TFカードとは何?microSDとの違いとおすすめ製品をご紹介

コンビニでmicroSDカードは購入可能

最近では数は少ないですが、コンビニにもSDカードやmicroSDカードが販売されています。突然SDカードが必要になったときや移動中にSDカードの調子が悪くなった時などに便利ですよね。2020年10月現在でセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートに売っているmicroSDカードを調査してきました。

◇セブンイレブン
・東芝 SDHCカード 16GB Class10 UHS-I 1650円(税込)
・東芝 SDHCカード 32GB Class10 UHS-I 2200円(税込)

◇ローソン
・東芝 SDHCカード 16GB Class10 UHS-I 1650円(税込)
・東芝 SDHCカード 32GB Class10 UHS-I 2200円(税込)

◇ファミリーマート
・東芝 SDHCカード 16GB Class10 UHS-I 1650円(税込)
・東芝 SDHCカード 32GB Class10 UHS-I 2200円(税込)

全てのコンビニで同じ商品を販売していました。コンビニ業界で決められているのかもしれません。

Amazonで買えるmicroSDカードおすすめ5選

microSDカードはコンビニや家電量販店でも買うことができますが、今ではネットの方が安く購入できます。ここでは、Amazonで購入できるmicroSDカードを5つ紹介します。

第5位 トランセンドジャパン Class10 UHS-I

第5位はトランセドジャパンのmicroSDXC Class10 UHS-Iです。保存容量は128GBと申し分なく、スピードクラスも一番上のClass10となっています。UHS-Ⅰ規格のため、理論上の最大速度は104m/秒です。ビデオスピードクラスはV30とあまり高くないため、写真や音楽の保存をしたい方におすすめです。

第4位 トランセンドジャパン UHS-I U3

第4位はトランセンドジャパンのUHS-I U3です。先ほどのmicroSDXC Class10 UHS-IよりもUHSのスペックが高い機種となっています。メーカーの表記では読みだし速度の最大値は95m/秒です。2020年現在では5位のUHS-Iより安値で買えます。

第3位 SanDisk microSDHC ULTRA

第3位はSanDiskのmicroSDHC ULTRAです。microSDHC ULTRAの特徴は、圧倒的な安さです。容量は32GBと控えめですが、スピードクラスがClass10で629円と破格になっています。低容量を安く買いたいという方におすすめです。

第2位 サムスン microSDカード EVOPlus

第2位はサムスンのmicroSDカード EVOPlusです。有名メーカーのサムスンが販売しているので品質も安心できます。スピードクラスはClass10で、UHS-Ⅰ規格のため、最大転送速度は95m/秒です。また、別商品ですが5~2位の製品にはなかったドライブレコーダー向けのmicroSDカードが+500円程度で購入できます。

第1位 サンディスク ウルトラ microSDXCカード

第1位はSanDiskのウルトラmicroSDXCカードです。大容量の128GB、スピードクラスはClass10、最大読み取り速度は80m/秒となっています。サンディスク ウルトラ microSDXCカードの最大の特徴は、圧倒的なコストパフォーマンスです。第5位のトランセドジャパンmicroSDXC Class10 UHS-Iと同等のスペックを持ちながら、1650円という驚異の安さを誇っています。

まとめ

いかがでしたか。TFカードはその存在が薄れてきていますが、microSDカードの前身となったもので、非常に革新的な製品でした。現在はmicroSDカードがその役を引き継ぎ、普段スマホで何気なく撮っているあなたの動画や写真を保存するのに役立っています。Androidのスマホは容量が少ないものも多いので、積極的にmicroSDカードを活用していきましょう。前述のとおり、お近くのコンビニで手軽に買うこともできますが、ネットで買う方が安いのでおすすめです。