Skypeでかかる料金は?通話料金から有料版の値段まで徹底解説!

次はWebでの購入する方法です。

Webでの購入するには

  1. アカウントにサインイン
  2. 「プロフィール画像」の下のボタンを栗九
  3. 購入したいクレジット金額を入力し「続行」
  4. メッセージが表示されるので請求先住所を入力
  5. 支払い方法を選択
  6. 「今すぐ支払う」をクリック

でOK。

これでWebでの購入が完了しました。

プリペイドカードで購入

次はプリペイドカードで購入する方法です。

プリペイドカードで購入するには

  1. コンビニでプリペイドカードを購入
  2. カードの裏面に銀色で覆われた部分を削る
  3. Skypeへログイン
  4. 「クーポンの有効化」をタップ
  5. プリペイドカードの番号を入力
  6. コードが承認された画面が表示される

でOK。

これでプリペイドカードで購入することができました。

有料版のSkype for Businessとは?Skypeとの違いも紹介

ではSkype for Businessについてご紹介をしていきます。

実はSkypeにはSkype for Businessというものが存在します。

Skype for Businessは有料版のSkype。

ではどういった違いがあるのでしょうか。

【Skype for Businessの違い①】利用料金

まずは利用料金。

利用料金ですがSkype for Businessを単品で購入する場合と、他の機能を丸めて購入する場合で金額が異なってきます。

Skype for Businessの単品であるPlanであれば

  • Skype for Business Plan1 220円/月・ユーザー(税抜き)
  • Skype for Business Plan2 600円/月・ユーザー(税抜き)

となっています。

しかしPlan1では1対1での会議しかできません。

そのため大勢の会議などで使用したい場合は、Plan2をおススメします。

また別のプランでBusiness Premiumというのもあります。

これは

  • Skype for Business Plan2 600円/月・ユーザー(税抜き)
  • Business Essentials 540円/月・ユーザー(税抜き)

となっています。

ただ300名以下限定なので少々導入はしづらいかもしれません…。

【Skype for Businessの違い②】同時会議人数

次は同時会議人数。

同時会議人数としては

  • Skype:最大25人
  • Skype for Business:最大250人

です。

10倍もの差があるのでこれはSkype for Businessを導入する価値はありそうですね。

またブロードキャスト配信などであれば最大1万人まで使用可能なんです。

【Skype for Businessの違い③】セキュリティの向上

次はセキュリティ面です。

セキュリティ面では

  • 通信相手の制限
  • なりすまし防止

などがSkype for Businessには導入されています。

またSkype for Businessでは単なるIDとパスワードだけを導入しているわけではありません。

第二認証なども導入しており、アカウントの乗っ取りなども防止してくれています。

Skype for Businessを導入すればおそらく間違いはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はSkypeについて見ていきました。

Skypeの料金体制や、通話料金などはそこまで高くないことがわかりましたね。

ただ日本だけSkypeの通話料金などが高いのが少々難点。

そのためSkype for Businessを導入し、快適にSkypeを使うことをおススメします。

会社での会議などではzoomが筆頭ですが、正直Skype for Businessのほうが優れています。

Skype for Businessを導入してスムーズなリモートを実現しましょう!