【Zenly】あいまい・フリーズは相手にバレる?相手側の見え方も

あいまいに設定すると、アイコンは現在いる場所の位置情報がはっきりと表示されなくなり、どこら辺にいるかはわかるものの、はっきりとどの場所にいるかわからなくなります。

あいまいではフリーズと違い、アイコンをタップすると「あいまい」と表示されるので、あいまいに設定していることが簡単にばれてしまいます。

あいまいにされた相手側は、「正確な位置情報を見せてください!」とリクエストを送ることもできるので、リクエストが来たら気まずい思いをしてしまいます。ちなみにリクエストを断っても通知はいきません。

今後関わらない相手なら「友達の削除」でOK

今後関わらない相手であれば、友達の削除を考えてみましょう。

まずはZenlyを開いて、右上にある設定ボタン(歯車マーク)をタップします。タップしたら、削除したい友達を選択します。

選択したら、その友達のメニューがでてくるので、次は左上にある設定ボタン(歯車マーク)をタップします。タップしたら、「友達の削除」を選択します。

これで友達の削除は完了です。削除をすると、相手側からも自分が消えるので、自分だけ見られているということはなくなるので安心してください。

削除しても、メッセージや友達追加申請がしつこい場合は、ブロックなど対策を考えてみましょう。

フリーズ解除後は滞在時間がリセットされる

フリーズ解除後には、滞在時間がリセットされます。

例えば家にいた時に友達をフリーズにし、学校にいってしばらくしてフリーズを解除したとしても、実際は学校に何時間も滞在しているにも関わらず、フリーズ解除した時点から学校の滞在時間がカウントされます。

他の例で行くと、例えば家にいる時にフリーズをし、こっそりと浮気相手の家に行って、自分の家に帰ってきてフリーズを解除したとします。すると、自分の家に帰ってきてフリーズを解除した時点からの滞在時間がカウントされます。これは、もともと家にいた時間にプラスしてカウントされないので注意が必要となります。

フリーズにすると、滞在時間は一旦0となり、解除した時点から滞在時間はカウントされます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

Zenlyのゴーストモードのフリーズは、そのばで固定されて表示されます。見え方としては、スマホの電源がオフになっているときや、インターネットやGPSに繋がっていないときと同じ表示となっていますが、あまり長時間フリーズをするとバレる危険性があるので気を付けましょう。

あいまい表示では、アイコンは現在いる場所の位置情報がはっきりと表示されなくなり、どこら辺にいるかはわかるものの、はっきりとどの場所にいるかわからなくなります。アイコンであいまい表示にしていることが表示されるため、すぐにバレてしまいます。正確な位置情報を表示してほしいとリクエストを送ることもできます。

今後関わらない相手であれば、友達の削除するのもオススメです。友達の削除をすると、相手側からも自分が消えるので、自分だけ見られるということがないので安心です。しつこい場合はブロックも考えましょう。

フリーズをすると、いままでの滞在時間はリセットされ、フリーズ解除時点から滞在時間がカウントされるので気を付けましょう。

あいまいとフリーズは全く機能が違うので、機能をしっかり知った上で設定するのをおすすめします。