【インスタ】リール動画の時間は?再生回数がカウントされる条件とは

インスタの動画は3秒以上の再生時間がないとカウントされません。最初の1秒でどれだけ見たいと思わせる動画を作るかが再生数が伸びるポイントと言われる理由がよくわかりますね。

サムネイルなどの凝って作るとよりベターです。何はともあれまずはタップしてもらえることを意識してみましょう。

自分で動画を再生してもカウントされない

インスタの動画は自分で再生してもカウントされません。自分の動画を何時間もかけて何回も再生してもカウントされないので無駄な努力はしないようにしましょう。

当たり前と言えば当たり前の機能ですが、疑問に思っている方もいらっしゃるかと思いますので、覚えておきましょう。

インスタの各機能で投稿できる動画の時間は?

インスタでリールに投稿できる時間は60秒ということがわかりました。では、他の動画コンテンツについて最大再生時間を紹介していきます。

ストーリーの動画時間は最大15秒

インスタのストーリーは最大15秒の動画を投稿できます。リールより短いですが、24時間で消える動画ですので妥当と言える長さの時間ですね。

ちなみに、リール動画をストーリーに投稿すると15秒のところで切れてしまうので注意しましょう。「続きはリールで」などのテキストを入れておくとリールへの誘導になります。

フィード投稿の動画時間は最大60分

通常のフィード投稿での動画時間は最大60秒になります。60秒以上の動画を投稿しようとするとIGTVにするか60秒に短縮するか選択することになります。やや手間のかかる機能になっていますが、間違えないようにしましょう。

IGTVはスマホの動画時間は最大15分、パソコンなら60分

IGTVでは60秒以上の長い時間の動画を投稿できます。スマホからの投稿なら最大15分、パソコンからなら最大60分もの長時間の動画を投稿できます。IGTVは長い動画ですので、リールとはある意味対局にあります。腰を据えてみるコンテンツですので、よりしっかり作り込むようにしましょう。

ライブ配信の動画時間は最大4時間

インスタのライブ配信できる時間は最大4時間になりました。以前は1時間だったのですが、4時間もの長い時間ライブ配信が可能なのは、インスタがいかに動画コンテンツを充実させようとしているか分かるアップデートですね。

 

インスタリールの再生回数を増やすポイントは?