Facebookで他人に名前を検索されても非表示にすることは可能?

こんにちは、Apple Geeks Laboライターのなおたろです。今や SNS の中でもトップクラスの知名度を誇るようになった Facebook 。 Facebook では名前から友達を検索することができますが、今回は他人からの名前の検索で表示されないようにする方法について取り上げます!

Facebook を利用しているよ!という方、とても多いと感じます。

SNS の中でも匿名性が低く、学歴や職歴を入力するとかつての同級生・同僚が知り合い候補に表示されることもザラ。

連絡先をなくしちゃった友達と Facebook でもう一度つながれた!なんていう嬉しいこともある反面、

筆者のように黒歴史的な過去を抱えている場合は「正直同級生とか候補に出てきてほしくないんだけど」と感じることもあるでしょう。

そんな「検索で非表示にしたい!」という願いをお持ちのみなさんのために、他人から名前で検索されたときに表示されないようにするための方法を調べてきました!

Facebook で自分のページが表示されにくくなる方法4つ

メールや電話番号で検索されにくいように設定する

友達以外の人からは、メールアドレスや電話番号で検索されない方法です。

「プライバシー設定とツール」→「検索と連絡に関する設定」を選びます

「メールアドレスを使って私を検索できる人」→「友達」

「電話番号を使って私を検索できる人」→「友達」

それぞれ、このように設定します。

これで、 Facebook で友達になっていない人からは、電話番号やメールアドレスで検索されなくなります。

コンテンツ(投稿内容)の公開範囲を設定する

Facebook の自分の投稿を不特定の人に見られないように設定します。

ブラウザ版で Facebook を起動し、

  • 画面右上の設定

画面右上の「▼」→「設定」→ 「プライバシー」をクリックします。

  • プライバシーと設定ツールの画面

「アクティビティ」→「今後の投稿の共有範囲」→「編集する」を選びます。

  • 今後の投稿の共有範囲

「今後の投稿の共有範囲」で公開範囲を設定します。

「次を除く友達」、「一部の友達」、「自分のみ」、「カスタム」があります。「カスタム」は、自由に公開範囲を設定できます。

ここで、「公開」にしてしまうと、検索される可能性は高くなるので気をつけましょう。

繋がりのない人から友達リクエストを拒否する

「プライバシーと設定ツール」→「検索と連絡に関する設定」→「私に友達リクエストを送信できる人」から設定します。

繋がりのない人からのリクエストを拒否するためには、「友達の友達」に設定しましょう。

ちなみに設定が「全員」だと、誰でも自由に友達リクエストをできるので注意しましょう。

Google等の検索エンジンで検索されないようにする

「プライバシー設定とツール」→「検索と連絡に関する設定」→「 Facebook 外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可する」のチェックを外します。

実は Facebook の初期設定では、Googleなどの外部検索エンジンでも、検索、表示されるので注意しましょう。

Facebook で他人に名前を検索されても非表示にできる?

namae

かつては検索で非表示に設定することが可能だった

Facebook には以前、名前で検索されても検索結果に表示されないようにする設定項目が用意されていました。

が、2013年にその項目は削除されてしまっています。

検索で非表示にする設定が削除されたワケとは

というのも、 Facebook 上で、名前での検索に対しては非表示にできたものの、他人のタイムラインへの投稿や在籍していた企業や学校の情報など、名前以外の方法で検索されてしまうと、非表示にすることができなかったためです。

つまり、現在では設定を変更することで名前で検索されたときにプロフィールを非表示にすることはできないということになります。

他人に名前を検索された時の対処法

発想転換

残念なことに、現在の Facebook では名前で検索された時に非表示にするという設定はできません。

でも、何とかして他人に発見されたくない… SNS 上では平穏に過ごしたい…という方、安心してください、まだ手はあります。

検索から除外してもらう設定ができないなら、 Facebook 上で検索されてもヒットしないようにしてしまえばいいのです。

自分の名前を英語やカタカナにしてみる

facebook 名前変更

Facebook でアカウントの名前を変更するには、「設定」>「一般アカウント設定」>「名前」>「変更」を選択します。

Facebook では、原則的に本名で登録することが求められるため、Twitterのようなアカウント名に設定することは難しいです。しかし、最も単純な対策として、 Facebook 上の名前の表記を英語やカタカナにするという方法があります。

こうすれば、完全一致することがぐっと減るため、検索結果に上がってきにくくなります。

とはいえ、 Facebook 上で、名前でのアカウント検索から完全に除外してもらうことはできないため、根本的な解決策ではないということは注意してください。

まとめ

いかがでしたか?

残念ながら Facebook 上で、名前での検索から完全に逃れる手段はないものの、名前の表記を工夫するだけで対策することが可能です。

そう言えば、 Facebook のアカウントの名前を英語表記にしている方も多いですもんね。

完璧とは言えなくとも少なからず効果はありますので、気になる方は試してみてくださいね!

コメントを残す