iPhone13の噂や新機能!発売まで待つべきか徹底解説!

今年10月に販売され始めたiphone12ですが、実はもうiphone13のリーク情報が出回っています。毎年iphoneは新しいモデルを発表していますが、年々ハード面や機能面でもアップデートされています。そんなiphone13の販売を待つべきかを紹介します。

iPhone13の噂・新機能

最近apple社から販売されたiphone12ですが、実はiphone13の情報がすでにリークされて出回っています。そのリーク情報には現在のiphoneの機能からさらにアップデートされる噂されています。

さらに新機能だけでなく、iphone本体も変更されると言われています。これはノッチの縮小であったり、メモリ容量が増えたりするとリーク情報も出ています。さらに過去のiphoneに合った指紋認証もiphone13で復活するとも言われています。

さらにUSB接続端子がライトニングケーブルからC-typeに端子が変更される可能性があるなどiphone13では今まで使っていた周辺デバイスなども大きく変更されるかもしれません。今回はそんなiphone13について紹介していきます。

【iPhone13】指紋認証対応

まず最も期待されているリーク情報の一つとしてiphone13は指紋認証の機能が復活すると言われています。指紋認証の機能はiphoneX以前のiphone8まであった機能です。しかし現行のiphone12を含め、iphoneX以降は顔認証の認証システムを使用しています。

しかし現在android端末では指紋認証と顔認証の両方の機能を搭載している機種も増えています。さらにノッチ部分を増やさなくてもタッチスクリーンで指紋認証が行える技術も出てきています。このことからも現在のiphoneX以降のデザインでも指紋認証を行えるようにすること自体は技術的には可能です。

さらに現在流行している新型コロナウィルスの影響でマスクを着けて生活することが日常的になっています。このことからも指紋認証と顔認証の2つに対応することで使いやすさの向上も望めます。

【iPhone13】ストレージ容量が最大1TBに

iphone13ではストレージ容量が大幅に増え、最大1TBになるのではないかというリーク情報が出ています。これはiphone12で5Gに対応したこともあり、より大きなデータでもスマートフォンで扱えるようになりました。

さらに、iphone13はカメラの機能も向上するというリーク情報もあります。iphon13でカメラの機能が上がるということは写真データや動画データは現在扱っているデータより大きくなっていきます。

iphoneはandroidと違いSDカードでストレージの拡張などもできないため、扱うデータが大きくなることを想定して最大ストレージ容量を現在の512GBから1TBに変更する可能性は大いにあります。

【iPhone13】ノッチが縮小される

iphone13はiphone12と比較してもノッチが縮小されるというリーク情報があります。現在発売されているiphone12を含め、iphoneXからディスプレイ上部に大きなノッチが存在しています。

このノッチ部分には、インカメや顔認証用のカメラやスピーカーが搭載されています。このノッチ部分に入っている機能はディスプレイ内に埋め込みをするなど技術的にはノッチレスにすることも可能です。

またノッチレスにすることでapple製品に共通しているデザイン性という部分でもiphone13では工場するのではないかと考えられます。このように技術的にもノッチの縮小が可能であることからノッチレス化やノッチの縮小の可能性は大いにあります。

【iPhone13】端子がUSB-Cに変更

iphone13の端子は現在のライトニングケーブルからUSB-Cに変更になるというリーク情報もあります。これは、ライトニングケーブルがapple社のみの規格のものであり、android端末などほとんどのスマートフォンではUSB-Cが標準規格となっています。

そのため、iphone13もUSB-Cに規格を変更するのではないかと噂されています。さらにmacbookではすでにUSB-C端子になっていることもあり、今後iphone13やairpodsなどのapple製品がUSB-Cに対応する可能性は低くはありません。

さらにEUはapple社に対して、「スマートフォンの充電器はすべて共通のもの扱う」という内容の要求を第sテイルこともあり、グローバル企業でもあるapple社はUSB-Cに対応できるようにしていくことが必要になっていく可能性が高いです。そのためiphone13でもライトニングケーブルからUSB-C端子に変更になるかもしれません。

【iPhone13】外部接続端子廃止でMagSafe同梱

さらにiphone13では外部端子を完全に廃止する可能性があるとも噂されています。外部端子をなくす代わりにMagSafeを同梱して充電もQi方式をとっていくというものです。端子をすべてなくすことでデザイン性の向上なども望めます。

またバックアップの際に、PCを使用してバックアップを取っているという人も少なくはなかったのですが、現在はクラウドサービスをappleやGoogleなど様々な会社が展開しています。このことからもバックアップに外部端子を活用することも少なくなりました。

さらに5Gなどの通信技術の面でも大容量、高速通信が可能になっていることもあります。この通信技術の後押しもあり、iphone13では外部端子の撤廃されるかもしれません。しかし外部端子を撤廃してMagSafeを同梱することはコストがかかってしまい、結果として値段が高くなってしまうという懸念もあります。

【iPhone13】リフレッシュレート120Hz採用