【TikTok】気持ち悪いと感じる理由を紹介!注意点も解説

TikTokの動画を閲覧していて、気持ち悪いと感じる投稿や広告を見てしまったことはありませんか。TikTokを閲覧しているだけなのに投稿や広告を気持ち悪いと感じてしまう理由はなぜでしょうか。ここでは気持ち悪いと感じる理由や原因について確認します。

【TikTok】気持ち悪いと感じる理由

TikTok

TikTokの動画を閲覧していて投稿された動画や流れている広告を見て気持ち悪いと感じたことはありませんか。ここではTikTokを閲覧しているだけなのになぜ気持ち悪いと感じてしまうのかについてチェックしていきましょう。

理由①投稿者の自己満足

まずTikTokに投稿された動画を閲覧しているだけなのに気持ち悪いと感じてしまう原因としては、閲覧している投稿が投稿者の自己満足で投稿されている動画を閲覧しているためです。標準の自由があるようにTikTokのようなSNSにアップロードする内容は法律や問題に引っかからない限りはどんな内容の動画を投稿をしてもOKになっています。そのため見たくもない投稿や広告をたまたま見てしまうことがあります。

理由②投稿者のアピールが強すぎる

TikTokやSNSはみなさんに自慢をしたかったり、アピールしたいためにTikTokに色んな動画をアップロードしている人も多くいます。そのため投稿者のアピールや自己満で強い動画を見てしまうと嫌な気持ちになってしまったり、気持ち悪いなと思ってしまうことがあります。

理由③他人の恥晒しを見せられている

TikTokのサービスは自分の動画を投稿するだけではなくその場の動画や友達との楽しい動画をアップロードする人も多くいます。しかしその動画の中には他人の恥さらしの動画を勝手にUPしている人もいます。その内容が汚い動画や見たくもない動画の場合もあるため注意が必要です。

理由④広告が邪魔

TikTokは無料で利用できるアプリケーション出る理由の一つは、広告を掲載して広告費からこのTikTokアプリケーションを運営しているためです。そのため様々な広告が勝手に流れるようになっていますが、広告の内容によってはあまり見たくもない広告であることもあり、その結果TikTokによって気持ち悪いと感じてしまうことがあります。

理由⑤人に見せる内容ではない

TikTokは自己満やアピールのためにさまざまな人が色んな動画を投稿しているのですが、内容によってはわざわざTikTokのようなSNSに投稿すべきではない気持ち悪い動画もあります。その場の投稿した人は楽しいかもしれませんが、少し落ち着いてみると人に見せるべきではない動画で今後問題になったり、トラブルになったりすることもありますので、ご注意ください。

理由⑥投稿したら消すことができない

関連する記事