【失敗しない!】iPhoneの写真をiTunesでバックアップする方法とは?

この記事は約 6 分で読むことができます。

iPhoneを使っていると、どんどん溜まってしまうのが写真たち。思い出の詰まったこの写真を、お手軽にバックアップする方法を今回はご紹介します。

iphone

iPhoneに詰まった大切な写真たち。

家族や友人、恋人などと一緒に撮ったり、旅行先で綺麗な景色を撮ったり、かわいいペットを撮ったり、内容はさまざまですが、どれも大事なものです。

しかし、紙の写真と違い、iPhoneの中身はデジタルデータ。iPhoneが万が一故障したりすると、二度とそれを見ることが出来なくなってしまいます。

そこで今回は、そんな大切な写真をiTunesでPC/Macにバックアップする方法を解説します。

Sponsored Links


はじめに:用意する物

今回は、以下の道具を用意してください。

PCまたはMac

バックアップを取るには、PCまたはMacが必要です。

また、写真をバックアップするためには、PC/Mac側のストレージにもその分の空き容量が必要となります。

容量が心もとない場合は、事前にPC/Mac内のいらないデータを削除するか、USB接続の外付けSSDやHDDを用意しておくのがおすすめです。

最新版のiTunes

WindowsはAppleのHPからダウンロードすることができます。

http://www.apple.com/jp/itunes/download/

Macは最初からインストールされているので、それを使えば大丈夫です。

Lightningケーブル

iPhoneとPCやMacを繋ぐLightningケーブルが必要です。

iTunesのWi-Fi同期機能を使うとワイヤレスで作業をすることもできますが、データ量が多くなると時間が掛かるので、Lightningケーブルで直結する方がおすすめです。

バックアップする方法は2種類ある

案内・女性

iPhoneの中にある写真をバックアップするには、大きく分けて2つの方法があります。

iTunesを使ってiPhoneをまるごとバックアップする

PC/MacのiTunesには、iPhone内の写真やアプリなどほぼ全てのデータをまるごとバックアップできる機能が備わっています。

この機能を使うことで、簡単に写真のバックアップを取ることが可能です。

ただし、バックアップされたファイルの中身を直接確認することはできないので、「PCやMacで写真を管理したい」という方には向きません。

PCから直接iPhoneの写真をコピーする

WindowsPCでは、PC側から直接iPhone内の写真を閲覧、コピーすることが出来ます。

この場合、iTunesは不要です。

アプリのバックアップなどは取れませんが、その代わりに写真をそのままバックアップすることができるので、バックアップ後にPCで編集等を行いたいという方におすすめです。

「写真」アプリでバックアップを取る(Macのみ)

最新版のmacOS Sierraでは、標準搭載の「写真」アプリを使って簡単にMacへ写真をバックアップすることが出来ます。

このアプリはMac専用なので、Windowsにはない利点ですね。

それでは、次項から順番にそれぞれのやり方を説明していきましょう。

iTunesを使ってバックアップする

itunes起動しない

準備は出来ましたか?

それでは、次にiTunesを使ったバックアップの方法をご紹介します。

バックアップの方法

iTunesでのバックアップ方法(windows版iTunesの場合)
  1. PCでiTunesを起動させ、iPhoneをLightningケーブルで接続します。
  2. windows版ではメニューバーの「コントロール」の下辺りにiPhoneのマークが出ますので、それをクリック。
  3. 画面中段「バックアップ」の項目内にある、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れる。
    • このパスワードを忘れるとデータを復旧できなくなるので、必ず忘れないように気をつけてください。
  4. 同じ項目内の「今すぐバックアップ」をクリックしてバックアップを開始する。

この方法では、前述の通りiPhone内部のファイルをほぼ全てまるごとバックアップします。

ただし、出来上がったバックアップファイルの中身を見たり、「写真だけ復元」「このアプリだけ復元」といったような個別の復元は行えないので、純粋にバックアップを行うだけと考えてください。

また、前回バックアップしたファイルは、次にバックアップ作業を行うと上書きされ消えてしまいます。

そういった点も考えると、写真のバックアップ方法としてはあまり現実的とはいえないでしょう。

iTunesを使わずに写真だけをPCにバックアップする

続いては、PCを使ってiPhoneの写真ファイルを直接確認・コピーする方法です。

やり方(Windows10の場合)

  1. PCとiPhoneをLightningケーブルで接続する
  2. iTunesが起動している場合は、それを「☓」ボタンで終了させる。
  3. スタートボタン(画面上の田の字のようなマーク)をクリック
  4. 表示されたスタートメニューから「エクスプローラー」をクリック
  5. 左側の階層一覧から「PC」を選択
  6. ウィンドウの右側にストレージの一覧が表示されるので、そこからiPhoneを選んでクリックする。
  7. iPhone内のフォルダが表示されるので、それを辿っていく。
  8. 撮影した写真や動画が保存されているフォルダが出てきたら、その中身をドラッグ・アンド・ドロップで保存したいPCのフォルダにコピーする。
    • iPhone内から写真を消してしまっても良いのであれば、コピーではなく移動を選択しても大丈夫です。

WindowsはiPhoneを外付けドライブとして認識するので、撮影した写真と動画データはUSBメモリなどと同じようにコピーすることが出来ます。

逆に、iPhone側へ写真や動画を送り込むことも出来るので、このやり方を覚えておくと便利ですよ。

「写真」アプリでMacにバックアップする

Macで写真のバックアップを行うときは、macOS Sierra付属の「写真」アプリを利用すると便利です。

使い方

  1. 「写真」アプリをMacで起動する
  2. iPhoneをLightningケーブルでMacに接続する
  3. 画面上部にある「読み込み」をクリックする
    • 読み込みに時間がかかることもあるので、特にデータ量が多い場合は少しだけ待つと良いでしょう。
  4. 未保存の写真を全て保存する場合
    1. 「すべての新規項目を読み込む」をクリックする。
    2. Mac側に保存されていない写真が、全自動で一括してバックアップされます。
  5. 保存したい写真を選ぶ場合
    1. 保存したい写真を「command+クリック」で選択。
    2. 「選択した写真を読み込む」をクリックする。

なお、こちらの「写真」アプリは、古いバージョンのMacOSには搭載されていません。

その場合は最新版のOSにアップデートするか、旧バージョンに付属の「iPhoto」を使ってバックアップしましょう。

まとめ:iTunesに頼らなくても大丈夫!大事な写真は今すぐバックアップ♪

というわけで、今回はiPhoneに保存されている写真のバックアップ方法についてご紹介しました。

iPhoneとのデータのやり取りというと、どうしてもiTunes経由を想像しがちですが、記事中でも触れたように、実際はiTunesを介さずに行うことが出来ます。

ちなみに、今回はご紹介しませんでしたが、実際のバックアップではPCやMacへの保存に加えて、GooglePhotoなどのクラウド系サービスへ二重にバックアップを取っておくのがお勧め。

これなら、万一PCやMacが故障してもバックアップを維持できますし、ネット経由で外出先でもすぐに写真を確認できるので、離れて暮らす家族と写真を共有したり、仕事で必要な画像を瞬時に相手に送ることも出来て便利です。

最新のiPhone7 / 7Plusでは更にカメラ機能も向上しましたし、バックアップ環境をしっかり整えて、iPhone写真ライフを楽しんでみては如何でしょうか?

▶︎iPhone機種変更するとメール履歴は消える?バックアップ方法とは!
▶︎MacBook Pro/AirをTime Machineでバックアップ復元する方法と使い方!
▶︎【iPhone/iPad】Dropboxの基本的な使い方と電話帳バックアップ方法!




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す