【iPhone13】悪い/良い評判まとめ!おすすめのモデルも紹介

9月24日に最新のiPhone13が発売になりました。毎年恒例の9月のApple Special Eventでの発表になりましたが、発売前から様々な評判が飛び交っています。この記事では、発売前のiPhone13の悪い/良い前評判を紹介します。

【iPhone13】悪い前評判

Apple Special Eventで発表されたiPhone13シリーズの悪い評判から紹介をしてきます。悪い前評判のほとんどは、期待していた機能が搭載されなかったという声が多く、新機能については発売前だからかあまり触れられていません。

ここから紹介する悪い前評判はあくまでも使用前の悪い評判なので、使用してみると気にならないこともあります。ここから紹介する悪い評判が全てではないことは理解しておきましょう。

悪い評判①Touch IDの非搭載

iPhone13の悪い前評判の1つ目は、Touch IDの非搭載です。iPhone13のリークや予想などでTouch IDの搭載されるかどうかかなり注目されていましたが、結果的に搭載されることはありませんでした。

同イベント内で発表されたiPad miniにはボタン内蔵のTouch IDが搭載されていたことを考えるといずれ搭載される可能性はあるのでどうしてもTouch ID搭載のiPhoneを使いたいならとりあえず来年まで待ってみるのも検討の1つです。

悪い評判②Lightningポートの継続

iPhone13の悪い前評判は充電ポートがLightning端子から変更がなかった点です。近年のスマホのほとんどは充電ポートがUSB-Cなので、iPhone13でもUSB-Cの搭載されることを期待されていましたが、今回は叶いませんでした。

同イベント内で発表された新型のiPad miniにはUSB-C端子が搭載されることが発表されていたので、iPhoneがLightningとわかった時は悪い印象を持ったユーザーもSNS上に非常に多くいました。

悪い評判③iPhone12からのスペックの進化を感じられない

iPhone13の悪い前評判は、iPhone12から大きな進化を感じられないという意見です。iPhone12ではデザインが変更になったり等大きな変化がありましたが、iPhone13はマイナーアップデートといった変化でした。

SNSなどの評判を見ているとTouch IDもUSB-Cもなく、大きな進化もないからコストを抑えるためにiPhone12やiPhone11に機種変更するという声も出てきています。

【iPhone13】良い前評判

では次に、iPhone13の良い前評判を紹介してきます。iPhone13を購入する場合、悪い評判と良い評判を天秤にかけ検討してみてください。

良い評判①カメラ性能の強化

iPhone13の良い前評判の1つ目は、カメラの新機能です。カメラの設置位置も変わり、iPhone12Proシリーズのみに搭載されていた「センサーシフト式光学手ぶれ補正」がiPhone13シリーズ全てのモデルに搭載されています。

良い評判②新しいカラーバリエーション

関連する記事