iPhone/iPodTouchで画面タッチパネルの反応にズレ!対処方法とは?

この記事は約 2 分で読むことができます。

ども、Apple Geekです!今回はiPhone/iPod Touchでタッチした場所とタッチパネルの反応がズレる場合の原因と対処方法をご紹介します。

touch panel

実際に押したタッチパネルの場所と反応するタッチパネルの場所が異なる不具合に陥っている方は結構いるようです。

いったいなぜこんな症状がでるのでしょうか?

補正したり調整することは可能なのでしょうか?

そこで今日はタッチパネルの反応がズレる原因と対処方法を解説していきます。

Sponsored Links


反応がズレる原因と対処方法とは?

touch hanou

反応がズレてしまう理由として主に以下の3つが考えられます。

1.保護フィルム

保護フィルムの厚みでタッチした反応が鈍くなることがあります。

特にガラス製の保護フィルムは厚みがあるので、反応がズレることが良く起こりがちです。

この場合、薄い保護フィルムに変更することをおススメします。

⇒スティーブジョブズも推奨?!最強の保護フィルムはこちら

2.指紋や汚れ

指が汗で湿っていたり液晶画面に指紋や汚れがある場合、反応がズレることがあります。

乾いた布で綺麗に拭きとりましょう。

3.落下

度重なる落下による衝撃で、画面に傷はなくても内部が損傷している可能性があります。

また液晶画面が浮いて反応しなくなるという不具合も多発している事例です。

【要注意?!】iPhone6/5のタッチパネルが反応しない不具合の原因!

この場合はApple Storeや正規代理店での修理が必要です。

それでも解決しない場合

Appleサポート

1,2の場合は自分で何とか対処できる範囲ですが、落下が原因の場合や内部損傷の場合は修理が必要です。

Apple Storeまたは正規代理店などへ相談しましょう。

Appleの補償やキャリアの補償に加入していれば修理代金も少なくて済みます。

⇒iPhoneの画面修理費用についてはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私の場合は、度重なる落下によって液晶画面が浮いてタッチパネルが反応しなくなりました。

Apple Storeの正規代理店へ修理に出したところ、3万円近くをその場で支払いました。

ただソフトバンクの安心保証パックに加入していたので、毎月の月額料金から合計約80%天引きされるので良かったです。

iPhone6/Plusの液晶修理を最安の値段にする6つの秘訣とは?!




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す