【TikTok】気持ち悪いと感じる理由を紹介!注意点も解説

TikTokやSNSの復旧により友達との思い出や記憶を簡単にSNSにも残すことができますが、黒歴史のような情報もSNSにアップロードすると永遠に消えないことを知っていましたか。自分のアカウント上ではSNSに投稿した動画やデータは削除できますが、その動画を勝手にダウンロードして他の人がUPしていると投稿した動画はけえすことができず、気持ち悪い動画も半永久に残ってしまいます。

理由⑦人に見せる内容ではない

TikTokに投稿する際に本当に他の人見られてもいいのか確認せず、ノリや勢いで動画を投稿してしまっている人が多くいます。人に見せる内容ではない動画は他人が見ると気持ち悪い動画と判断して、不快な思いをさせてしまうこともあります。したがって自分が加害者側にならないように人に見せても問題ないような内容をネットワークやSNSに投稿することを心がけてください。

理由⑧情報として価値が低い

TikTokを単純に眺めているだけの人であればあまり気にはしないのですが、TikTokに投稿している動画の内容が薄かったり、あまり情報として価値がないと無駄な時間を過ごしたなと感じてしまうことがあります。自分が好きな動画でkを見れればいいのですが、TikTokは勝手に次の動画を視聴されるようになっているため、自分で動画を選ぶことができません。そのため見たくもない動画を見てしまうこともあります。

理由⑨動画内の音楽が嫌だ

TikTokの動画を音楽セットで投稿されることがほとんどです。なので動画の内容は問題ないけど、音楽が気に食わないで嫌な思いや気持ち悪いと感じることもあります。特に自分が好きな音楽やアーティストの音楽をあまり良くない表現をされていると気分が悪かったり、嫌な思いをする結果になってしまいます。

理由⑩動画を見ていて酔う

TikTokの動画を閲覧していて気持ち悪いと感じてしまう原因としては、ずっと動画を見ていて寄ってしまうことが原因の場合もあります。TikTokの動画はどんどん動画を流れていくので、いつの間にかに時間が経ってしまうことがあります。その結果1日中TikTokの動画を見ていて酔ってしまい、気持ち悪くなることもあります。

友人のTikTokが気持ち悪いと感じた時の対処法

ここまでは自分がTikTokの動画を見ていて気持ち悪いと感じてしまう理由についてチェックしていきましたが、TikTokの動画を見ていたら友達のTikTokの動画を見つけてしまい、その内容が気持ち悪い内容であった場合はどのような対処法をすればいいのでしょうか。ここでは友人のTikTokの動画が気持ち悪いと感じた場合の対処法について紹介します。

対処法①無視する

友達のTikTokによって気持ち悪いと感じてしまった場合にはあえて何も言わずにほっておいて無視することが一番よいでしょう。TikTokをとうこうしている友達は楽しくTikTokの動画を

投稿しているのにそれをあえて注意してしまったり、文句を言うとトラブルにもなり、喧嘩になることもあるので注意してください。

対処法②修正していない動画を撮影して見せる

関連する記事