ツイッターで検索できないのはなぜ?原因と対処法を紹介!

ツイッターで検索できないアカウントがあります。検索できない原因とは何か、そして連絡先から自分の知り合いをこっそりツイッターで検索するにはどのような方法があるのでしょうか。ツイッターの様々な活用方法をぜひ試してみてください。

ツイッターで検索できない時の対処法【アプリの不具合】

?

ツイッターで自分のアカウントが検索できないとなる場合があります。自分のアカウントは確実にツイッターに存在しているのに、なぜ検索できないことがあるのでしょうか。ツイッターで自分のアカウントが検索できないときの原因と対処法をいくつか紹介していきますので、ツイッターで検索できないときの原因を知りたい人はぜひ参考にしてみてください。ツイッターで検索できないトラブルはまれにありますので、覚えておきましょう。

まれに検索できないときがある

ツイッターは様々な設定をしておかないと、検索できないようになっていることがありますが、ツイッターで検索できないようになるのは他に様々な原因が考えられます。ツイッターで検索ができないというときは、慌てずに原因を探り、対処法を講じてみましょう。また、連絡先で知り合いのツイッターを検索できないというときの対処法も紹介しますので、知り合いのツイッターを検索できないというときに、ぜひ参考にしてみてください。

対処法①プライバシー設定を公開にする

ツイッターで連絡先のアカウントが検索できないというときや、自分のアカウントが検索できないというときがあります。その原因の1つとして、プライバシー設定を非公開にしているということがあります。プライバシー設定でツイッターのアカウントが非公開になっていると、自分や連絡先のツイッターアカウントが検索できないようになるのです。ツイッターで検索できないときは、プライバシー設定を公開しておくことで検索できます。

非公開アカウントは便利なシステム

ツイッターで連絡先のアカウントや、自分のアカウントが検索できないときの原因として、アカウントを非公開にしているということが考えられますが、非公開は別に悪いことではありません。いわゆる鍵付きアカウントで、誰にも見られたくない呟きや会話を他人から見られないようにすることができるので便利です。連絡先のアカウントが検索できないとき、鍵付きの可能性があるので、余程の事情がない限り解錠を頼むのはやめましょう。

対処法②セーフサーチをオフにする

連絡先などのアカウント、そして自分のアカウントが非公開でないにも関わらず、検索できないという場合があります。そんなときは、セーフサーチがオンになっている可能性があります。セーフサーチというのは、未成年がツイッターで検索した際、暴力的な表現や性的な表現が目に触れないようにするシステムのことで、このセーフサーチがオンになっていると、自分のアカウントや連絡先のアカウントが表示されなくなってしまうのです。

ブラウザで設定を行う

セーフサーチをオンにするのは、ツイッターの公式アプリではできません。ブラウザから自分のツイッターアカウントにアクセスしてください。アクセスしたら、画面の左上に自分がツイッターアカウントに設定しているアイコンがありますので、そこをタップしましょう。そして検索とプライバシーをタップし、プライバシーとセキュリティ、センシティブな内容を含むメディアを表示するという項目に、チェックを入れれば完了となります。

対処法③アプリを再起動する

ツイッターアカウントを検索できないときはアプリを再起動してみてください。ツイッター側の不具合ということも考えられますが、デバイスの不具合ということも考えられます。そんなとき、デバイスを再起動することはとても役に立つ可能性があるのです。サイトが重くて開けないという場合のときや、アプリがすぐに落ちてしまうなどの場合、デバイスを再起動するとそれらが解消する可能性がありますので、再起動をしてみてください。

再起動の方法は2つある

デバイスを再起動する方法は、従来では1つだけでした。電源ボタンを長押しすることで、再起動するというボタンが出ましたが、現在は再起動の方法は2つあります。電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しして再起動をするか、アクセシビリティタッチを使って再起動するかの2つの方法がありますので、デバイス側のボタンにあまり負担をかけたくないという人はアクセシビリティタッチを使って、デバイスの再起動をしてみてください。

対処法④アプリを最新の状態にアップデートする

アカウントを非公開にもしていないしセーフサーチをオフにもしているのに、自分のツイッターアカウントを検索できないことがあります。また連絡先のアカウントも非公開にしていない、セーフサーチをオフにしているのにツイッターアカウントが検索できないというときは、公式のツイッターアプリのバージョンが最新のバージョンではない可能性があります。公式のツイッターアプリのバージョンが最新かどうかを確認してみてください。

Apple Storeでアップデートをしよう

アップデートをするにはApple Storeを開いて、右上に表示されている青い人型アイコンをタップしてください。その青い人型アイコンに赤い数字が書かれたパッチがある場合は、アップデートが必要なアプリがあるということを示しています。公式のツイッターアプリがアップデートが可能な場合、すべてをアップデートという項目があるのでそこをタップするか、アップデートしたいアプリを個別にアップデートしてみてください。

ツイッターで検索できない時の対処法【通信環境・サーバーの不具合】

ツイッターで自分のアカウントや連絡先の相手のアカウントが検索できないときはプライバシー設定が非公開になっているから公開にしておく、またはセーフサーチをオフにしていく、アプリを再起動する、公式ツイッターアプリを最新の状態にしておくなどの対処法が考えられますが、それでもなお自分のツイッターアカウントや連絡先のツイッターアカウントが検索できないという場合があります。通信やサーバーの不具合が考えられます。

デバイスの電波状況を確認する

通信やサーバーの不具合があると、いくらツイッターの公式アプリのバージョンが最新だとしても、繋がらない場合がありますので、対応してもツイッターアカウントが検索できない場合は、現在の自分のデバイスの電波状況を確認してみてください。電波マークの本数が少なくなっていたり、Wi-Fiに繋がっていない場合がありますので、通信環境やサーバーの不具合で検索できない人は、紹介していく対処法を参考にしてみてください。

対処法①電波状態が良い場所で接続