iPhoneの機種変更時にバックアップを復元できない原因と対処法

この記事では、iPhoneの機種変更時、バックアップが復元できない原因と対処法をご紹介します。iCloud、iTunesそれぞれの方法に関して、iOSのバージョンなどの対処をご説明しています。他アプリの引継ぎなどもありますので、最後までお読みください。

iPhoneのバックアップ復元方法と所要時間

まず、機種変更時にiPhoneのバックアップを復元する方法についてです。こちらの記事で、詳しくご紹介しておりますので、ご覧ください。

iPhone へ機種変更!データ移行方法を解説(バックアップ復元)

次に、機種変更時のiPhoneのバックアップの復元にかかる時間についてです。これは、仕様データ量によって変わってきます。30分~1時間ほどのがありますので、ご注意ください。

以下の記事で詳しくご説明していますので、ぜひご覧ください。

iPhoneのバックアップ復元にかかる時間は?止まった時の対処法も紹介

iPhoneの機種変更時、バックアップを復元できない原因【iCloud】

ここでは、機種変更時にバックアップの復元ができない原因とその対処法をそれぞれご説明していきます。

【iCloudで復元できない原因】①端末がWi-Fiに接続されていない

まず、Wi-Fiに接続されていないために復元できない、ということが考えられます。

機種変更時、バックアップとその復元は、通信にかかるデータ量がが多いため、モバイル通信を利用してではできない仕様になっています。まず、iPhoneがWi-Fiに接続されているか確認してください。

対処法

対処法としては、iPhoneをWi-Fiに接続すれば大丈夫です。

「設定」アプリを開き、Wi-Fiの欄でONにしてください。また、スマートフォンの画面を上から下にスライドし、Wi-Fiの欄でONにすることもできます。

【iCloudで復元できない原因】②バックアップ時のApple IDと違う

次に、機種変更時、復元できない原因としてApple IDが違うことが考えられます。

長期間、複数Apple製品を使用している場合、複数のAppleを所有している場合があります。バックアップしたい機器の購入時のApple IDでないと、復元できません。

対処法

まず、現在サインインしているApple IDを確認してください。

もし、IDを控えているのであればそれを確認して、どのIDが対応しているかを確認してください。契約時に店舗から渡される控えなどにも書かれています。確認出来たら、iCloudにサインインするIDを変えてください。対応のものであれば、復元できない現象はなくなると思います。

また、Apple IDを忘れてしまった場合には、以下の記事で対処法をご説明していますので、そちらをご覧ください。

iPhone・iPadのApple IDとパスワードを忘れた時の確認と変更方法!

【iCloudで復元できない原因】③iOSのバージョンが古い

機種変更時に復元できない原因として、iOSのバージョンが古いことも考えられます。

iCloud、PC経由どちらでも、iPhoneのバックアップ時には最新バージョンにしておく必要があります。ですので、最新バージョンへのアップデートが済んでいない場合には、復元できない可能性が高いです。

対処法①ソフトウェアのアップデートを行う

  1. デバイスの「Appとデータ」画面で、「Appとデータを転送しない」を選択する。
    ※「バックアップから復元」には進まないので、そちらを選択した場合には、「戻る」をタップしてください。
  2. 画面の案内に従って手順を進める。Apple ID、Touch ID、パスコードの設定は省略して問題ありません。
  3. 設定が完了したら、アプリの「設定」を開き、「一般」→「ソフトウェア・アップデート」に進んでアップデートする。
    ※Wi-Fiに接続して行うようにしてください。

対処法②PCから復元

  1. アップデートが終わり、再起動するのを待つ。
  2. 「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」の順に進んで「初期化」する。
  3. 「こんにちは」と言う画面が表示されるので、バックアップを選択して復元する。

【iCloudで復元できない原因】④180日以内にバックアップを取っていない

機種変更時に復元できない原因として、バックアップを取ったのが180日よりも前であることが考えられます。

復元するバックアップデータは、180日以内である必要があります。ですので、バックアップを最近とっていたつもりでも、もしかしたらとれていなかった、ということが考えられます。その場合には、残念ながら、復元できない、ということになります。

バックアップがとれていない原因

バックアップがとれていない原因として、iCloudの容量が足りていないことが考えられます。iCloudでバックアップを取る場合には、ある程度の空き容量が必要ですので、それを確認してからバックアップを取るようにしましょう。

また、Wi-Fiに接続されていない可能性もあります。また、お使いのWi-Fiの状況が良くない場合もあります。

対処法

まず、容量を確認しましょう。もし空きがないようであれば、既にあるデータを移すか、容量を増やすかする必要があります。以下の記事で、①iCloudのデータを消去する方法、②有料ストレージの契約についてご説明しています。こちらも併せてご覧ください。

iCloudからをデータを削除して空き容量を増やす方法を解説

Wi-Fiに問題があるようであれば、まずWi-Fiに接続し直してみましょう。次に、別のWi-Fiにアクセスできる環境であれば、そちらもお試しください。

iPhoneの機種変更時、バックアップを復元できない原因【iTunes】

次に、機種変更時、「iTunes」からiPhoneをバックアップを復元できない原因をご説明していきます。