Gmailが送信できない!キューに追加しましたの意味と解決法は?

「キューに追加しました」と表示されGmailのアプリケーションでメールを送信できない場合で急いで連絡を取る必要がある場合は、Gmailのメールではなく他のツールを利用して連絡をした方がいい場合もあります。もちろんすぐに解決するならGmailでいいのですが、なかなかメール送信できない場合は諦めて、他のツールから友達や相手に連絡を取った方がいいでしょう。

Gmailで「キューに追加しました」と表示されたメールを削除するとどうなる?

ここまではGmailのアプリケーション「キューに追加しました」と表示されメール送信できない場合は対処法や原因についてチェックしてきましたが、「キューに追加しました」と表示され誤って送ってしまったことに気づいた場合は、「キューに追加しました」と表示されたあとにメールを削除することができるのかについて確認してみましょう。

送信される前なら通常通りに削除でき送信処理も取り消される

「キューに追加しました」と表示され「送信トレイ」に入っている場合であれば、送信される前なのでメールを通常通り削除することができます。Gmailのアプリケーションより「送信トレイ」の項目をタップして、対象のメールを選択後、ゴミ箱マークをクリックすることで簡単に削除することができます。

「送信済みトレイ」に入っている場合は送信済みのため送信の取り消しは不可能

しかし「送信済みトレイ」に入ってしまった場合は、送信済みのためメールを削除することができません。なので「送信済みトレイ」に入ってしまっているメールは既に相手に送られてしまっているので、取り消しすることができないので、必ずメールを送る場合は内容や宛先に間違いがないかを確認してから送りましょう。

Gmailで添付ファイル付きのメールのみキューに追加されて送信できない原因は?

Gmailのアプリケーションよりメール送信できず「キューに追加しました」と表示されてしまう原因として、添付ファイルが原因で発生する場合もあります。ここではGmailのアプリケーションで添付ファイル付きでメールを送信するとキューに追加され送信できない原因について最後に確認していきましょう。

Googleドライブの保存容量が不足していないか確認

添付ファイル付きでメールを送信するとキューに追加され送信できない要因としては、Googleドライブの容量不足で発生する場合があります。Gmailで添付するデータはGoogleドライブに一旦保存されるようになっており、添付データが大きいとGoogleドライブの容量不足で「キューに追加しました」と表示され送信できないこともあります。

同期エラーが起きている可能性も

またGmailはGoogleドライブをはじめとして色々なGoogleサービスと連絡しています。そのためGoogleサービス内で同期エラーが発生していると添付ファイル付きでメールを送信するとキューに追加され送信できないことがあります。同期エラーの原因は、単純に同期が遅れている場合とGoogleサービスが原因の場合といくつかあるためすぐに改善しない場合もあります。まずは同期エラーが改善されるかを時間を待ってから確認してみましょう。

まとめ