ラムクリア(ラムクリ)とは?リセットや打ち直しの違いは?

 

スロットでは、様々な専門用語を使われることが多々あります。

こうしたの専門用語や関係性を理解するのはやや難しいのではないでしょうか?

これらの専門用語の意味を知らないと、損してしまうこともあるので、きちんと理解を深めましょう。

ここでは、以下の専門用語の意味について解説をします。

  • スロットの設定変更とは
  • スロットの据え置きとは
  • スロットの打ち直しとは
  • スロットのリセットとは

では、それぞれについて詳しく見ていきます。

スロットの設定変更とは

設定変更とは、スロットマシンの各種設定を変更することです。

一般的にパチンコ店の営業を終えた後、店長や主任がパチスロの台を開き、鍵を差し込むなどの特殊な操作を行い、設定変更を行います。

現在の設定が4であれば、5以上の設定を「上げる」と表現します。

反対に、3以下の設定にすることを「下げる」といいます。

現在の設定にしておくことを「据え置き」といいます。

スロットの設定変更の仕方は?

通常は、店舗の人以外が設定変更をすることはありませんが、参考までにどのような手順で設定変更が行わているのかについて紹介をします。

【パチスロの設定変更手順】

(1)電源をOFFにします。
(2) 設定キーを刺して横に回す。
(3)電源をONにします。
(4) 設定変更ボタンを押し、設定したい項目を設定します。
(5)レバーをたたく
(6) 設定キーを縦に回し、設定キーを引き抜きます。

スロットの据え置きとは

スロットの据え置きとは、スロット設定の変更を一切行わないことをいいます。

パチンコ店が閉店した後、開店する前に電源を切り、再度立ち上げるだけで設定は変わりません。

データカウンターは0になりますが、ゲーム数から天井までの設定も変わりません。

スロットの打ち直しとは

スロットの打ち直しとは、パチスロの設定を再度同じ設定にすることを意味します。
設定1→設定1
設定4→設定4
といった感じになります。

なぜ行うのか?

パチンコ屋さんは、お客さんを惑わそうとします。

設定変更の痕跡を残しながら、実は同じ設定であることでお客様を惑わせるのです。

これがなかなか巧妙で、一番わかりにくいのは、設定変更の痕跡をたどっていくと、実はこれまでと同じ設定であることがわかることです。

くれぐれも騙されないようにしてください。

スロットのリセットとは

スロットのリセットとは、設定の変更と同じ意味です。

言い換えれば、設定変更も打ち直しもリセットを意味します。

人により捉え方や 呼称は異なりますが、このような理解で問題ないでしょう。

設定変更の恩恵狙いをすることを「リセット狙い」といいます。

スロットのラムクリとは

スロットのラムクリは、ラムクリアの略称です。
元の状態の記憶を完全に消去し、初期状態に復帰させることです。
単純に「リセット」ともいいます。

パチンコ・パチスロ機は、電源を切っても前の状態を記憶しています。

パチンコ機の場合、確変、潜伏確変、時短の項目が該当します。
パチスロ機の場合は、ART、RT、内部状態(高確、低確)等です。

なぜ行うのか?

第一の理由は、何らかのバグが発生した時の対応として実施されます。

スロットもマイコン制御で動作するものですから、バグが発生することがあります。

こういったバグもラムクリで復旧する事もあるので、このような時にラムクリが行われることになります。

第二の理由は、天井までのゲーム数を少なくするためです。

打ち直しと同じように捉えられがちですが、機種によっては打ち直しをしても天井がリセットされない機種もあるために、ラムクリによって天井のリセットをするケースがあるようです。 

まとめ

今回は、ラムクリア(ラムクリ)とは?リセットや打ち直しの違いは?ということについて解説をいたしました。

整理すると

・設定変更とは、スロットの設定を変えること
・据え置きとは、スロットの設定を一切変更しないこと
・打ち直しとは、同じ設定に変更することです。
・リセットとは、スロットの設定を変更することと再プレイすること
・ラムクリアとは、保存されている情報を消去し初期化すること

これからパチスロをはじめる方、潜伏狙いをしていくという方は是非参考にしてみてください。