未分類

”iPhoneとの読み書き中にエラーが発生したためバックアップできませんでした”とエラーが出た時の対処法

iPhoneとの読み書き中にエラーが発生したためバックアップできませんでした”はパソコンの不要ファイルが悪影響を及ぼしている場合があります。不要ファイルを削除するためにディスクのクリーンアップを行いましょう。手順は以下の通りです。

  • Cドライブを右クリック>プロパティ>全体タブ>クリーアップ

対処法⑦セキュリティソフトを停止する

パソコンにサードパーティ製のセキュリティソフトを導入している場合、”iPhoneとの読み書き中にエラーが発生したためバックアップできませんでした”でバックアップの作成ができないことがあります。セキュリティソフトを一時的に停止してバックアップの作成を行なってみましょう。

対処法⑧iTunes以外の方法でバックアップする

ここまでの対処法を試しても”iPhoneとの読み書き中にエラーが発生したためバックアップできませんでした”が改善しない場合は、iCloudでのバックアップに切り替えをおすすめします。容量が増えると有料になりますが、Wi-Fiがあれば自動でバックアップされるのでおすすめです。

対処法⑨Tenorshare TunesCareでiTunesを修復する

iPhoneとの読み書き中にエラーが発生したためバックアップできませんでした”のためにiCloudの有料ストレージの契約をしたくない場合は、iTunesの修復ソフトを導入してみるのも1つの方法です。無料で使える上に操作も簡単なので、導入してみるのもおすすめです。

iTunesバックアップを復元できない原因と対処法

ここまでは、”iPhoneとの読み書き中にエラーが発生したためバックアップできませんでした”でバックアップが作成できないエラーの対処法を解説してきました。ここからはバックアップを復元できない時の原因や対処法を解説していきます。

①バックアップの暗号化パスワードが不明な場合は設定をリセットする

バックアップの復元ができない原因の多くは、バックアップに暗号化をしパスワードを忘れてしまった場合です。iOS11以降のiPhoneなら以下の手順でバックアップの暗号化をリセットすることができます。

  • 設定アプリ>一般>リセット>すべての設定をリセット

機種変更などで前のiPhoneを初期化していたり、すでに手元にiPhoneがない場合はパスワードを思い出すこと以外バックアップを復元できないので、注意しましょう。

②アプリが待機中の場合はApp Storeで再インストールする

iTunesでのバックアップ復元が完了してもiPhoneの画面でアプリが待機中になることがあります。アプリだけが上手く復元できていない状況なので、App Storeを開いて雲マークを押すと再インストールができます。

アプリを削除してしまうとアプリ内データの引き継ぎをしていないとデータが消えてしまうので注意が必要です。

③バックアップ容量>iPhone容量の場合は復元できない

次のページへ >