iPad/iPhoneのwordが編集できる無料アプリおすすめTOP3とは?

この記事は約 12 分で読むことができます。

iphoneでワード(Word)の保存・編集・印刷ができる時代!今さら聞けないiphone、iPadでのワードアプリの使い方を紹介。公式以外のおすすめワードアプリも紹介しています!文字打てない、使えないなどよくあるトラブルの解決法も掲載中。

iPhone・iPadでWordを使うメリット

iPad,Office,Word

みなさんは普段、基本的に「パソコン」を使ってWordを使用しているのではないでしょうか?

実は、「Wordアプリ」をインストールすることで、パソコンだけではなく、iPhoneやiPadなどのデバイスでも利用できます
iPhoneでワードを使う術を活用すれば、日々の隙間時間でもさらに仕事を効率化できます。

パソコンのない外出先でもWordファイルを編集・保存できる!

iPad.操作

「スマートフォンやタブレットで文書を作成したら、いちいちファイルをパソコンに転送しないといけないのでは?」と感じる方がいるかもしれません。

iPhone・iPadで利用できるWordアプリは、「OneDrive」「iCloudDrive」などの「クラウドストレージ」にスムーズにアクセスすることができます。

そのため、ファイルを転送する手間もかからず簡単にWordファイルを編集・保存することが可能です。

テキストアプリとしての互換性が抜群!

アプリ,効率化

Wordアプリは、テキストアプリとしての互換性も抜群です。

文章を入力して保存するだけでなく、ビジネスシーンで重要な役割を持つ「校閲機能」や、テキストの変更履歴を閲覧することも可能です。

急な変更があっても外で編集+印刷!

パソコンを持っていない外出先で、「Wordファイルを急に変更・印刷しないといけない」といった場面でも、Wordアプリは非常に役立ちます。

ネットプリントアプリと併用することで、外出先でもファイルの変更・保存から印刷まで、スピーディーに行うことができます

第1位:Microsoft Word(ワード)Office公式アプリ

ここから、iPhoneやiPadでWordを使用できるおすすめ無料アプリをご紹介していきます。

まずは、Office公式のWordアプリ「Microsoft Word」です。

Microsoft Word,アプリ,アイコン

 

「Microsoft Word」では、パソコンで扱うのと同じようにWordを使って文書を作成したり、編集したり、保存したりすることができます。

それでは、「Microsoft Word」を入手する流れから、ファイルを作成・編集・保存するやり方について、画像も挿入しながら説明していきます。

Microsoft Wordのサインインについて

アプリを入手した際、Microsoftアカウントにサインインすることが求められます

 

すでに、パソコンでWordを利用している方は、ご自身のMicrosoftアカウントを持っていることになります。

 

サインインに必要な「メールアドレス」または「電話番号」と、Microsoftアカウントの「パスワード」をすぐに入力できるように準備しておきましょう。

AppleStoreから、Wordアプリ「Microsoft Word」をインストールする

まだiPhoneやiPadなどのデバイスに「Microsoft Word」をインストールしていない方は、AppleStoreから入手していきましょう。→AppleStore「Microsoft Word」

 

Microsoft Word,AppleStore,入手

 

AppleStoreで「Word」と検索すると、「Microsoft Word」があるので、「入手」をタップしましょう。

Microsoftアカウントにサインインする

デバイスに「Microsoft Word」をインストールしたら、アプリを起動してみましょう。

まず最初に、Microsoftアカウントにサインインすることを求められます。

すでにアカウントをお持ちの方は、サインインに必要な「メールアドレス」または「電話番号」を入力して「次へ」をタップしましょう。

まだMicrosoftアカウントをお持ちでない方は、画面下にある「後でサインイン」をタップしましょう。
後に「新規アカウントの作成」を求められます。

ここでは、すでにアカウントを持っているケースで解説を進めていきます。

Microsoft Word,サインイン Microsoft Word,サインイン,入力

 

「メールアドレス」「電話番号」を入力して「次へ」をタップしましょう。

 

Microsoft Word,サインイン,パスワード入力画面 Microsoft Word,サインイン,パスワードを入力

サインインに必要な「パスワード」を入力して、右下の「サインイン」をタップしましょう。

パスワードを忘れてしまった場合は、一度パスワードをリセットして、もう一度設定し直す必要があります
詳しくは「Microsoft アカウントサポート」で確認してみてください。

 

Microsoft Word,サインイン,サインイン認証中画面

 

上の画面が出れば、無事アカウントにアクセスできたことになります。

 

Microsoft Word,確認事項 Microsoft Word,通知の許可

 

「品質向上のご協力」「アプリの通知を有効にする」ことを求められるので、問題なければそれぞれ「はい」「通知を有効にする」をタップしましょう。

 

Microsoft Word,サインイン完了画面

上の画面が出れば、「Microsoft Word」の準備が整ったことになります。

「ドキュメントを作成および編集する」をタップしてください。

Microsoft Word,管理画面

 

そうすることで、「Microsoft Word」の画面が出てきます。

Wordファイルを開く

パソコンで作成して「OneDrive」上に保存したWordファイルを、アプリで開く方法を解説します。

パソコンでWordファイルを作成し、OneDriveに保存

iPhoneやiPadでも編集・閲覧できるようにしたい場合は、保存先を「OneDrive」にしておく必要があります。

Word,ファイル

 

Word文書の左上にある「ファイル」をクリックします。

 

Word,名前を付けて保存,OneDrive

 

WordファイルをOneDriveに保存

左メニューの「名前を付けて保存」

「OneDrive – 個人用」をクリック

「ファイル名」の入力と「ファイルの形式(ここでは”Word文書”)」の選択

「保存」をクリック

この順番で保存作業をすれば、OneDriveにWordファイルを保存することができます。

アプリからファイルを開く

アプリから、OneDriveに保存したファイルを開いてみましょう。

まずアプリの下にある「開く」をタップして、「OneDrive – 個人用」をタップしてください。

iPhone,Word,アプリ

 

そうすると、現在OneDriveに保存されているファイルやフォルダが表示されます。
先程保存したファイル「Wordアプリ」の「アイコン」をタップすると、ファイルが開きます。

 

iPhone,Word,ファイルを開くiPhone,Wordファイル

Wordテキストの編集

Wordテキストの編集は、パソコンでWordテキストの編集をする時とほとんど同じです

文字入力

文字を入力する方法は、普段スマートフォンを使ってメールやLINEで文字を入力するときと同じです。

iPhone,Word,文字入力

マーカー

文字にマーカーを引く方法を紹介します。

マーカーを適用したい文字を選択して、文字編集タブから「マーカー」を選んでいきます。

 

iPhone,Word,マーカー選択 

iPhone,Word,マーカー

 

「蛍光ペンの色」引きたいマーカーの色を選択して、タップしてみましょう。
選択した文字にマーカーが適用されます。

一度引いたマーカーを取り消したい場合は、文字を選択して、「色なし」をタップしましょう。

 

iPhone,Word,マーカー取り消し

文字色変更

文字色を変更する方法も簡単なので、覚えておきましょう。

iPhone,Word,文字色変更

色を変更したい文字を選択して、文字編集タブから「文字色」をタップします。

iPhone,Word,文字色変更設定

変えたい色をタップすれば、選択した文字がその色に変わります。

iPhone,Word,文字色変更確認

一度色を変えた文字を、再びデフォルトの「黒色」に変えるには、文字を選択して「自動設定の色」をタップしましょう。

iPhone,Word,文字色削除 ↓

iPhone,Word,文字色が戻ったことを確認

文字色が元の色に戻っていることが分かります↑。

Wordテキストの保存

Wordアプリでは、基本的にOneDriveに自動保存されます。
そのため、特に「保存作業」を行う必要はありません

アプリ画面右上の「…」をタップして、「OneDriveの自動保存」がONになっているか確認してください。

iPhone,Word,その他 iPhone,Word,自動保存

WordファイルをPDFで保存

次に、WordファイルをPDFで保存する方法をご紹介します。

ネットプリントを行う際には、ファイルの形式をPDFにすることを求められる場合もあります。
そのため、WordアプリからファイルをPDF形式で保存する方法をしっかり覚えておきましょう。

 

iPhone,Word,エクスポート

 

右上の「…」「エクスポート」の順でタップしていきましょう。

 

iPhone,Word,PDF変換

 

上の画像にあるように「PDF」をタップしてください。

 

iPhone,Word,PDFで保存

 

PDFファイル名を入力して、右上の「エクスポート」をタップしましょう。

 

 iPhone,Word,pdfにエクスポート

 

「オンラインのファイル変換を許可しますか?」と聞かれるので、「許可」をタップしましょう。
これで、WordファイルをPDF変換して保存することができました。

 

iPhone,Word,PDFファイルを確認

 

アプリの「最近の項目」をタップしてみてください。
作成したPDFファイルが追加されています。

PDFファイルはOneDriveに保存されているので、パソコンから確認することも可能です。

 

PC,OneDrive,保存ファイル

PC,PDFファイル

↑しっかりPDFファイルに変換されていることが分かります。

Wordファイルをメールに添付して送信

最後に、「Microsoft Word」アプリで作成したファイルを、メールに添付して送信する方法をご紹介します。

 

iPhone,Word,コピーを送信

 

アプリ右上の「…」→「コピーを送信」の順にタップします。

 

iPhone,Word,送信するコピーの設定

 

メールに添付するファイルの「書式」「送信手段」を選択してください。
「別のアプリで送信する」をタップすると、以下のような画面が出ます。
送信手段をタップしましょう。
ここでは、Gmailを選択します。

 

iPhone,Word,コピーの送信手段

 

Gmailをタップしたら、すでにWordファイルが添付されたメールが作成されます。
送信アドレスを入力・送信者を選択して、送信しましょう。

 

iPhone,Word,メールに添付

Office365を購入すれば「フルスペック」で使える

Office365を購入することで、Wordを「フルスペック」で利用することができます。

Office365とは?

Office365は、毎月または毎年、料金を支払うことで利用できるサービスです。

 

Office365を導入することで、Word・Excel・PowerPointなどのアプリケーション利用の他、

  • 「メール・スケジュール・連絡先管理」
  • 「情報やドキュメントを共有」・「クラウド上での共同作業」
  • 「Web会議システムによるオンライン会議」

などが可能になります。

「iOS用 Office365」を購入すれば、iPhoneやiPadでもOffice365の機能を利用することができます。
iOS用 Office365 モバイルアプリを購入

第2位:Googleドキュメント

実は、Office公式のWordアプリ以外にも、Wordファイルを編集・保存できるアプリがあります。
その一つが「Googleドキュメント」です。

Googleドキュメント,ファイル共有

 

「Googleドキュメント」では、いつでも・どこでも・オフラインでも、Wordファイルを編集・保存・共有できるサービスです。
「Googleドキュメントアプリ」を使用することで、iPhoneやiPadでもWordファイルを編集することができます。

このGoogleドキュメントは、「Googleドライブ」というGoogleのクラウドストレージサービスと一体化しています。
そのため、Googleドキュメントで作成したファイルや文書の変更などは、自動的にGoogleドライブに保存されます

また、Googleドキュメントでは、自分以外の人とファイルを共有することができます
そのため、チームで同じ文書を閲覧・変更・保存することが可能です。

同じドキュメントを、同時に編集することもできるので、リアルタイムで共同作業する際に向いているサービスです。

Googleドキュメント,共有イメージ画像

出典:AppleStore

第3位:OfficeSuite

「OfficeSuite」では、「Officeファイル(Word・Excel・PowerPoint)」の作成・編集・保存の他「PDF」編集もすることができます。

Office Suite,アプリ,アイコン画像

 

この「OfficeSuiteアプリ」一つで、Wordファイルの他、ExcelやPowerPointといったファイルも、外出先で編集したり閲覧したりすることができるので、非常に便利です。

「OfficeSuite Drive」にサインインすれば、15GBのクラウドスペースを無料で利用することが可能です。
また、「Googleドライブ」「OneDrive」「Dropbox」などの各種クラウドサービスとも連携することができます

Wordアプリで『文字が打てない』ときの原因と解決法

Q. Wordアプリで文字を打つためのキーボードが無くて文字が打てません。どうすれば良いでしょうか?
A. 編集モードになっている可能性があります。

iPhone,Word,編集モード

 

Wordの編集モードになっていると、文字を入力するキーボードが表示されません。
キーボードを表示するには、右にある「▼」をタップしてください。

 

iPhone,Word,キーボード

 

そうするとキーボードが表示されるので、文字入力を再開できます。
もし、編集モードにしたい場合は、「…」をタップしてください。

Wordアプリが『使えない』ときの原因と解決法

Q. Wordアプリが開かず、使うことができません。原因や対処法を教えてください。
A. アプリのアップデート、端末の再起動などを試してみましょう。

アプリ自体がうまく起動しない場合は、

  • Wordアプリをアップデートする
  • iPhone・iPadを再起動する
  • マルチタスクを終了する
  • iOSを最新バージョンにアップデートする
  • 一度アプリを削除して、再インストールする

といった方法を試してみてください。

アプリがうまく機能しないときの対処法について詳しく知りたい方は、iPhoneのアプリ動作が重いし急に落ちる原因と5つの改善方法とは?を参考にしてみてください。

まとめ

今回は、パソコンで利用する機会の多いOfficeアプリケーション「Word」を、iPhone・iPadで利用する方法おすすめアプリをご紹介してきました。

「外出先でも、手軽にWordファイルを編集・閲覧・保存したい!」という方は、ぜひ参考にしてみてください!

 iPad/iPhoneのExcel(エクセル)編集できる無料アプリTOP3とは?

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す