iPhoneのiOSとは何?Androidとの違いを比較した結果!

この記事は約 9 分で読むことができます。

iOSとは何?macPC・iPhoneに搭載されているiOSとAndroid・Windowsとの違いをわかりやすく説明。最新OSバージョンアップデートのメリット・デメリット他「スマホならiPhone・アンドロイドどちらがいい?」も解。

iOSとは?「OS」が重要な違いになる理由

当記事では、iPhoneを使っているとよく耳にする「iOS」について詳しく解説していきます。
「iOS」とは何なのか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

OSとは何か?

「iOS」について説明する前に、「OS」について解説します。

「OS」とは

OSとは「Operating System(オペレーティングシステム)」の略で、コンピューターの動作システムのことです。

 

スマートフォンやパソコンの操作で送られた命令が、このOSを経由して「アプリケーション」に伝えられることで、命令が実行されます。

 

キーボードで「文字を入力」したり、スマホの「画面をタップ」したりする機能は、すべてこのOSによって動作しています。

OSはスマートフォンやパソコンなどに搭載されており、このうち「iPhoneやiPadなど」に搭載されているOSのことを「iOS」と呼びます。

ちなみに、Apple社のパソコン「Mac」に搭載されているOSは「macOS」「アンドロイドスマホ」に搭載されているOSは「Android」です。

OSの中身

<OSの中身>

  1. ブートローダー
  2. カーネル
  3. デーモン
  4. シェル

「ブートローダー」とは、コンピューターが起動されたときに「OS」を動かすためのプログラムです。

「カーネル」は、メモリやハードディスクなどを管理するプログラムで、ソフトウェアとハードウェアの仲介役となります。

「デーモン」は、ユーザーの操作にいち早く反応するために、常に待機しているプログラムのことです。
「デーモン」のおかげで、メールやチャットが送信された際に、すぐにそれらを受信することができます。

「シェル」は、ユーザーからの入力をパソコンやスマホに伝えるプログラムで、「コマンドプロンプト(Windows)」や「ターミナル(Mac)」のことです。

OSができること

次に、OSができることについて解説していきます。
OSは、主に以下のような機能を持っています。

マルチタスク

最近のOSには「マルチタスク」機能が搭載されています。

マルチタスクとは、複数の命令を実行するための機能のことです。

例えば、iPhoneで音楽を聴きながらLINEの返信ができるのは、このマルチタスク機能があるからです。

メモリ管理

OSには、メモリの利用を効率的に行えるように管理するための「メモリ管理」機能があります。

このメモリ管理によって、たくさんのタスクが整理されて、より多くのメモリを利用できたり、同時並行でタスクが行えたりします。

デバイス管理

OSが持つ機能の一つが「デバイス管理」機能です。

デバイスとは、キーボードやマウス、プリンター、ディスプレイなどの端末本体に接続されるハードウェアのことを指しています。
OSはこれらハードウェアからの入力・命令を管理しています。

例えば、Macのキーボードで入力した文字をディスプレイに表示したり、Mac内の文書をプリンターで印刷したりする作業は、このデバイス管理機能が請け負っています。

API

OSには「API」を提供する機能もあります。

「API」とは、「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)」の略で、アプリケーション開発をする際に、そのOSで使われるプログラム上の機能を簡単に利用できる方法がまとめられているものです。

例えば、「iOS端末独自の画面下からキーボードが現れるAPI」を利用することで、iPhone用に製作しているアプリケーションに、簡単にキーボード機能を搭載することができます。

iOSとAndroidの違い(スマホ)

みなさんが使っているスマートフォンで使われているOSは、「iOS」「Android 」に分かれています。

iOSが使われているスマホが「iPhone」で、Androidが使われているスマホが「アンドロイドスマホ」です。

iOSとAndroidの違い
 開発元対応端末一覧
iOSApple社・iPhone全種
・iPad全種
・iPod touch全種
・AppleTV
AndroidGoogle社・Galaxy S Ⅱ
・XPERIA Z
・AQUOS ZETA
など

iOSとAndroidでは、そもそも「開発元」が異なります。
iOSはApple社、AndroidはGoogle社によって開発されたOSになります。

iOS

iOSはApple社によって開発されたOSで、「iPhone」や「iPad」「iPod touch」など、Apple社の製品にしか搭載されていません

iOSが搭載された端末のことをまとめて「iOS端末」と表現されることもあります。

同じOSを搭載しているため、iOS端末の連携は非常に抜群です。

Android

AndroidはGoogle社によって開発されたOSで、特許はGoogle社が取得していますが、ライセンス料金はかからないため、各メーカーが自社製品にAndroidを搭載することが可能となっています。

そのため、iOSはApple社製品のみに搭載されているのに対し、Androidは「SamsungのGalaxyシリーズ」「ソニーのXPERIA」など、様々なメーカーのスマホに搭載されています。

Android端末のバリエーションは非常に豊富になっている一方で、それぞれの連携は苦手としています。

macOSとWindowsの違い(PC)

みなさんが使用しているパソコンの多くが、「macOS」「Windows」を搭載しています。

macOSとWindowsの違い
 開発元対応端末一覧
macOSApple社・MacBook Pro
・MacBook Air
・iMac
など
WindowsMicrosoft社・Surface Pro
・Lenovo Ideapad 120S
・LAVIE Direct NS
など

macOS

macOSは、Apple社によって開発されたOSで、Apple社のパソコン製品に搭載されています。

macOSが搭載されたパソコンの総称を「Mac」と呼びます。

Windows

Windowsは、Microsoft社が開発したOSで、Windowsを搭載したパソコンのことを「Windows PC」と呼ぶこともあります。

Windows PCは様々なメーカーによって製造されており、多種多様なデザインや機能をもつパソコンがたくさん販売されています。

どちらにも当てはまらない「Linux」とは?

パソコンのOSには、上記のmacOSとWindowsのほかに、「Linux」というものもあります。

「Linux」とはオープンソースなOSのことで、誰でも自由に使用・改変することが認められているOSです。
「ロボット用OS」や「家電用のOS」などとしても活用されています。

iPhoneとアンドロイド(Android)どちらが良い?

「iPhoneとアンドロイド、結局どっちが良いの?」と疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここではiPhoneとアンドロイドスマホの違いや特徴について比較していきます。

iPhoneとアンドロイドの違い

iPhoneとアンドロイドでは「OSが違う」「メーカーが違う」ということはすでに説明しました。

その他にも「端末の価格」「使いやすさ」に違いがあります。

端末の価格

基本的には、「iPhoneは高額 / Androidは安価な端末もある」と理解することができます。

シリーズが新しいiPhoneであれば、端末価格は10万円を超えてきます。
一方、アンドロイドはメーカーや端末によっても異なりますが、「Galaxy S9(64GB):約48,000円~」「Zenfone 5(64GB):約47,000円~」など、iPhoneよりは安い価格設定となっているものが多いです。

使いやすさ

iPhoneとアンドロイドは「使いやすさ」にも違いがあります。

iPhoneには「操作方法が分かりやすい・難しい操作がいらない」という特徴があります。
一方、アンドロイド「カスタマイズ性が高い」という特徴を持っています。

iPhoneのメリット・デメリット

iPhoneには、「スマホ初心者でも扱いやすい」「他のApple製品と連携できる」といったメリットがあります。

直観的に操作できるように作られているので、機械が苦手という方におススメです。
また、「Apple Watch」などと連携することで、それぞれの端末の良さをさらに引き出すことが可能です。

一方、iPhoneには「高額」「自分好みにカスタマイズすることが難しい」というデメリットがあります。

アンドロイドのメリット・デメリット

アンドロイドのメリットには、「端末が比較的格安」「自分好みにカスタマイズできる」といったものがあります。

最も魅力的なポイントは、性能はiPhoneとそれほど変わらないのに「端末が安い」という点です。
スマホにお金をかけたくないという方は、アンドロイドがおすすめです。

一方、アンドロイドのデメリットには、「設定がiPhoneよりも複雑」「Apple製品と連携するのが難しい」といった点があります。

  iPhone iOSとAndroidスマホのシェアを比較

iOSのバージョンアップデートはするべき?メリット・デメリット

時折iOSのバージョンアップデートを行うと、バグや不具合が発生することがあります。

  iPhone/iPadのiOS10アップデートによる不具合まとめ速報

そのため、「iOSのアップデートをするべきかどうか」悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

基本的には、iOSのアップデートが届いた場合、「アップデートするべき」です。
iOSのアップデートには、様々なメリットがあるからです。

iOSアップデートのメリット

  • 新機能の追加
  • 端末のパフォーマンス改善(反応速度の向上・セキュリティ強化など)
  • 不具合の改善
  • アプリの対応(最新のiOSでないと対応しないアプリもある)

ただ、iOSをアップデートすることで、不具合が発生したり、端末の速度が遅くなってしまうケースもあるので、アップデートの判断は慎重に行いましょう。

  iPhone iOSが勝手にアップデートされる?正しいアップデート講座

まとめ

今回は、「iOS」や「Android」などのOSについてまとめてきました。

iOSやAndroidの違い、その他のOSの違いなど、気になる方は当記事を参考にしてみてください。

iPhoneとアンドロイドのどちらを選べばいいか悩んでいる方は、iPhoneって実際どうなの?性能、料金プラン、Androidと比較して徹底解説!の記事もチェックしてみて下さい!




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す