かっているなら、ブラウザなどからIDを検索して、アカウントを探してみてください。

⑤非公開設定である

特定のツイッターアカウントを検索しても出てこないときは、そのツイッターアカウントの持ち主が非公開設定にしている可能性があります。そんなときは相手に、非公開設定を解除してもらうという方法しかありません。

連絡先から検索できない原因

連絡先から、ツイッターアカウントが検索できない場合もあります。その場合の原因を解説していきますので、連絡先のツイッターアカウントが検索できないというときは、原因と対処法を学んだ上で対応してみましょう。

①相手が「連絡先の照合と通知」を許可していない