iPhone13の噂や新機能!発売まで待つべきか徹底解説!

iphone13の発売を待つべきかどうかは現行機のiphone12とiphone13のリーク情報と比較して決めるべきです。iphone13は5Gミリ波に対応したり、ノッチの縮小もしくはノッチの完全撤廃の可能性もあります。

また、USB-Cに端子が変更、もしくは完全に端子を撤廃する可能性もあることことからライトニングケーブル現状使っており、使いやすいと思っている場合などはiphone12を購入するという選択もあります。

このようにiphone12の機能でも良いから早く新しいiphoneにしたい、ライトニングケーブルを今後も使っていきたいという場合はiphone12を選択し、より高性能のiphoneが欲しい場合やより高速な通信ができるiphoneが欲しい指紋認証の機能が欲しいという場合はiphone13が発売されるの待つべきでしょう。

繋ぎで安いiPhoneを使う

もしもiphone13の発売日まで待つ場合、現在使用していルスマートフォンで問題なければ良いのですが、機能面でいい機能のものが欲しい場合発売日まで安いiphoneを使うという方法もあります。iphone13の発売日は来年9月から10月くらいが予測されます。

金銭的に余裕がある場合はiphone12を購入して使い、iphone13が発売されたら機種変更するという方法もあります。しかし大手キャリアでは機種変更してから2年待たなければならないなどプランによっては違約金などがかかってしまうケースも存在します。

そのため安いiphoneSEや一世代前のiphone11を使うという選択肢もあります。iphoneSEやiphone11は機能も大きく劣ることもなく、価格も安く設定されているため、コストパフォーマンスも良いです。このことからも安いiphoneを使って発売日を待つというのも一つの選択肢です。

iPhoneSE(第二世代)を使う

iphone13の発売まで使う安いiphoneの選択しとしてiphoneSEがあります。iphoneSEはiphoneの中でも非常にリーズナブルなモデルとして有名です。価格もiphone12と比較して45800円程安いモデルになっています。

iphoneSEはiphone12と比較しても認証方法など異なるモデルになっています。iphoneSEは指紋認証を使用しています。さらにバッテリー駆動時間もiphone8と同等の駆動時間であると発表されています。画面サイズも4.7インチと片手で扱いやすいモデルになっています。

これらのことから、機能も大きな問題はなく、4.7インチと片手でも扱いやすいサイズで指紋認証も使えることからiphone13の発売までiphoneSEを使用するというのも選択肢の一つです。

iPhone11を使う

iphone13の発売日まで使用する安いiphoneとしてiphone11を使用するという選択肢があります。iphone11の値段はiphone12と比較して23100円程安くなっています。この値段はすべてのモデルで共通しています。

iphone11は値段は安いものの、機能ではiphone12と大差ありません。異なる点としてはiphone12は5Gが使えるもののiphone11はLTE通信を行うという点です。認証方法も顔認証であり指紋認証の機能もありません。

またディスプレイのサイズもiphone12と同じ6.1インチになっています。しかしiphone12はディスプレイに有機ELを使用していますが、iphone11は液晶画面を使用しています。しかし機能はphone12と大差ないため、iphone13の発売日までiphone11を使うというのも選択肢の一つです。

iPhone13を待つ人続出?みんなの声

iphone12が発売されたばかりですがすでにiphone13の発売を待つ声が続出しています。twitterなどのSNSではすでにiphone13を待ち望む声が出ています。その中でiphone13に完全ポートレスや5Gミリ波への対応を期待する声が上がっています。

また別のユーザーはノッチの縮小を望む意見もあります。さらにiphone13でもライトニングケーブルを使用されるか疑問の声も上がっています。さらにユーザーによってはiphone13のリーク情報にある指紋認証が復活すること可能性がある場合、iphone12の購入を検討し直す人もいます。

このようにiphone12が発売されたばかりではありますが、iphone13に対する期待の声も多くあがっています。またiphone13のリーク情報でiphone12の購入に待ったをかける人などiphone13に期待する声が多く見られます。

2021年には折りたたみのiPhoneが登場する噂も

iphone13以外にも2021年には折り畳み可能なiphoneが登場するという噂も存在しています。これはapple社が折り畳みのiphoneの特許申請を行ったことから折り畳みのiphoneが登場するのではないか考えられるようになりました。

実際に折り畳みできる液晶画面なども存在していることから技術的には折り畳みiphoneが登場する可能性はあります。また5Gなどネットワークインフラの向上によってより高画質な動画を提供するサービスも今後増えていく可能性もあります。それに合わせて携帯性も高く、画面も大きい折り畳みiphoneは登場する可能性もあります。

これらのことから折り畳みiphoneは早ければ来年には発表される可能性があります。折り畳みiphoneについてもっと詳しく知りたい方は当サイトでは別記事にて折り畳みiphoneについて紹介していますのでそちらもぜひご覧ください。

iPhone12の折りたたみスマホ?iPhoneFlipとは?

iPhone13以外のiPhoneの様々な予想や噂

iPhone13以外にもAppleで毎年のように最新iPhone機種をリリースしています。ここではiPhone13以外のiPhone機器の様々な予想や噂についてチェックしていきましょう。

iPhoneSE(第三世代)

iPhone13以外のiPhone機器の噂としては、iPhoneSEの噂をよく耳にします。iPhoneSE(第三世代)とは、iPhoneのスペックを抑えてより安価にiPhoneを利用することができる機器になっています。ここではiPhoneSE(第三世代)の予想や噂についてチェックしていきましょう。

2022年発売と言われている

iPhoneSE(第三世代)の予想や噂としては販売が2022年と言われています。今年2021年の販売を当初予想されていましたが、コロナなどの影響で販売が延期される可能性があります。

SE(第三世代)ではなくSE Plusとも言われる

またiPhoneSE(第三世代)は今まで1種類の機器しかリリースしていませんでしたが、次回のiPhoneSE(第三世代)ではPlusというiPhoneSEという名前で販売されるのではないかとも言われています。

ディスプレイはフルスクリーンになる

次回のiPhoneSE(第三世代)の特徴としては、ディスプレイにあります。次回のiPhoneSE(第三世代)からはフルスクリーン画面になるといわれるので、より画面が大きく感じる可能性があります。

iPhone14

一方でiPhone14はどのような予想や噂がされているのでしょうか。iPhone14についてもよく言われている噂をチェックしてみましょう。

パンチホール式のディスプレイ搭載

iPhone14の噂としてはパンチホール式のディスプレイ搭載と言われえています。パンチホール式のディスプレイとは、スマートフォンのディスプレイ設計の方式のことでフロントカメラ等が露出する位置をディスプレイの表示中に点状に配置したディスプレイのことを指します。

ペーパーチャンバーを搭載して冷却機能を強化

またペーパーチャンバーを搭載して冷却機能を強化するとも言われています。iPhoneをずっと利用していたり暑い日にiPhoneを外で利用していると急に高温になることがあります。その対策としてペーパーチャンバーを搭載して冷却機能を強化すると言われています。

ペリスコープカメラが搭載される

またiPhone14からペリスコープカメラが搭載されると予想されています。ペリスコープカメラとは、屈曲光学系カメラとも言い、レンズやミラーで光軸を曲げることによって、iPhoneのような薄型のデバイスでも高倍率の光学ズームを実現することができる最先端技術となっています。

まとめ