iPhoneの純正イヤホンが壊れた?Apple社員に学ぶ対処法!

ども、 Apple Geekです!今回は iPhone 純正イヤホンが壊れた場合の対処方法をご紹介します。

iPhone 購入時に付属している純正のイヤホンには、マイク機能も付いていて便利ですよね。

でもそのマイクが結構壊れやすかったり、片耳だけ音が聞こえなくなったり、以外と故障の報告が多いです。

そこで今回は iPhone に付属している純正イヤホンが故障した場合に対処する方法を2つご紹介していきます。

iPhone純正イヤホンが故障かどうか調べる方法

では、iPhoneの純正イヤホンが故障かどうか調べる方法を見ていきましょう。

①音量を上げてみる

まずは音量を上げてみましょう。

自分の不手際で音量が0になっている場合があります。

またミュートやマナーモードになっていることもあります。

そのためまずは音量を上げてみましょう。

0ではない状態にしても聞こえていなければ次の手順に進みましょう。

音量が0以上であったとしてもそれ以上に大きな設定にして聞こえるかどうかをチェックすることも重要です。

②利用するアプリ以外を終了する

次は利用するアプリ以外を終了しましょう。

iPhoneではバックグラウンドで動作しているアプリによってはほかのアプリが原因で音が出なくなってしまっていることがあります。

そのためホームボタンをダブルタップしてマルチタスクを表示させ、バックグラウンドのアプリを全消去しましょう。

それでも音が出ない場合はアプリ自体を一回スワイプで消して再起動してみましょう。

③iPhoneを再起動する

次はiPhoneを再起動する方法です。

表向きでは問題がないように見えても内部でiPhoneが不安定になっていることがあります。

そのためiPhoneを一度再起動しましょう。

これでiPhoneの設定が元通りになります。

④Bluetoothの設定を確認する

次はBluetoothの設定を確認する方法です。

Air PodsなどBluetoothが起動するアプリやデバイスが最近増えてきました。

そのため他のデバイスとBluetoothが連動してしまうと当然ですがデバイスからは音が出なくなります。

音声がBluetooth側に流れてしまい音が鳴っていない状況になることがしばしば。

コントロールセンターを開きBluetoothの接続状況をチェックしましょう。

⑤iPhoneやアプリのアップデートをする

次はiPhoneやアプリのアップデートをする方法です。

iPhone自体には不具合がなくてもアプリに不具合がある場合があります。

そのためiPhoneやアプリのアップデートをすることをおススメします。

基本的にアプリは最新の状態を保持しておくものです。

古いバージョンを使っていると音が対応できなくなってきている場合があります。

不具合が修正されることがあるのでアップデートはしておきましょう。

⑥ジャックや接続部の掃除する

コメントを残す




CAPTCHA