iPhone13は買うべき?主な7つの新機能紹介とともに解説

128GB256GB512GB1TB
iPhone13mini¥86,800¥98,800¥99,880
iPhone13¥98,800¥110,800¥134,800
iPhone13Pro¥122,800¥134,800¥158,800¥182,800
iPhone13Pro Max¥134,800¥146,800¥170,800¥194,800

iPhone13/miniでは約1,000円の値下げ、iPhone13Pro/Pro Maxでは約5,000円の値上げとなりました。日常使いするユーザーの多くはiPhone13/13miniで十分なスペックなので、少しですが値下げされたのは買うべき理由になりそうです。

今回から追加されたiPhone13Proの1TBストレージですが、約200,000円とかなり高額です。Mac Book AirやMad Book Pro、iMacをも購入できる価格設定なのが気になるポイントです。

iPhone13を買うべき人の主な6つのポイント

では、iPhone13を買うべき人の6つのポイントを紹介します。iPhone13で追加された新機能や性能はiPhone13シリーズでしか堪能でないので当然買うべきポイントです。

シネマティックモードで撮影をしたい人

iPhone13シリーズの最も大きな目玉の新機能といっても過言では無いのが「シネマティックモード」です。SNSでは一部の方から映画のような動画撮影をすることがないから必要ないという声も上がっています。

ただ、スマホとSNSの進化により、個人単位で今まで以上に様々な発信をできる時代なので、iPhone1つで映画のような臨場感のある動画撮影をして編集までできるのは非常に魅力的です。

iOS15の機能ではなくiPhone13でしか使えない新機能なので、「シネマティックモード」での動画を撮影してみたい方は買うべきポイントの1つです。

カメラの新機能を使ってみたい人

iPhone13シリーズでは、カメラの性能強化は5つあります。さらに、前述した通り、動画撮影には「シネマティックモード」が追加されています。新しいカメラの性能を存分に享受したいの方には買うべきポイントです。

120Hzリフレッシュレートが使いたい人(13 Pro)

120Hzのリフレッシュレートで動くiPhoneはPro/Pro Maxの2機種のみですが、よりヌルヌル動くiPhoneでゲームや動画視聴を楽しみたい方には買うべきポイントです。

画面の表示領域を広く使いたい人

ノッチの20%減少はそこまで大きな変化ではありませんが、少しでも表示領域が広いiPhoneを使いたい方にとっては買うべきポイントです。iPhone14以降にはパンチホイール型に変わるという噂もあるので、表示領域が気になるだけならもう1年待ってみるのもいいかもしれません。

13にしかない新色の本体を選びたい人

iPhone13/13miniの「ピンク」とiPhone13Pro/Pro Maxの「シエラブルー」はiPhone13でしか選べない新色です。オーソドックスな「ブラック」「ホワイト」(カラーネーム変更済)と「PRODUCT RED」以外は1年でラインナップから消えてしまう可能性もあります。

新色を買ってもiPhoneにはケースやカバーを着ける方がかなり多いので、本体のカラーはそこまで気にならないかもしれませんが、それでも好みのカラーがある場合は買うべきポイントになります。

バッテリー持ちを重視したい人

関連する記事