iPhone

【iPhone】背面タップの設定方法&おすすめ機能6つを解説

iPhone本体の裏側を2回もしくは3回叩くだけで、事前に設定しておいた様々なアクションを実行できる「背面タップ」機能がiOS14から追加されました。そこで本記事では、背面タップ機能の概要や設定方法、背面タップのおすすめ設定等について解説します。

iPhone背面タップの概要

最初に、iPhoneの背面タップとは何かや対応機種について解説します。

背面タップの対応機種はどれ?

背面タップの対応機種は以下の通りです。

・iPhone8/8 Plus
・iPhoneX/XS/XS Max/XR
・iPhone11/11 Pro/11 Pro Max
・iPhone12/12 mini/12 Pro/12Pro Max
・iPhone SE(第二世代)

iPhone7以前の機種は、iOS14にアップデートしても背面タップが利用できません。

iPhoneケースの使用はできる?

iPhoneの背面タップは、ケースを付けても使用できます。

そもそもiPhoneの背面タップは、背面に触れることで機能しているわけではなく、iPhoneの背面から端末を振動させることで機能する仕組みです。

そのため、本体の背面に直接手が触れる必要はありません。ケースを付けていてもタップの振動が伝わればよいのです。

ただし、分厚いスマホケースの場合はタップの振動が伝わりづらいので、背面タップが上手く反応しない場合もあるでしょう。

背面タップに設定できる機能一覧

iPhoneの背面タップに設定できる機能は以下の通りです。

設定可能な機能できること
アクセシビリティショートカットアクセシビリティのショートカットに設定した機能を起動できる
Appスイッチャー起動しているアプリの切り替え画面を表示できる
SiriSiriを起動できる
SpotlightSpotlight検索を起動できる
コントロールセンターコントロールセンターを表示できる
シェイク操作を取り消しできる
スクリーンショットスクショを撮影できる
ホームホーム画面に戻れる
音量を下げるボリュームを調節できる
音量を上げるボリュームを調節できる
画面をロックロック画面にできる
簡易アクセス片手入力モードにできる
消音マナーモードにできる
通知センター通知センターを表示できる
Assistive TouchAssistive Touchというショートカット機能を起動できる
VoiceOverVoiceOverという読み上げ機能を起動できる
ズームズーム機能を起動できる
画面の読み上げテキストの読み上げ機能を起動できる
拡大鏡カメラを虫眼鏡のようにして画面を拡大できる
反転(クラシック)画面の色を全て反転表示できる
反転(スマート)アプリアイコンや画像以外の色を反転表示できる
下にスクロール画面を下にスクロールできる
上にスクロール画面を上にスクロールできる
ショートカットショートカットアプリで作成した操作を実行できる

「アクセシビリティショートカット」と「ショートカット」機能は、背面タップで利用する前に別途設定が必要です。詳しくは次の章の【応用編】を確認してください。

背面タップの設定方法

次に、背面タップの設定方法をご紹介します。

【基本編】背面タップの設定手順

次のページへ >