ポケモンGOで位置偽装!iPhoneやAndroidでのやり方

以上のメリットとデメリットを踏まえて自己責任で位置偽装をしましょう。「じゃあどうやって位置偽装すればいいの?」とここで疑問が出てくるかと思われますが、それをこれから解説します。iPhoneとAndroidでそれぞれ位置偽装のやり方が違ってくるので、自分が使っているモバイルOSに合わせて試してみましょう。

【位置偽装アプリやり方】iPhoneの場合

まずはiPhoneでの位置偽装アプリのやり方を解説します。やり方には2通りあるので、興味がある方以下の方法でどちらかを試してみると良いでしょう。

【iPhoneの場合】①iMyFone AnyTo

「iMyFone AnyTo」は有名な位置偽装アプリです。ARゲーム用に仮装位置情報やルートを作成できます。もちろんポケモンGOでも使用可能です。世界のどこにでも位置情報を変更できるので、外から出ることなくポケモンを捕まえることもできます。ただ、WindowsやMacといったパソコンも必要になるので、準備ができる方はこのアプリを試してみると良いでしょう。やり方も簡単で、以下の手順で進められます。

1.公式サイトから「iMYFone AnyTo」をダウンロードしてインストールします。インストール後、ソフトを起動して「スタート」をクリックします。次に画面の指示に従ってパソコンにiPhoneを接続します。

2.「iMYFone AnyTo」の地図が表示されるので、地図をドラッグして位置情報を変えたり、以下の画像のように検索ボックスに地名を入れて「移動」をクリックすることで目的地を選択することができます。

3.目的地を選択してルートを作成したい場合は、以下の画像にある赤い矢印で示されているところをクリックします。

4.先ほどの赤い矢印の部分で示されている部分をクリックしたら、地図上で適当な目的地を選択あるいは検索ボックスで目的地を入れます。すると左側から位置情報が記載されているポップアップが出てくるので、任意で移動回数や速度バーを設定して「移動」をクリックします。

5.すると以下のようにルートが作成されて、仮想の位置情報でまるで実際に自分がそこにいるかのようにGPSを移動させることができます。

【iPhoneの場合】②dr.fone

iPhoneの位置偽装アプリでもう一つ有名なアプリがあります。「dr.fone」と言われるもので、こちらもパソコンが必要なソフトになっています。また、ソフトウェアがWindowsにしか対応していないため、Windowsユーザーに重宝できるソフトです。インタフェースもわかりやすく、位置偽装初心者に優しい作りになっています。以下、やり方を解説します。

1.「dr.fone」をダウンロードしてインストールしたらソフトを起動します。その後、iPhoneをパソコンに接続し、以下の画像で赤い四角で囲まれている「GPS変更」をクリックします。

2.地図が表示されたら、右上の赤い四角で囲まれているところを選択してテレポートモードにします。それから左上の検索ボックスに目的地を入力し、「ここに移動」をクリックします。

3.すると以下のように位置偽装することができます。(ここではイタリアのローマに位置偽装をしています。)

4.位置偽装後、自分が歩いているかのように見せる場合は、右上のところからウォークモードに変更します。(先程はテレポートモードにしていました。)それから、画面下のところで速度を設定し、地図上で任意の目的地を選択します。目的地を選択後、「ここに移動」をクリックしてGPSを動かすことができます。

【位置偽装アプリやり方】Androidの場合

続いて、Androidでの位置偽装のやり方を解説します。Androidにも位置偽装のソフトが用意されているので、iPhoneをお持ちでない方は以下の2通りの方法で試してみると良いでしょう。

【Androidの場合】①自由ロケーション(位置偽装アプリ)

AndroidにはGoogle play storeに「自由ロケーション」といって位置偽装アプリがあります。こちらはiPhoneのようにパソコンを用意する必要もないので、気軽に位置偽装を試すことができます。やり方は以下の手順で行うことができます。

1.まずGoogle play storeから「自由ロケーション」をダウンロードしてインストールします。その後、設定をする必要があります。以下の設定をしておきましょう。

・設定>端末情報>ビルド番号(連続でタップ)>開発者向けオプション>仮の現在地情報アプリを選択>自由ロケーションを選択

2.設定後、「自由ロケーション」を起動します。すると以下のような地図の画面が表示されるので、自分で経度や緯度、地名を入れて位置偽装するか、もしくは地図上でロングタップして目的地を選択します。

3.「自由ロケーション」にも徒歩での移動を再現する機能も備わっているので、設定する場合は「自由ロケーション」のメニュー項目からジョイスティックを設定を選びましょう。

4.設定後、画面の右端にスティックが現れるので、それを使って仮装上でGPSの徒歩を再現することができます。

【Androidの場合】②Fake GPS location

「Fake GPS location」もAndroidで有名な位置偽装アプリです。操作もシンプルで広告も表示されないため、「自由ロケーション」と同様に位置偽装アプリで人気のあるアプリとなっています。以下、やり方を解説します。

1.まずGoogle play storeから「Fake GPS location」をダウンロードしてインストールします。その後、「自由ロケーション」と同じように初期設定が必要なので以下のように設定しておきましょう。

・設定>端末情報>ビルド番号(連続でタップ)>開発者向けオプション>仮の現在地情報アプリを選択>Fake GPS locationを選択

2.「Fake GPS location」を起動すると以下のマップが表示されます。そこから、任意の目的地までドラッグして右下にある緑色の再生ボタンをタップすると位置偽装ができます。

3.先ほどの緑色の再生ボタンをタップしたらGoogleマップを起動してみましょう。そこに、自分が偽装した場所が表示されていれば成功です。

まとめ

ポケモンGOにハマっている方でかなりマニアの方は全てのポケモンを捕まえるために、位置偽装は必要な方法かもしれません。ただ、NIANTIC社の利用規約に反する行為であることなのでアカウント停止と隣り合わせの行為であることは頭に入れておきましょう。また、位置偽装は個人情報を抜き取られる可能性もあります。なので、もし位置偽装をするのであれば、本記事で紹介したアプリやソフトで試すことをおすすめします。自己責任で行うようにしましょう。