iPhone12のスペックを紹介!iPhoneX/11との比較も

待望のiPhone12シリーズが発表されました。miniProPro Maxなどを合わせた4種類があります。これを期に新しいiPhone12にしようと思っても、どれを買うか迷っている人が気になるスペックをお伝えします。

iPhone12シリーズの基本のスペック一覧

発表されたiPhone12シリーズは全部で4種類。とにかく一番スペックいいものが欲しい!という人は迷わずiPhone12 Pro Maxを買います。持ち運びを考えてスペックを抑えても一番小さいのが欲しいという人はiPhone12 miniを検討します。しかし、

今は自分がどれを買ったらいいか分からない人はそれぞれのスペックの違いを知って、自分に合ったiPhone12の購入ができます。それぞれの違いを性能表で確認できます。

無印・ProPro MaxMiniの性能表

無印

Pro

Pro Max

mini

画面サイズ6.1インチ

Super Retina XDRディスプレイ

6.1インチ

Super Retina XDRディスプレイ

6.7インチ

Super Retina XDRディスプレイ

5.4インチ

Super Retina XDRディスプレイ

ディスプレイ性能2,532×1,170ピクセル解像度 460ppi

True Toneディスプレイ

2,532×1,170ピクセル解像度 460ppi

True Toneディスプレイ

2,778×1,284ピクセル解像度 458ppi

True Toneディスプレイ

2,340×1,080ピクセル解像度 476ppi

True Toneディスプレイ

通信規格5G5G5G5G
リアカメラデュアル12MPカメラシステム

超広角/広角

光学式手ぶれ補正

Pro 12MPカメラシステム

超広角/広角/望遠

デュアル光学式手ぶれ補正

Pro 12MPカメラシステム

超広角/広角/望遠

センサーシフト光学式手ぶれ補正

デュアル12MPカメラシステム

超広角/広角

光学式手ぶれ補正

ナイトモードポートレートなしありありなし
ビデオ4Kビデオ撮影

Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps

4Kビデオ撮影

Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps

4Kビデオ撮影

Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)

4Kビデオ撮影

Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps

ズーム光学2/デジタル5光学4/デジタル10光学5/デジタル12光学2/デジタル5
LiDARスキャナなしありありなし
チップA14 BionicチップA14 BionicチップA14 BionicチップA14 Bionicチップ
バッテリー最大17時間のビデオ再生最大17時間のビデオ再生最大20時間のビデオ再生最大15時間のビデオ再生
生体認証Face IDFace IDFace IDFace ID
防水性能水深6メートルで最大30分間の耐水性能水深6メートルで最大30分間の耐水性能水深6メートルで最大30分間の耐水性能水深6メートルで最大30分間の耐水性能
充電方式MagSafeアクセサリとワイヤレス充電器に対応MagSafeアクセサリとワイヤレス充電器に対応MagSafeアクセサリとワイヤレス充電器に対応MagSafeアクセサリとワイヤレス充電器に対応
ストレージ64/128/256128/256/512128/256/51264/128/256
高さ146.7mm146.7mm160.8mm131.5mm
71.5mm71.5mm78.1mm64.2mm
厚さ7.4mm7.4mm7.4mm7.4mm
重量162g187g226g133g
カラーブルー

グリーン

PRODUCT RED

ホワイト

ブラック

パシフィックブルー

ゴールド

グラファイト

シルバー

パシフィックブルー

ゴールド

グラファイト

シルバー

ブルー

グリーン

PRODUCT RED

ホワイト

ブラック

iPhone12の特徴と注目の新機能

iPhoneは毎年、性能のアップだけではなく新機能を搭載しています。iPhone12も新機能を搭載しました。注目のキーワードは「5G」、「MagSefe」、「mini」です。それぞれの特徴を知るならiPhone12に乗り換えるかどうか判断できます。

5G対応

iPhone12からついに5Gに対応しました。これにより高速データ通信が可能になります。ただ、まだエリアが限られていることや、日本で販売されるiPhone12シリーズは「ミリ波」に対応していないことから、5Gを日常で体感できるにはもう少し時間がかかりそうです。

MagSafeに対応

MagSafeはもともとMacBook AirProで使用されている仕組みでした。iPhone12からこのMagSafeが採用されいています。別売りのMagSafe充電器(税別4500円)を購入して使用することができます。

miniの登場

iPhone史上初めて「mini」という名前がついたiPhoneが登場しました。Appleの公式サイトでは、「世界で最も小さく、薄く、軽い、5Gスマートフォン」と謳われています。iPhoneSEを除いて近年、大型化する傾向がありましたが、小さいiPhoneが好みのユーザにとってベストサイズとなることが期待できます。

iPhone12iPhoneX/11からのスペックの変更点

Phoneは毎年、スペックがアップしています。iPhoneXiPhone11iPhone12のスペックをカテゴリー別で比べることでスペックの変更点を確認できます。

プロセッサ

iPhoneX

iPhone11

iPhone12

プロセッサ

A11 Bionicチップ

Neural Engine

A13Bionicチップ

3世代Neural Engine

A14 Bionicチップ

次世代Neural Engine

iPhone12では、A14 Bionicが採用されています。iPhone11に採用されているA13Bionicと比較すると、チップ性能は40%高速になっているそうです。また、GPUコアは30%高速化されています。チップだけ見てもスペックが大幅にスペックが向上していることが分かります。

カメラ・フロントカメラ

iPhoneX

iPhone11

iPhone12

リアカメラ

デュアル12MPカメラ

広角/望遠

デュアル12Mカメラ

超広角/広角

ナイトモード

Deep Fusion

デュアル12Mカメラ

超広角/広角

ナイトモード

Deep Fusion

フロントカメラ

7MPの写真

12MPの写真

12MPの写真

カメラのスペックも向上しています。リアカメラでは、「Dolby Vision対応HDRビデオ撮影」が追加されました。「Dolby Vision」は、HDRの映像規格の1つです。次世代のHDR規格でより鮮やかなビデオ撮影が可能になるとのことです。フロントカメラも向上しています。フロントカメラもDeep Fusionやナイトモードに対応しました。フロントカメラもリアカメラもスペックがアップしていることが分かります。

通信方式

iPhoneX

iPhone11

iPhone12

通信方式

4G

4G

5G

iPhone12から5Gに対応しました。4Gは最大1Gbps程度ですが、5G10Gbps(論理値最大100Gbps)と言われています。より高速で安定した通信を行うことができます。

バッテリー性能

iPhoneX

iPhone11

iPhone12

バッテリー

最大13時間のビデオ再生

最大17時間のビデオ再生

最大17時間のビデオ再生

iPhone12シリーズのバッテリー容量はiPhone11シリーズのバッテリー容量と比較すると、減少しています。しかし、駆動時間は維持されています。バッテリー容量が減少しても、駆動時間が維持されているのは、A14 Bionicのスペックが向上していることが考えられます。

デザイン

iPhoneX

iPhone11

iPhone12

デザイン

丸みがあるデザイン

丸みがあり手に馴染むデザイン

フラットデザイン

iPhone11シリーズまでは丸みがるデザインが使用されていました。iPhone12シリーズでは、シャープでフラットなデザインが採用されています。

付属品

iPhoneX

iPhone11

iPhone12

付属品

EarPods with Lightning Connector

Lightning-USB-A

USB-A電源アダプタ

Lightning-3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ

EarPods with Lightning Connector

Lightning-USB-C

USB-C電源アダプタ

Lightning-USB-C

比較表を見ると、iPhoneが発売されるたびに付属品が減っていることが分かります。iPhone12では、Lightning-USB-Cケーブルのみとなっています。Appleは環境維持の取り組みとして、付属品を減らしたようです。

iPhone12】下取り方法と価格

新しいiPhoneに買い換える場合、今持っているiPhoneを手放さずに購入することもできますが、今持っているiPhoneを下取りすることで、iPhone12をできるだけ安く購入することができます。

方法

自分が使っているApple Storeか通信事業者に使い終わったiPhoneを持っていくことで、下取りしてもらうことができます。iPhoneの査定額がiPhone12の代金から引かれたり、ポイントで還元されることでより安く購入することができます。

Apple・3大キャリア全てで下取り可能

iPhoneの下取りは、AppledocomoauSoftBankで行われています。下取り金額がiPhone12の購入代金から引かれたり、ポイント還元されます。使い終わったiPhoneを下取りすることで、よりお得にiPhone12を購入できます。

下取り価格

下取り価格は、各社違います。Appleの下取り価格は、docomoauSoftBankの下取り価格よりも低く設定されています。価格表は最大下取り額となっています。下取りするiPhoneの状態で価格が下がる可能性があります。各社が発表している下取り価格は下記の通りです。

Apple

デバイス名

最大下取り額

iPhone11 Pro max

66,000

iPhone11 Pro

62,000

iPhone11

41,000

iPhoneXs Max

47,000

iPhoneXs

37,000

iPhoneXR

31,000

iPhoneX

30,000

iPhone8 Plus

26,000

iPhone8

17,000

iPhone7 Plus

18,000

iPhone7

10,000

iPhone6s Plus

10,000

iPhone6s

8,000

iPhone6 Plus

7,000

iPhone6

4,000

iPhoneSE(1世代)

5,000

docomo

デバイス名

最大下取り額

iPhone11 Pro max

81,900

iPhone11 Pro

70,700

iPhone11

45,400

iPhoneXs Max

62,600

iPhoneXs

51,800

iPhoneXR

37,500

iPhoneX

35,000

iPhone8 Plus

33,000

iPhone8

24,300

iPhone7 Plus

21,500

iPhone7

14,500

iPhone6s Plus

14,000

iPhone6s

8,000

iPhone6 Plus

6,500

iPhone6

4,000

iPhoneSE(1世代)

7,000

au

auはポイントによる下取りを実施するようです。

デバイス名

最大下取り額

iPhone11 Pro max

62,700

iPhone11 Pro

57,200

iPhone11

36,850

iPhoneXs Max

44,000

iPhoneXs

39,050

iPhoneXR

28,600

iPhoneX

30,800

iPhone8 Plus

23,100

iPhone8

18,700

iPhone7 Plus

18,150

iPhone7

13,750

iPhone6s Plus

9,900

iPhone6s

7,700

iPhone6 Plus

6,600

iPhone6

2,750

iPhoneSE(1世代)

2,750

SoftBank

デバイス名

最大下取り額

iPhone11 Pro max

55,200

iPhone11 Pro

48,000

iPhone11

33,600

iPhoneXs Max

37,200

iPhoneXs

32,400

iPhoneXR

26,400

iPhoneX

22,800

iPhone8 Plus

19,200

iPhone8

13,200

iPhone7 Plus

13,200

iPhone7

9,600

iPhone6s Plus

6,000

iPhone6s

3,600

iPhone6 Plus

3,600

iPhone6

2,400

iPhoneSE(1世代)

2,400