ipodとiTunesが同期できない原因と対処方法とは?

この記事は約 8 分で読むことができます。

iPod・iPad×mac(Windows10)のiTunesで同期できない時の対処法。「不明なエラー」「一部の曲だけ同期できない」「曲がグレー表示」「充電はできるのに・・」「同期が終わらない」「ドライバーのダウンロード方法は?」等も解説。

iPod iPad iTunes 同期 原因 対処方法

Mac(iTunes)×iPodを同期できない時の対処

MacにiPodをUSB接続しても、MacのiTunesが接続したiPodを認識してくれなくて「同期することができない」というトラブルが発生したときの対処法について解説していきます。

まずは、以下7つの「簡易的な対処法」を試してみてください。

簡易的な対処法

  1. iPodのロックが解除されていて、ホーム画面が表示されているかを確認し、パソコンに再接続する
  2. 「最新バージョンのiTunes」を使用しているか確認する
  3. MacまたはWindowsのソフトウェアが最新バージョンであるかを確認する
  4. iPod・パソコンそれぞれの電源が入っているか確認する
  5. 「このコンピュータを信頼しますか?」が表示されたら「信頼」をタップする
  6. パソコンの「USBポート」や「USBアクセサリ」が正常か確認する
  7. コンピュータとiPodを再起動する

上記の対処法をで問題が解決できないようなら、以下の対処法を試みてください。

簡易的な対処法でも解決できなかった場合

MacのiTunesがiPodを認識してくれない時の対処法

①iPodのホーム画面が表示されている状態で、MacにUSB接続する

②Macで「option」キーを押しながら、「Appleメニュー」をクリックして、「システム情報」または「システムレポート」をクリックする

③画面左側にリストが表示されるので、「USB」を選択する

④「USB装置ツリー」という項目の下に「iPod」が表示された場合、macOSを最新のものにアップデートする

⑤他社製のセキュリティソフトウェアをアンインストールする

Windows10×iPodを同期できない時の対処

次に、「Windows10」がiPodを認識してくれなくて、iTunesに同期できない時の対処法について解説します。

まずは、Macのところでも紹介した「簡易的な対処法」を試してみましょう。
それで解決できない場合、これから説明する「細かな対処法」で対処する必要があります。

ちなみに、この対処法は、iTunesを「Appleからダウンロード」したか、「Microsoft Storeからダウンロード」したかで手順が異なります。

iTunesを「Appleからダウンロード」した場合

Windows10のiTunesがiPodを認識してくれない時の対処法

①iPodを一度パソコンから取り外し、iPodのホーム画面が表示されている状態で、再びパソコンに接続する

②「Windows+R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」というコマンドを開く

③「ファイル名を指定して実行」のウインドウに
%ProgramFiles%\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers
と入力し、OKをクリックする

「usbaap164.inf」または「usbaapl.inf」というファイルを右クリックし、「インストール」する

⑤パソコンからiPodを取り外し、パソコンを再起動する

⑥iPodを再接続して、iTunesを開く

iTunesを「Microsoft Storeからダウンロード」した場合

この場合、「Apple Mobile Device USB Driver」を再インストールする必要があります。

手順

①iPodをパソコンから外し、iPodのロックが解除されていてホーム画面が表示されている状態になるデ、再びiPodとパソコンをUSB接続する

②iTunesが開いたら、閉じる

③「スタート」ボタンを右クリックして、「デバイスマネージャー」をクリックする

④「ポータルデバイス」を展開して、「Apple iPod」というデバイス名を右クリックし、「ドライバーの更新」をクリックする

⑤「ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索します」をクリックする

⑥ソフトウェアの最新版がインストールされたら、再びiTunesを開く

【新しいパソコン】iPod内の音楽を移す方法

新しいパソコンを購入し、これまでiTunesに保存されていた音楽が消えてしまったので、再びiPod内にある音楽をiTunesに移したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

基本的に、「iTunes→iPod」は可能ですが、「iPod→iTunes」に音楽を移すことはできない仕様となっています。

しかし、iOSデバイス向けのデータ管理ツール「AnyTrans for iOS」を活用することで、iPod内にある音楽をiTunesに移すことができます。

手順

「AnyTrans for iOS」をパソコンにインストールする

②AnyTrance for iOSを起動して、iPodとパソコンをUSB接続し、「iTunesへ」をクリックする

③「カテゴリを選んでください」で「音楽」を選択し、画面右にある「>(次へボタン)」をクリックする

④iTunesへの移行が開始される

  音楽や写真データのバックアップやiOSの管理ならAnyTransがオススメ!

iPodを同期できない時によくある事例

ここからは、iPodをiTunesに同期できない時によくある事例をご紹介していきます。

「不明なエラー」の表示が出る

iPodとパソコンをUSB接続した際に、「不明なエラー」「0xE」エラーが表示された場合は、すでに上記で説明した対処法を試してみましょう。

それでもiTunesがiPodを認識してくれない場合は、「Appleサポート」に問い合わせることをおススメします。

「不明なエラー(-54)」の表示が出る

「不明なエラーが起きました(-54)」というエラーメッセージは、パソコンまたはiPod上のファイルがロックされていることが原因で表示されます。

エラーメッセージが表示されたら「OK」をクリックして、同期を続けてみてください。

OKをクリックしても、同期が開始しない場合は、「パソコンとiPodそれぞれを再起動」して、「iTunesが最新バージョンか / iOSが最新バージョンか」を確認し、再び同期をしてみてください。

一部の曲が同期できない「エラー(-5000)他」

音楽を同期する際に、「同期できません」「エラー -5000 / -69 / 13010 / 13014」などのエラーメッセージが表示されることがあります。

このエラーの場合、以下の対処法を順番に試してみてください。

対処法

①iTunesとiOSを最新バージョンにアップデートする

 

②iTunesを開き、「ファイル」→「ライブラリ」→「ライブラリを整理」の順にクリックして、「ファイルを統合」にチェックを入れ「OK」をクリックする【iTunesライブラリの統合】

 

他社製のセキュリティソフトウェアの設定を変更してみる

 

④問題の原因になっている曲が分かる場合、一度その曲を削除してから再ダウンロードしてみる

充電はできるのに、認識されない・同期しない

iPodとパソコンをUSB接続した際に、「充電はできるのにiTunesには認識されない」という問題が発生することがあります。

このトラブル、「iPodがロック状態」・「ソフトウェアが最新バージョンになっていない」・「『このコンピュータを信頼しますか?』で信頼をタップしていない」ことが原因であるケースが多いです。

一度「簡易的な対処法」を試してみてください。

iTunesの曲名がグレー表示で同期できない

iTunesの曲名がグレー表示されていて、iPodに同期できない場合、iTunesの「オプション」で「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」が有効になっている状態で、曲のチェックマークが外れている可能性が高いです。

 

iTunes,ミュージック,チェックボックス

 

チェックが外れている曲は、

 

iTunes,ミュージック,グレー表示

 

グレー表示されています。

iTunesのミュージックライブラリを開いて、曲のチェックが外れていないか確認してください

iPodの内容が全部「その他」になっている

iTunesに同期したiPodのデータ内容が、すべて「その他」になってしまうという事例があります。

これはiTunesに何らかの不具合が生じた結果起きるトラブルと考えられます。

一度iTunesを閉じ、パソコンを再起動してみましょう。
また、お使いのiTunesが最新バージョンになっているかも確認してみてください。

同期が終わらない

時折、同期が終わらないというトラブルが発生することがあります。

この場合、まず「iTunes」が最新バージョンになっているか確認しましょう。

iTunesが最新バージョンにも関わらず同期が終わらない場合は、iTunesを一度アンインストールし、再びパソコン内にインストールしてみてください。

その他、iPodを再起動したり、使用しているUSBケーブルを変えることで改善されることがあります。

  【知らなきゃ損!】iTunesの同期が遅い原因と対処方法とは?

古いiPod(Classicなど)でどうしても同期できない時の対処

古いiPodを使ってiTunesと同期できない場合は、表示されたエラー番号などをメモしておいて、「iTunesサポート」でどのような不具合が生じているのか確認してみましょう。

  iTunesとiPhoneを同期する方法!同期できない、曲が認識できずに消える原因など!

まとめ

今回は、「iTunesがiPodを認識してくれなくて同期ができない」というトラブルに対する対処法についてまとめてきました。

当記事でも紹介しているように、まずは「簡易的な対処法」を試してみましょう。
多くの場合、ソフトウェアのアップデートやデバイスの再起動によって問題を解決できます。

トラブルが発生しても、焦る必要はなく、当記事を参考に適切な対処を行ってください!




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す