ipodとiTunesが同期できない原因と対処方法とは?

この記事は約 8 分で読むことができます。

iTunesはiPodやiPadでの利用に重要な存在です。そんなiTunesと上手く同期ができない時、一体どうしたら良いのでしょうか

iPod iPad iTunes 同期 原因 対処方法

音楽や写真、動画データをPCからiPadやiPodへ同期するとき、必要となるのがiTunesというソフトです。

このApple製のフリーソフトを使えば、PCとiPodやiPadをLightningケーブルで接続して、同期ボタンをクリックするだけで、簡単にデータを同期することが可能となっています。

そんなiTunesとiPodやiPadが上手く同期できない……。

今回はそんなトラブルのよくある原因と対処方法をまとめてみました。

iTunesのデータが破損していませんか?

iTunesそのものや関連するファイルが破損していると、上手く同期できなくなることがあります。

こうしたデータ破損は決して珍しいものではなく、ちょっと無理な操作をしてストレージに負担を掛けてしまった程度でも起こり得るので、注意が必要です。

対処方法として一番手軽なのは、iTunesを一旦アンインストールして、もう一度インストールし直す方法。

ただし、再インストールを行うとiTunesの設定データが引き継がれないこともあるので、再度一から設定しなおす覚悟をした上で対処しましょう。

USB端子が接触不良や故障を起こしている

PC / Mac とiOSデバイスの接続をLightningケーブル経由で行っている場合、PC側のUSB端子が汚れや変形などで接触不良を起こしていると、データ通信が上手くできず、同期が失敗してしまいます。

対処方法は以下の通り。

別のLightningケーブルを試してみる

USB端子にはどうしても個体差があるので、それが原因の接触不良であれば、別のLightningケーブルを使うことで改善可能です。

USB端子を洗浄する

PC側のUSB端子が汚れていると、接触不良を起こしてしまいます。

そんな時は、市販の接点復活剤を使って端子部分の汚れを取ってあげましょう。

また、埃が詰まっている程度であれば、エアダスターのようなもので埃を除去するのも良いでしょう。

iTunes Wi-Fi同期を利用する

PC版iTunesには、Wi-Fiを使って同じネットワーク上のiPhoneとワイヤレスで同期できる機能が搭載されています。

通信速度などの面からあまりお勧めはしませんが、緊急避難的に利用するなら十分でしょう。

PCを修理に出すか買い換える

自作PCであればパーツ交換などで対応できる場合もありますが、市販のPCは基本的にパーツ交換を行うことは出来ません。

その為、USB端子に異常がある場合、メーカーへ修理に出すか、場合によっては買い替えを検討するのが現実的です。

また、最近は安価なWindows PCも増えているので、そうしたPCを1台買ってiTunes専用にしてしまうのも良いでしょう。

PC/Macの内部ストレージが異常を起こしている

比較的多いのが、PC/Macの内部ストレージ(SSDやHDD)が以上を起こしているケース。

この場合、上手く同期ができなかったり、そもそもiTunesやPC/Macの動作が不安定になってしまったりします。

特に、内部ストレージとしてHDDを使っている方は要注意。

最近多く採用されているSSDと異なり、HDDは内部にモーターなどの動作部分があるので、無理な操作や衝撃などで故障を起こしやすい傾向があるのです。

対処法は以下の通り。

HDDを交換する

HDD交換が可能なモデルの場合、PCショップなどでHDDを購入して、それと交換するのが一番手っ取り早い方法です。

ただし、そうしたことが出来るのは、自作PCやショップブランドのタワー型デスクトップPCなどに限られます。

最近多い小型PCやMacは、交換不能だったり、可能でも非常に難しかったりするので、あまり現実的ではないでしょう。

また、交換は自己責任になるので、データが上手く移行できなかったり、最悪PC自体が故障してしまっても泣かない覚悟が必要となります。

修理に出す

HDD交換ができないPCを使っていたり、交換できるものでも自信がない場合は、メーカーへ修理に出してHDD交換をして貰う必要があります。

Lightningケーブルが断線している

Apple製のLightningケーブルは、iOSデバイスにに最初から入っている物も、別売りで売られている物も、決して強度が高いとはいえません。

これは今に始まったことではなく、Lightningになる前のドックケーブル時代から指摘されていることです。

対応策は以下の通り。

Appleの保証サービスを利用する

新品で購入したiPadやiPodは、購入から1年間の製品保証が付いてきます。

意外と知られていないのですが、実はこの保証には付属のLightningケーブルも含まれているので、保証の期間内であれば断線や破損したLightningケーブルを無料で交換してもらうことが可能です。

方法も簡単。手元にiPadやiPodを用意したら、以下のAppleサポートページから問い合わせてみましょう。

Appleサポート窓口

実際の交換はApple直営店や世紀サービスプロバイダ店だけでなく、宅急便で行うこともできます。

筆者は以前宅急便利用で交換しましたが、新品到着も迅速な上、新しいケーブルを持ってきた宅配ドライバーさんに壊れたケーブルを渡すだけで良いので、実に簡単です。

強度の高いLightningケーブルを利用する

Apple以外のサードパーティメーカーから、強度を重視したLightningケーブルが発売されています。

やや高価なのが難点ですが、「とにかく強度の高い物を使いたい」という方にはお勧めです。

ただし、いくら強度が高いといっても、細いケーブルですから限界があります。

加えて、強度の定義もメーカーにより様々。ケーブルを引っ張る力に対して強いものもあれば、捻じれに対して耐性を高めているものもありますから、自分の使い方に合わせた物を選ぶ必要があるでしょう。

消耗品と割り切って安価なケーブルを利用する

高価なケーブルであっても、切れる時は切れるもの。

そこで、安価なケーブルを大量にまとめ買いしておき、切れたら新しい物に交換するという使い方もありだと思います。

特に強度重視のケーブルの場合、どうしてもデザイン面や扱いやすさ(ケーブルの硬さ等)が犠牲になりがちなので、そうした面を重視するという方は安ケーブルまとめ買い作戦の方が向いているといえるでしょう。

ただし、いくら安いといっても、MFi認証を受けていないLightningケーブルはお勧めできません。

最近では認証を受けた商品でも1本当たりの単価が安い物が増えていますから、わざわざ非認証品を選ぶメリットもあまりないとは思いますが……。

iOSデバイス側のLightning端子が接触不良を起こしている

PC側のUSB端子の場合と同様、iOSデバイス側のLightning端子に接触不良が起こっていると、上手く同期できないことがあります。

内部に埃が溜まっている程度なら、カメラ用のブロアー(風を出して埃を飛ばす道具)を使って埃取りをすることで回復できる可能性があります。

ただ、それ以外の要因の場合は、下手にいじるとAppleの保証を受けられなくなる可能性もあるので、極力ユーザーは手を付けず、Appleのサポート窓口に相談することをおすすめします。

iPadやiPodに何らかのソフトウェア的なエラーが起きている

ハードウェアではなく、ソフトウェアに何らかの問題が出ているのも、よくあるケースです。

ゲームでいうところの「バグ」と同じで、iOSデバイスもコンピューターですから、バグや内部のデータ破損などが原因で、同期が上手く行かないこともあるのです。

そんなときは、以下のような対処を試してみてください。

iPadやiPodを再起動する

単に「ちょっと調子が悪い」程度のレベルであれば、再起動することで改善する場合もあります。

やり方
  1. 本体のスリープボタンを長押しする
  2. 画面に「スライドして電源OFF」と表示されるので、それをスワイプ。
  3. 画面が完全に消えたら、スリープボタンをAppleマークが表示されるまで長押しする。

iPadやiPodを初期化する

もし、内部のデータを諦めても問題ない(あるいは、きちんとバックアップを行っている)ということであれば、完全に初期化してしまうのも1つの手。

ソフトウェア的な問題であれば、これで解決できる場合も少なくありません。

初期化の方法
その1:iPad(iPod)を探すをOFFにする
  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 「iCloud」をタップする
  3. 一覧の中から「iPad(iPod)を探す」を探し、OFFにする。
  4. AppleIDのパスワードが求められるので、入力する。
その2:内部のデータや設定を削除(初期化)する
  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 「一般」を選択する
  3. 一覧の中から「リセット」を開く
  4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択する
  5. パスコードを入力する
  6. 「iPad(iPod)を消去」を選択する

初期化作業完了後にiPhone(iPad)が再起動するので、初期設定の画面が表示されれば完了です。

その1とその2を行うことで、iPad(iPod)内の設定やデータが全て消去されます。

まとめ:同期ができなくても、あわてず落ち着いて対処が大事!

というわけで、今回はiPadやiPodとiTunesの同期が上手く行かない場合の、良くある原因と対処方法をご紹介しました。

普段当たり前にできることが不調になると焦ってしまいがちですが、そんな時こそ落ち着いて。

この記事を参考にして対処してみてくださいね。

それでは、快適なAppleライフを♪

 

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す