iPhone13のカメラの使い方は?新機能がすごい!

 

iPhone13が今までのiPhoneと比べてもっとも進化し、力を入れられたのがカメラ機能です。iPhone13のカメラに新しく追加された機能の使い方と、iPhone13、13miniとpro、promaxとの違いなども解説していきます。

インスタグラムの写真撮影にお勧め!iPhone13シリーズのカメラに搭載のフォトグラフスタイル機能の使い方

iPhone13のカメラに新しく追加された「フォトグラフスタイル」は、明るさや色の雰囲気などを事前に設定して撮影することができます。同じ設定で写真を撮影することで、写真の雰囲気に統一感を出す使い方ができます。

フィルターを使用して編集する画像との1番の違いは、写真全体の雰囲気が変わってしまうフィルターと違い被写体を分析し肌のトーンを変えることなく自然な雰囲気で撮影できることです。

インスタグラムに投稿する写真を、同じ設定で撮影し続けるような使い方をすると、インスタグラムのギャラリーをお洒落で統一されたギャラリーに見せることができます。

iPhone13miniから使えるフォトグラフスタイル機能の設定方法

iPhone13のフォトグラフスタイル機能の使い方はとてもかんたんです。フォトグラフスタイル機能はiPhone13標準カメラアプリから使います。設定アプリからでもフォトグラフスタイル機能の設定はできますが、細かい設定などができず手間が多いのでカメラアプリからの設定をお勧めします。

  フォトグラフスタイル機能の使い方

  1. カメラアプリを起動する
  2. 画面上部にある三角マークをタップする
  3. 画面下部に撮影メニューが出現する
  4. 四角が重なっているマークを選択する
  5. スワイプして4つのベースとなる設定から1つ選ぶ
  6. 画面下部に表示されている「トーン」と「温かみ」を調整する

上記がフォトグラフスタイル機能の使い方になります。

フォトグラフタイル機能の4つのスタイルを解説

フォトグラフスタイルには4つのベースとなる設定があり、それぞれ特徴が異なります。

「リッチなコントラスト」・・・暗めの印象でドラマチックに撮影できる設定

「鮮やか」・・・明るく鮮明な画像ながらも、加工感が出過ぎない自然な印象で撮影できる設定

「暖かい」・・・ふわっと暖かい印象に撮影できる設定

「冷たい」・・・青が強めの淡い色合いで、クールな印象で撮影できる設定

上記のベースとなる設定でも撮影できますが、ベースの設定に「トーン」「温かみ」を変更して好きな雰囲気に変える使い方ができます。

次にフォトグラフスタイル機能で調整する「トーン」「温かみ」の使い方について解説していきます。

「トーン」調整は彩度調整と似ている!トーン調整の注意点

トーン調整と聞いてもピンとこない方も多いかと思います。トーン調整は画像調整で行う「彩度」の調整とにています。トーンがマイナスだと影が濃くなりやや暗い印象になり、トーンがプラスだと影が薄くなり全体的にふわっと明るい印象になる使い方ができます。

「暖かみ」は色温度と似ている!色温度調整の注意点

暖かみは色温度に似ています。暖かみがプラスになると赤みが強くなり暖かい印象の画像になります。暖かみがマイナスになると青みが強くなり、クールで寒い印象の画像になる使い方ができます。

iPhone13pro,promaxのカメラに搭載のマクロ撮影機能の使い方

iPhone13pro、pro promaxのカメラには、超広角カメラを利用したマクロ撮影機能が搭載

されています。マクロ撮影機能とは、被写体と近い距離から撮影してもピントを被写体に合わせることができる機能です。

至近距離から撮影することで、マクロ撮影独特の雰囲気ある写真を撮影する使い方ができます。

iPhone13proから使えるiPhone13のマクロ撮影機能の設定・撮影方法を解説

マクロ撮影機能の使い方に特別な設定は必要ありません。被写体にiPhone13を近づけると自動でマクロ撮影モードに入ります。マクロ撮影は「ビデオ」「タイムラプス」「スロー」でも使用でき、さまざまな撮影方法でマクロ撮影機能独特の撮影を楽しむ使い方ができます。

自動でマクロモードにならないように「マクロ撮影コントロール」の設定方法

マクロ機能は基本的に自動でマクロモードに切り替わるのですが、「マクロ撮影コントロール」の設定で自動でマクロモードに切り替わらないよう設定できます。

望遠カメラなどを使用中に自動でマクロモードに切り替わってしまうと、広角、望遠レンズから自動でマクロ撮影モードに入り撮影された写真は、デジタルズームによる画角補正が入り画質が悪くなるという致命的な欠点があります。

「マクロ撮影コントロール」の設定は、設定アプリでマクロ撮影モードをONにして、カメラアプリから行えます。設定アプリ→カメラ→マクロ撮影コントロールをオンにします。あとは撮影時に被写体に近づくとマクロ撮影コントロールの花のマークが表示されるのでタップしてオフにするとマクロモードに切り替わらず撮影することできる使い方ができます。

iPhone13とともに発表された機能「シネマティックモード」の使い方を解説