【iPhone】クイックスタートでデータ移行をする手順の解説

iPhoneのクイックスタートという機能を知っていますか。iPhoneのクイックスタートは、機種変更などでデータ移行をする際にとても便利な機能になっています。ここではiPhoneのクイックスタートでデータ移行する方法について紹介していきます。

クイックスタートとは?【iPhone】

iPhoneのクイックスタートという機能を利用したことはありますか。iPhoneのクイックスタートとは、今使っているデバイスの情報を利用して、新しい iOS デバイスやiPhoneデバイスをすばやく設定を移行することができたり、データ移行が今までよりも簡単にできる機能となっています。今まではiPhoneのデータ移行をする際は、iCloudやiTunesを利用して古いiPhoneのバックアップを作成して、新しいiPhoneに復元する手間がありましたが、このクイックスタートを利用すると簡単にデータ移行をすることができます。

新旧iPhone間で設定の引継ぎとデータの移行

iPhoneのクイックスタートは古いiPhoneから新しいiPhoneにデータ移行するだけではなく、古いiPhoneの設定情報についても簡単に移行することができます。なのでiPhoneの設定をカスタマイズしている人には新しいiPhoneで再設定する必要がありません。しかしiOSによって利用できなくなっている設定については新しいiPhoneにデータ移行できないこともありますので、クイックスタートを行う前に確認しておきましょう。

クイックスタートでデータ移行するのに必要な条件【iPhone】

iPhoneのクイックスタート機能は今まで手順や事前準備がめんどくさかったiPhoneのデータ移行を簡単にしてくれる機能になっています。しかしiPhoneのクイックスタートを利用するためには必要ないくつかの条件があります。ここではこれからiPhoneのクイックスタートを利用して、データ移行を検討している人向けに前提条件について紹介していきますので、前提条件をクリアしているかをチェックしてみましょう。

①新旧iPhoneの共にiOS12.4以降になっていること

まずiPhoneのクイックスタートを利用するためには古いiPhoneも新しいiPhoneもiOS12.4以上になっている必要があります。恐らく新しいはiOSが最新版になっているためあまり気にする必要はありませんが、古いiPhoneはiOSのバージョンをチェックしておく必要があります。もし古いiPhoneをiOS12.4よりも古いバージョンの場合は、iOSのアップデートを行ってからクイックスタート機能を利用するようにしましょう。

②空きストレージが十分にあること

またクイックスタート機能を利用する場合は、古いiPhoneのストレージと新しいiPhoneのストレージ容量に余裕があることを確認しておきましょう。古いiPhoneの方がストレージサイズが大きかったりすると新しいiPhoneにデータ移行する際にストレージサイズが経足りずエラーになってしまうこともあります。なので古いiPhoneで利用しているストレージサイズを確認してから、新しいiPhoneを準備するとそのようなトラブルに遭うことはありません。

③安定したWi-Fiに接続してあること

iPhoneのクイックスタートでデータ移行をする場合は、WIFI環境で実行する必要があります。これはネットワーク経由で古いiPhoneから新しいiPhoneにデータ移行を行うためモバイルデータ通信だと安定したネットワークアクセスができずデータ移行が失敗することもあります。なのでできる限り家のWIFIなどの安定しているネットワーク環境を利用してクイックスタートを開始するようにしましょう。

クイックスタートでデータ移行する方法【iPhone】