iPhone13の噂や新機能!発売まで待つべきか徹底解説!

iphone13ではリフレッシュレートが120Hzになるのではないかというリーク情報も存在します。そもそもリフレッシュレートが何かというと1秒間に画面が切り替わる速度を表したものになります。この数値が高いほどディスプレイ上での動きが滑らかになります。

現行機であるiphone12ではリフレッシュレートが60Hzという数値です。しかしandroid端末などではリフレッシュレートが120Hzのものが多く出ています。そのためiphone13ではリフレッシュレートを120Hzにする可能性があります。

またスマートフォンはゲームなどの市場も拡大しているため、シェアを拡大していくためにもリフレッシュレートの向上は不可欠となっていきます。このことからもiphone13ではリフレッシュレート120Hzになる可能性は高いです。

【iPhone13】日本でも5Gミリ波採用

iphone13では通信の機能も向上するというリーク情報があります。そもそも5Gミリ波に対応することでどうなるかというと、より通信速度が向上します。現行機であるiphone12も5Gそのものには対応しています。

しかしiphone12の使っている5Gは「sub6」と言われる通信方法が使用されています。これは5Gではあるものの「LTE」とほとんど通信速度は変わらりません。そのため現在のiphone12はiphone11以前の通信速度とほとんど変わりません。

しかしiphone13が5Gミリ波に対応するすることで通信速度が向上して、大容量高速通信が可能になります。そのため日本でもiphoneでより高速通信をすることができます。iphone13では5Gミリ波に対応する可能性が高いと考えられます。

【iPhone13】8K動画撮影可能に

iphone13では8K動画撮影も可能になるというリーク情報があります。現在のiphoneは4K動画までしか取れません。しかし高速通信も5Gに対応していることからも動画コンテンツなどの需要も今後拡大していくことが予測されます。

そのことからも動画撮影でiphone13では8K動画撮影も可能になる可能性はあります。さらにiphone13の内部ストレージが1TBになる可能性もあります。内部ストレージが大容量化することは8K動画撮影に対応する可能にすることにも繋がります。

しかし、現在のストレージ量では8K対応するのは難しいとも言われています。これは8K動画を取るには容量が小さすぎるためです。実際に現行機のiphone12で8K動画を撮影した場合、1分の動画を約650本程しか撮影できないともいわれています。このことからも8K動画撮影対応にはストレージ量の拡大も同時に必要になりそうです。

【iPhone13】モデル展開

iphone13では、現行機のiphone12同様に複数のモデル展開をするというリーク情報があります。モデルの種類はiphone13、iphone13Pro、iphone13ProMax、iphone13miniがモデル展開されると予測されます。

iphone13では通常モデルも合わせて4パターンの展開されると予測されています。通常モデルのサイズは6.1インチであるよ予測されています。またiphone13miniは5.4インチになると予測されています。

また、iphone13MaxやMaxProは6.7インチになると予測されます。これらのことからiphone13もiphone12同様にモデルによってサイズが異なることが予測されます。iphone13も4モデル展開されていくことが予測されます。

【iPhone13】発売日


iphone13の発売日についても情報はリークされています。iphoneは毎年発売されています。そことからもiphoe13の発売日は比較的予測しやすいです。リーク情報ではiphone13の発売日は9月に発表、予約開始になる可能性が高いです。

iphone13は実際に発売開始されるのは9月の後半から10月の前半になると予測されます。実際に過去のiphoneの発売日を見てみると今年のiphone12は新型コロナウィルスの流行によって発売日が1か月延期になりました。

またその他のiphoneも9月が発売日になることが多い傾向にあります。発売日がこのような傾向にあるのはナンバリングされているiphoneです。ちなみにiphoneSEなどのリーズナブルな価格のモデルは発売日が3月から4月に設定されている傾向にあります。

【iPhone13】値段

iphone13の値段にについても具体的な値段のリーク情報は出ていません。しかしiphone13の値段を予測することはできます。iphone12の値段はiphone12miniが最も安いもので74800円、iphone12が85800円、iphone12Proが106800円、ihohone12ProMaxが117800円という値段で展開されています。

このことからもihone13はihone12と同じくらいの値段で展開されることが予測されます。しかし、ここまでに紹介したリーク情報なども考えると、iphone12と比較して値段が高くなることも考えられます。

また、Qi充電のためのMagSafeなどが同封されるとなるとより価格が向上することが考えられます。さらに8K対応などの機能などによって値段がより高くなることもことも考えられます。これらのことからiphone13はiphone12と同等かそれ以上の値段になることが予測されます。

iPhone13のデザイン画像

iphone13は機能面のリーク情報だけでなく、デザインのリーク情報も出ています。これはイメージ画像やデザイン画像としてリーク情報が出ています。iphone13ののデザイン画像では大きな変化として背面カメラが4つになっている点です。

またベゼルの縮小もしていることがコンセプ画像ではわかります。またデザイン画像によってはベゼルレスになっているデザインのものもあります。このようにiphone13ではiphone12よりもベゼルが縮小したデザインになると予測されます。

またiphone13はiphone12同様にスクエアデザインになっていることがデザイン画像からわかります。これらのことからiphone12と比較して大きな変更点はありませんが、ベゼルの縮小などデザイン性は向上する可能性はあります。

iPhone13発売待つべきか?