【失敗しない!】 iPhone の写真を iTunes でバックアップする方法とは?

iPhone を使っていると、どんどん溜まってしまうのが写真たち。思い出の詰まったこの写真を、お手軽にバックアップする方法を今回はご紹介します。

iPhone に詰まった大切な写真たち。

家族や友人、恋人などと一緒に撮ったり、旅行先で綺麗な景色を撮ったり、かわいいペットを撮ったり、内容はさまざまですが、どれも大事なものです。

しかし、紙の写真と違い、 iPhone の中身はデジタルデータ。 iPhone が万が一故障したりすると、二度とそれを見ることが出来なくなってしまいます。

そこで今回は、そんな大切な写真を iTunes で PC / Mac にバックアップする方法を解説します。

[the_ad id=”12721″]

はじめに:用意する物

今回は、以下の道具を用意してください。

PC または Mac

バックアップを取るには、 PC または Mac が必要です。

また、写真をバックアップするためには、 PC / Mac 側のストレージにもその分の空き容量が必要となります。

容量が心もとない場合は、事前に PC / Mac 内のいらないデータを削除するか、USB接続の外付けSSDやHDDを用意しておくのがおすすめです。

最新版の iTunes

Windows は Apple の HP からダウンロードすることができます。

http://www.apple.com/jp/itunes/download/

Mac は最初からインストールされているので、それを使えば大丈夫です。

Lightning ケーブル

iPhone と PC や Mac を繋ぐ Lightning ケーブルが必要です。

iTunes の Wi-Fi 同期機能を使うとワイヤレスで作業をすることもできますが、データ量が多くなると時間が掛かるので、 Lightning ケーブルで直結する方がおすすめです。

バックアップする方法

iTunes を使って iPhone をまるごとバックアップする

PC / Mac の iTunes には、 iPhone 内の写真やアプリなどほぼ全てのデータをまるごとバックアップできる機能が備わっています。

この機能を使うことで、簡単に写真のバックアップを取ることが可能です。

ただし、バックアップされたファイルの中身を直接確認することはできないので、「 PC や Mac で写真を管理したい」という方には向きません。

PC から直接 iPhone の写真をコピーする

コメントを残す