”iPhoneとの読み書き中にエラーが発生したためバックアップできませんでした”とエラーが出た時の対処法

iCloudの有料ストレージの購入をしたくない場合は、iPhone上にある不要なデータを削除しましょう。使っていないアプリや必要のなさそうな写真を削除するだけでも容量を減らすことができます。

写真や動画なら削除しなくてもiCloud以外のオンラインストレージを利用すればデータを逃すことができます。おすすめのオンラインストレージは後の項目で紹介します。

対処法④別のWi-Fiでバックアップする

上記の3つはデータ容量が原因でバックアップをできない場合でしたが、iCloudバックアップはWi-Fi接続が必須なので、安定したWi-Fiに接続してバックアップの作成を試すことをおすすめします。フリーWi-Fiだと不安定になりやすいので極力安定したWi-Fiで作成を試みましょう。

対処法⑤ネットワーク設定をリセットする

安定したWi-FiでiCloudバックアップを作成できない場合や、不安定なWi-Fiしか準備できない場合は、ネットワーク設定のリセットを試してみましょう。ネットワーク設定のリセットをするとWi-Fiのパスワードの再入力が必要なるので、わからない場合はしっかりと準備をした上で行いましょう。

iTunesの代替ソフト

iPhoneとの読み書き中にエラーが発生したためバックアップできませんでした”や様々なエラーでバックアップの作成ができない場合、iTunesの代替ソフトを使うことで対処することも可能です。ここでは4つの代替ソフトを紹介します。

代替ソフト①FonePaw DoTrans

iTunesの代替ソフトの1つ目は、FonePaw DoTransです。iTunesと同様に写真や動画、音楽、連絡先などのデータを移行することができます。無料でお試しができるもおすすめです。

代替ソフト②DearMob iPhoneマネージャー

iTunesの代替ソフトの2つ目は、DreaMob iPhoneマネージャーです。ソフトをダウンロードしてしまえばネットに繋がなくてもデータ移行できるのが特徴です。

代替ソフト③iCareFone

iTunesの代替ソフトの3つ目は、iCare Foneです。iPhoneとパソコンの双方向間でのデータのやり取りができるのが特徴です。

代替ソフト④FoneDog iOS バックアップ&復元

関連する記事