【TikTok】気持ち悪いと感じる理由を紹介!注意点も解説

またTikTokの高校表示は、広告ブロックのアドオンやサードパーティーのアプリを活用することで非表示にすることができます。広告非表示できるアプリとしては、主に以下のアプリがあります。

  • Free Adblocker Browser
  • AdGuard
  • セキュリティソフト(ノートン・ZEROウイルスセキュリティ・・・など)

【TikTok】投稿をする際の注意点

TikTokに様々な動画を投稿してい楽しむのは若者を中心に多くの人が行っていますが、TikTokに動画を投稿して色んな人に見てもらう際には注意も必要です。もしその注意を守っていないととんでもないトラブルになったり、一生後悔してしまうこともあります。ここではTikTokユーザ向けにTikTokに動画を投稿する際の注意点についてチェックしていきましょう。

注意点①違憲(著作権違反)

TikTokに動画を投稿する際の注意点としては、違法や著作権には注意するようにしましょう。TikTokに利用される音楽は著作権違法にはなりませんが、動画で利用するものや音楽によっては違法になってしまい、場合によっては逮捕や罰金が発生することもありますのでご注意しましょう。

注意点②未成年の利用

TikTokに利用する際には動画に映る人の年齢に注意しましょう。最近ではSNSを利用した少女向けの犯罪やトラブルが発生しています。なので簡単に自分の子供や友達をTikTokで撮影して動画投稿してしまうとそれを閲覧した大人などから急にDMが来たり、撮影場所に来たりする場合もあるので注意してください。

注意点③半永久的に動画が残ることを理解する

またTikTokで動画を投稿する際にはその動画が残ってしまったり、他の人にダウンロードされてしまって問題ない動画をアップロードするようにしましょう。1度投稿してしまった動画については半永久的にその動画ネットワーク上に残ってしまうので、そのあたりを理解した上でアップするようにしましょう。

注意点④誹謗中傷の的になる可能性がある

そして最近ではSNSなどの誹謗中傷が大変問題になっています。ある番組出演者が自殺までしてしまう問題にもなっており、SNSを利用した誹謗中傷は政府からも目をつけられているほどです。しかしまだちゃんと管理できていないのが現状なため、UPした動画が原因で誹謗中傷を受けることもあるので、よく注意して投稿をしましょう。

TikTokの代わりになる短尺動画アプリ

TikTokでは紹介してきたような気持ち悪いムービーが流れてしまう場合があります。そんなTikTokに嫌気をさした人は、他の短尺動画アプリの利用をすることを検討してみてください。ここではTikTok以外におすすめな短尺動画アプリについて紹介します。

アプリ①Likee

関連する記事