iPhoneの歴代CPUを比較!アプリ「iMonitor」の使い方も解説

iPhoneに搭載されているRAMも年々高性能になっていますので、できるだけ高性能なRAMが搭載されているiPhoneを選択すると安定して使うことができますのでチェックしましょう。

④CPU

CPUはできるだけ高性能なものがおすすめです。CPUはいわば頭脳ですので、そこが高性能でないとiPhoneを安定して使うことができないので、チェックすべき大事なポイントの1つです。

⑤カメラ画素数

写真を撮影するのが趣味という人はカメラの画素数で選びましょう。カメラの画素数が高ければ高いほど高画質で美しい写真を撮影することができますのでカメラの画素数をチェックしてみましょう。

⑥バッテリー容量

バッテリー消費が遅ければ遅いほどいいiPhoneです。バッテリー消費が早いとiPhoneは使いづらくなってしまいますのでバッテリー消費が早いかどうかを調べてみてから購入しましょう。

⑦NFC

NFC、いわゆる近距離無線通信企画も大事なポイントです。かざすだけで通信できるポイントが広ければ広いほどとても使いやすいiPhoneとなるので、 NFCもチェックすべきポイントです。

⑧連続駆動時間

連続駆動時間も、とても大事なポイントです。連続駆動時間が長いとiPhoneを連続して長い間使うことができるので、連続駆動時間がどれくらいなのかをチェックしてから購入してみましょう。

⑨LTE

通信規格であるLTEは3Gより早く通信することができるので一気にデータを取得して動画などを早く見ることができます。通信規格がLTEかどうかをチェックすることも購入する上で大事です。

[用途別]iPhoneのスペックの選び方