FRepでゲームの周回が楽に!使い方と導入方法を丁寧に解説します

最後に、記録した操作を実際に再生させて動作を確認しましょう。まず、操作を記録したアプリ画面を開いて、通知センターから「FRep」をタップしてパネルを表示させます。パネルを表示させたら、再生ボタンを押して動作が正常に行われるか確認しましょう。再生ボタンがRecになっていたら、Recをタップすると切り替えられます。この一連の流れは下のどうをみるとわかりやすいでしょう。

FRepの対応機種

せっかく「FRep」をインストールしてもインストールした機種が「FRep」に対応していなければ意味がありません。「FRep」を使うことができないからです。「FRep」はAndroridのみに対応しているので、そもそもiPhoneは対応していません。よってiPhoneは対応機種ではありません。また、アンドロイド端末であっても使えないこともあります。「FRep」の使用が可能な対応機種、動作環境は以下のとおりです。Android2.3.3以降のOS(具体的には、Andorid2.3.4、Andorid4.1.2、Andorid6.0、Andorid7.1.1、Andorid8.0、Andorid8.1、Andorid9、Andorid10、Pixel3aで動作が確認されています。)

代わりの自動タップアプリ3選

実は、「FRep」以外にもAndroidでアプリの操作を自動化してくれるアプリはあります。どれにも使い方に特徴と長所・短所があります。例えば、「FRep」は開発者向けツールを有効にしたりパソコンやもう一つのアンドロイド端末を使って設定をすることが必要でした。この使い方を少し大変で面倒だなと感じた人もいたことでしょう。今から紹介するものの中には、アプリをGoogleプレイストアからインストールするだけで使えるものがあります。ただし、そのアプリの場合には広告を解除するのに課金が必要であるなど一長一短です。そこは自分の好みや優先する使い方に合わせて選ぶといいです。

 オートクリッカー

一つ目は、「オートクリッカー」です。オートクリッカーはここ(https://play.google.com/store/apps/details?id=simplehat.clicker&hl=ja&gl=US)からインストールできます。オートクリッカの特徴とは導入が非常に簡単できるという点です。ここからは、導入方法と使い方を簡単に説明します。

オートクリッカーを導入するにはまず、ダウンロードとインストールをします。上のURLから指示に従えば簡単にできますので実行してみてください。それからオートクリッカーを起動させると、ようこそと書かれた画面が開きます。その画面でオーバーレイ権限の承認とアクセシビリティサービスの開始が求められます。オーバーレイの権限は「承認」>「他のアプリの上に重ねて表示できるようにする」と進んでください。アクセシビリティサービスは「開始」>「オートクリッカー」>「このサービスの使用」>「OK」のように進んでください。

次はオートクリッカーの使い方です。権限設定を有効にするとメニューが開けるようになります。「開始:シングルターゲット・モード」を選択すると一つの場所をタップしてくれ、「開始:マルチダーゲット・モード」を選択すると複数の場所をタップしてくれますので使いたい方を選択しましょう。初回使用の時には「ご注意ください」というウインドウが開きます。説明書を読みたい時には「はい」を、すぐに使用に移る場合には「スキップする」を選択してください。画面上にオートクリッカーのボタンが表示されたら、三角マークが再生ボタンです。オートクリッカが有効になっている時間はボタンが緑色になります。マルチターゲットの場合には+ボタンを押すたびに数字が割り当てられたポインターが増えます。これらのポインタをタップさせたいところに割り当ててから再生ボタンを押すとタップが始まります。

 クリックアシスタント 

二つ目は、「クッリックアシスタント」です。ダウンロードはこちら(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rise.automatic.autoclicker.clicker&hl=ja&gl=US)からできます。無料版と有料版があります。無料版でのクリックターゲット数は十五箇所ですがmフリックにも対応しており、メニューも豊富なのが特徴です。発行元は台湾の会社で、評価は4.4と非常に高くなっています。ターゲット数15で十分に使えるのか?と疑問に思う人がいるかもしれませんが、フリックと合わせると15以上対応することができ、十分に使えます。それでも物足りない人は有料版を検討してもいいかもしれません。

こちらも使い方としては、スマホのアクセシビリティ権限を許可する必要があります。スマホ端末の「設定」>「ユーザ補助」から設定ができます。各アプリごとに設定できますので、該当のアプリのユーザー補助をオンにしてください。また、「他のアプリの上に重ねて表示できるようにする」も同様にオンにする必要があります。ただこちらはアプリの指示に従っていれば自然とオンにする画面が出てきますのでそれほど心配しなくても大丈夫そうです。

Auto Clicker

3つ目のおすすめアプリは「Auto Clicker」です。このアプリはこちら(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.truedevelopersstudio.automatictap.autoclicker&hl=ja&gl=US)からインストールできます。使い方の特徴は画面のシンプルさです。そのため非常にわかりやすく使いやすくなっています。100以上のクリックターゲットに対応しているのもポイントが高いです。1パターンしかセーブできない点と、クリックターゲットが多少見づらくなっているという点は少々マイナスポイントです。他のツールだと、半透明白背景の黒丸に数字が書かれていたりするので見やすいですが、このAuto Clickerは青丸に赤文字で数字が書いてあるので、背景もカラフルだと少し見づらいです。

まとめ

ここまで「FRep」の使い方、導入・設定方法や他におすすめのアプリを紹介しました。ゲームの操作などでは寝ている間にレベルを上げられちゃう便利なアプリです。この記事を読んで「FRep」を上手に使ってゲームをより楽しんでしまいましょう。