iPhone SEのスペックをiPhone6sと比較!防水機能

この記事は約 11 分で読むことができます。

2017年販売からいまだに人気のiPhone SE防水性能・防水加工について比較・解説。完全防水化(ip68)・防塵・耐衝撃にできる薄い防水ケースも。雨やお風呂で使える?などカンタンな生活防水対策も紹介しています。

iPhonese,防水,比較

2017年販売のiPhone SEが未だに人気!その理由とは

みなさんは「iPhone SE」をご存知でしょうか?

iPhone SEは「iPhone 5s」の後継機として開発されたiPhoneで、他のiPhoneモデルと比較して「安価・小さい」という特徴を持ったiPhoneです。

2016年3月に、日本を含む11か国で発売されました(初期モデル:16GB・64GB)。

そして2017年に発売された「iPhone SE 次期モデル(32GB・128GB)」は、発売から1年以上経過しているにもかかわらず、未だに人気の高いiPhoneモデルです。

今も根強い人気を誇るiPhone SEのSIMフリー版は、Amazonで購入することができます。↓

iPhone SE(SIMフリー版)
 iPhone SE(32GB)
スペースグレイ
iPhone SE(32GB)
ローズゴールド
 iPhone,iPhoneSE,スペースグレイiPhone,iPhoneSE,ローズゴールド
値段34,190円30,300円
Amazon

  SIMフリーとは何か?3分で理解する格安スマホのメリットデメリット

発売から時間が経過し、iPhone Xsのような最新バージンが発売されているにも関わらず、どうしてiPhone SEは人気を維持し続けているのでしょか。

iPhone SE・iPhone 6s・iPhone Xsのスペック比較

なぜiPhone SEが未だに人気なのか、スペックを確認しながら、その理由を考えてみましょう。
以下に「iPhone SEのスペック表」「iPhone 6s・iPhone Xsとの比較表」を掲載します。

スペック表

iPhone SEスペック表
iPhone本体の色・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
・ローズゴールド
容量・16GB
・32GB
・64GB
・128GB
サイズと重量・高さ:123.8mm
・幅:58.6mm
・厚さ:7.6mm
・重量:113g
ディスプレイRetinaディスプレイ
液晶画面1,136×640
カメラ・1200万画素
・5枚構成レンズ
ビデオ撮影4Kビデオ撮影(3,840×2,160 30fps)
連続通話時間14時間
インターネット利用13時間
ビデオ再生13時間
防水性能

iPhone SEのスペックは上記のようになっています。

次に「iPhone 6s・iPhone Xs」のスペックと比較してみましょう。

 iPhone SEiPhone 6siPhone Xs
iPhone本体の色・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
・ローズゴールド
・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
・ローズゴールド
・シルバー
・ゴールド
・スペースグレイ
容量・16GB
・32GB
・64GB
・128GB
・16GB
・32GB
・64GB
・128GB
・64GB
・256GB
・512GB
サイズと重量・高さ:123.8mm
・幅:58.6mm
・厚さ:7.6mm
・重量:113g
・高さ:138.3mm
・幅:67.1mm
・厚さ:7.1mm
・重量:143g
・高さ:143.6mm
・幅:70.9mm
・厚さ:7.7mm
・重量:177g
ディスプレイRetinaディスプレイ3D Touch搭載Retina HDディスプレイSuper Retina HDディスプレイ
液晶画面解像度1,136×6401,334×7502,436×1,125
カメラ・1200万画素
・5枚構成レンズ
・1200万画素
・5枚構成レンズ
・1200万画素
・6枚構成レンズ
ビデオ撮影4Kビデオ撮影(3,840×2,160 30fps)4Kビデオ撮影(3,840×2,160 30fps)4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
連続通話時間14時間14時間20時間
インターネット利用13時間10時間12時間
ビデオ再生13時間11時間14時間
防水性能

iPhone SEのメリットとデメリット

iPhone SEの購入を検討している方、iPhone SEを利用しようか悩んでいる方のために、上記のスペック表を基にした「iPhone SEのメリット・デメリット」をご紹介します。

メリット

iPhone SEのメリットとしては以下のようなポイントが挙げられます。

  1. 日本人の手の大きさにフィットするサイズ感
  2. バッテリー持ちが良い
  3. 格安で手に入る
  4. スペックも最新モデルと引けを取らない
日本人の手の大きさにフィットするサイズ感

iPhone SEの大きな特徴と言えるのが、「端末本体のサイズ」です。

2018年に発売されたiPhone Xsなどの端末サイズは非常に大きく、「持ちずらい・操作しにくい・片手で操作することが難しい」という感想も聞こえてきます。

iPhone SEは「iPhone 5s」の後継機として開発されたこともあり、非常にコンパクトなサイズ感になっています。
日本人の手のひらサイズにピッタリのサイズであるため、片手でも楽に操作することができます

  iPhone SEのサイズは4インチ?iPhone6sとデザインの違いを比較!

バッテリー持ちが良い

「iPhone SE」のメリットの一つに、「バッテリーの持ちが良い」という特徴があります。

普段、iPhoneを利用してネットサーフィンをしたり、ニュースを見たりする人が多いはずです。

上記のスペック表を比較してもらうと分かるのですが、「iPhone SE , iPhone 6s , iPhone Xs」の3機種の中で、iPhone SEが最も「インターネット利用時間」が長いです。

「バッテリーの持ちが良いか」というポイントで購入するiPhoneを選んでいる方も多いはず。
実は、最新機種よりも、iPhone SEの方がバッテリーの持ちが良いということを覚えておきましょう。

格安で手に入る

iPhone SEのメリットと言えば、「iPhoneシリーズの中でも、非常に安い価格で購入できる」点でしょう。

現在発売されているiPhoneシリーズの中でも、iPhone SEの端末価格は非常に安価となっています。

「SIMフリー版」のiPhone SEを購入すれば、月々のスマホ料金も抑えることができるので、非常にお得にiPhoneを使うことができます。

Amazonで購入する場合
 iPhone SE(32GB)
SIMフリー版
iPhone 6s(32GB)
SIMフリー版
iPhone Xs(64GB)
SIMフリー版
値段30,300円33,299円123,000円
スペックも最新モデルと引けを取らない

「『iPhone SE』は発売されてから時間が経っているのだから、スペックは最新機種と比較すると劣ってしまうのでは?」と疑問に感じ、iPhone SEの購入を躊躇されている方がいるかもしれません。

しかし、iPhone SEのスペックは、最新機種のスペックと比較しても決して引けを取りません

例えば、カメラの画素数は、最新機種のiPhone Xsと同じく「1200万画素」です。
上記で説明したように、バッテリーの持ちも十分です。

デメリット

ここまでiPhone SEのメリットを解説してきましたが、デメリットもいくつかあります。

iPhone SEのデメリットとしては「画面のサイズが小さい」「画面の解像度は他の機種よりも劣る」というポイントが挙げられます。

iPhone SEは、「手のひらサイズのコンパクトなサイズ感」が大きなメリットとなる一方で、「画面サイズが他の新しい機種よりも小さい」点がデメリットともなり得ます。

iPhoneでYouTubeやNetflixなどを視聴する機会が多い人にとっては、小さな画面よりも、iPhone Xsのような大画面で動画を見たいと感じるかもしれません。

また、「画面の解像度」に関しては、iPhone SEよりも後に開発・発売されたiPhoneシリーズより劣ってしまいます

iPhone SEの防水性能は?防水加工されている?【検証動画】

最新のiPhoneモデルは「防水性能」が非常に高いという特徴があります。

ところで、「iPhone SEの防水機能」はどうなのでしょうか。

この疑問を検証している動画があります。↓

この動画では、iPhone 5s・iPhone SE・iPhone 6sの防水性能をチェックする実験動画です。

それぞれのiPhoneのストップウォッチを起動させたまま、水の中に沈め、どのくらいの時間機能し続けるのかを実験しています。

この動画の実験によると、「iPhone 5s」は開始5分ほどでディスプレイ表示に異変が生じ、結果的に操作不能となってしまいました。

しかし、「iPhone SE」「iPhone 6s」に関しては、1時間程度水没させた状態にしても、イヤホンジャック等に多少の障害が生じた以外は、通常通り動作していました。

この動画を見ると、iPhone SEは防水性能があるようにも感じます。
「一瞬、水の中に落としてしまった」などの状況において、iPhone SEは問題なく動作するでしょう。

ただ、iPhone SE端末自体の作り・部品においては、決して防水加工されているわけではありません。
そのため、最新のiPhone Xsのように「水没しても安心」と考えるのは危険です。

薄いけど優秀!iPhone SEを完全防水・防塵性能(ip68)耐衝撃にできる防水ケース

もしものケースに備えて「防水グッズ」を利用することで、安心してiPhone SEを使用することができます。

そこで、おすすめの「iPhone SE用防水・防塵ケース」をご紹介します。

 Merit iphone5/5S/SE 防水ケース
Meritの特徴

IP68テストによって承認された「防水・防塵・耐衝撃」機能アリ!

全方位カバーがされていますが、スピーカー穴があるため、通話音質の影響を最小限にしています。

「防水ケースを利用した場合、通話に影響が出ない?」と不安に感じる方がいるかもしれません。

防水ケースは基本的に「通話用のホール・穴」がしっかり用意されているので、通話への影響は最小限に抑えられているので安心です。

  【2018年最新版】iPhone SEおしゃれな手帳型ケース人気ランキング!

iPhone SEはお風呂・雨でも平気?ユーザー口コミ

「実際にiPhone SEを使ってみてどうなんだろう?」と気になる方も多いはず。

iPhone SEを実際に利用している方の口コミを見てみると、特に防水対策をせずにお風呂にiPhone SEを持ち込んでいる方が意外に多くいるようです。↓

iPhone SEを生活防水に耐えるようにするカンタンな方法

iPhone SEを生活防水に耐えられるようにするカンタンな方法があります。

それは「ジップロック」などにiPhone SEを入れることです。

「雨の日にiPhone SEを利用して壊れてしまうのが心配」などという方は、至急iPhone SEを防水にする方法としてジップロックを利用する方法を試してみるのも良さそうです。

まとめ

今回は、iPhone SEのスペックや防水性能について解説してきました。

「iPhone SE」が未だに絶大な人気を誇っている理由が分かったのではないでしょうか。

iPhone SEは、他のiPhoneシリーズと比べて「格安」な上に、「スペック」も他のシリーズと引けを取らず、「防水アイテム」を利用すれば水周りでも安心して利用できます。

iPhone SEを購入したい方は、「SIMフリー版」をAmazonで購入することで、さらに安く済ませることができますよ!

iPhone SE(SIMフリー版)
 iPhone SE(32GB)
スペースグレイ
iPhone SE(32GB)
ローズゴールド
 iPhone,iPhoneSE,スペースグレイiPhone,iPhoneSE,ローズゴールド
値段34,190円30,300円
Amazon

  iPhone SE SIMフリーのデメリット・メリットと評判とは?

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す