【TikTok/LINE】知り合いかもが表示される仕組みを紹介

次はアプリをアップデートする方法です。

万が一TikTokアプリのバージョンが古いと新しい機能を使えなくなってしまいます。

そのため常にアプリバージョンは最新にしておきましょう。

【TikTok】動画を投稿時の5つのリスク

ではTikTokで動画を投稿時の5つのリスクをご紹介します。

リスク①ネットストーカーのリスク

まずはネットストーカーのリスクです。

やはり顔出しをして動画を投稿するわけなので、個人情報を特定しやすくなります。

それどころか若者であればあるほどネットリテラシーに問題がある傾向も報告されています。

結果、ネットに長けている人であれば数分で投稿している動画から個人情報を割り出されてしまうのです。

そういった事件が2021年も後を絶ちませんでしたのでかなりのリスクになります。

リスク②個人情報の流出

次は個人情報の流出です。

もし投稿した動画に

  • 運転免許証や保険証
  • 学校の紋章

などが写っていたら即個人情報の流出につながります。

特に学生さんは紋章や制服から割り出されてしまうので気を付けましょう。

リスク③顔バレ/身バレ

次は顔バレ/身バレです。

顔出しをしている場合は、顔バレ/身バレしていると思ったほうがいいでしょう。

TikTokを利用している層は10~20代が多く、多くは学生。

学校内でTikTokをやっていることがバレるなんてことは結構SNS上でも話題になっています。

リスク④スパムやマルウェアの脅威

次はスパムやマルウェアの脅威です。

TikTokではあまり被害は聞きませんが、スパム行為に悩まされているユーザーは多いようです。

DMでしつこくメッセージが来たり、マルウェアを埋め込んだURLが送付されてきたり。

ネットリテラシーに欠けている若者を狙った犯罪が後を絶ちません。

リスク⑤精神的にダメージを受ける

次は精神的にダメージを受けることです。

やってはいけませんが、誹謗中傷がTikTok上では溢れかえっています。

容姿を非難するコメントが多く寄せられていたりするのでメンタル的にも厳しいものがあるでしょう。

精神的に病んでしまう人も。

【TikTok】アカウントを非公開設定にする方法

関連する記事